【東北ずん子×MTGO】瞬速のずんだ!反省会その41【白黒エルドラージタックス】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【東北ずん子×MTGO】瞬速のずんだ!反省会その41【白黒エルドラージタックス】

2018-08-16 13:17
    お久しぶりです、ぐらと申します。

    マジックオンラインを始めたので、対戦の模様を動画編集してみた…のは良いのですが、
    動画内で触れられなかった部分や、コメントで初めて気づいた部分が多々あったので、
    こちらの方で言い訳…振り返って補足していこうかと。
    (MTG歴2年ちょいなので、うまく説明できないかもしれないですが…)

    今回も《精神を刻む者、ジェイス》解禁後のデッキによる対戦。
    【白黒エルドラージタックス】とのマッチ戦:第1ゲームの様子についてです。

    コメント返しの前に、今回の動画ですが…
    8,000再生突破と、多くの広告(58,700pt!)、
    そしてニコ動デイリーランキング39位を頂きました!

    思案・定業解禁熱望ニキ様、カピオカ様、茉莉様、コロリン様(2回!)、
    黄金夜の刃、にま様(2回!)、緋勇様(来ましたわー)、タラフロ様、
    魔道士輪のいじめっ子様、たくわん様、六白様、わん様、ツグン様、
    すとんP(はんかく)様(珍しく格好いい締め方ができました)、
    celtis様、シャンディ様、サーボ・打撲様、amanogawa様(2回!)、ふらいごん3様、
    GELB37様、ヒラギシ様、かげろう様、RV4様、梱包材様、
    金平糖の残骸様、にゃぱ氏様、nene様、予想外様、Freikugel様(2回!)、
    Mr様、sm13869948様、カグラ屋様、市城様、あじさい様、
    Later様、P-Neck様、ものくろXXX様、恐竜はかせ様、みけ様、
    ギルバー様、c3様、ガイポン様、空星様、金剛様、
    スラーグ牙様、くるす。様、みけ様、悪戯人形様、SKY様、
    さんだー様、Collret様、konishi様、sakura様、禁煙さん様、
    柊一様、アメコ様、きょー様、月見様、@glmd様(2回!)、
    あおいの様(2回!)、つつ様、さちこ様、蟻酸様、フレピ様(ウマぴょい!)、
    ずんだ様(2回!)、蔵芋様、shamdat様、ガイポン様(3回!)、兎月竜之介様、
    hiyorina様、れん。様、アスール様、下手人様、ロフ様、ねこまくら様、
    mouser様、デオキシリボ核様、

    そして立ち絵をお借りし、イラストを頂きました矢車草様、
    宣伝頂き、誠にありがとうございます!

    ----------------------------------------------------------------------------

    ■『うぽつ、upotu、新鮮なずんだだー!』など

    いつもありがとうございます。
    約半年寝かせたずんだです。


    ■『次のターンに廃墟の地で寺院壊しつつプッシュの方が好き』

    《廃墟の地》を置いていた3ターン目、《思考囲い》ではなく、《致命的な一押し》を構えてターンを渡した場面。


    ここで《思考囲い》を唱えて次のターンの行動をさせるよりも、お相手の展開を待てば、3ターン目の行動を潰せるという判断で待ちを選びました。

    お相手のデッキの構造的に、インスタントタイミングでの展開は無いということと、序盤における2-3マナ域の攻防なら、まずクリーチャーの展開になると考えたのと、それらが手札に2枚以上ある確率が高いと思ったのと…辺りが判断材料でしょうか。




    ■『ヴェリアナの黒2と変わり谷スプライトの受け作った結果かなぁ』

    《スレイベンの守護者、サリア》が戦場にいる時に待機が明けた《祖先の幻視》、その追加コストに《島》をタップさせてしまったために手札の《ヴェンディリオン三人衆》が唱えられなくなった場面。

    確かに《祖先の幻視》で手札を増やしつつ、《ヴェールのリリアナ》を出すためのマナが欲しかった場面ではありますが、こちらのライフはまだ18。《変わり谷》をブロッカーに回すにはまだ慌てるような時間ではないですし、どのみち《幽霊街》が睨みを利かせていたので、ここは《変わり谷》のマナを出すべきでした。


    ■『今のフリッカーイケメンムーブすぎる』

    お相手の《ちらつき鬼火》が自分の《幽霊街》を追放し、土地が2枚に減ったのでその後《秘密の中庭》をアンタップ条件を満たして置いた場面。


    《ちらつき鬼火》でこういう動きができるとは、編集で見直すまで全く気付かなかったです。

    相手のクリーチャーを追放してブロッカーを機能させなくするか、《霊気の薬瓶》と組み合わせて自分のクリーチャーを除去から逃がすか…するものだとばかり。

    こちらのデッキも、それぞれのカードの能力をフルに活用したり、複数の選択肢を求められることが多いので、常に思考停止せずに回していかないといけませんね。


    ■『カップルで仲良く登場』

    《ヴェールのリリアナ》と《精神を刻む者、ジェイス》が並んだ場面。

    モダン最高クラスの金額となったプレインズウォーカーの並び。《ジェイス》の0能力で不要牌を手札に→《リリアナ》の+1能力で捨てたり、《ジェイス》の-1能力でクリーチャーを手札に→《リリアナ》の+1能力で捨てさせたり、組み合わせとしては結構いい方…なのでは?


    ■『エクステンデッドでみた鬼畜ムーブw』

    《霧縛りの徒党》で土地をタップさせ、戦闘後の第2メインに《ジェイス》の-1能力で手札に戻し、再び土地をタップさせ…を繰り返した場面。

    自分はエクステンデッドの【フェアリー】を知らないのですが、実際にやってみると確かに酷い。《ジェイス》解禁前は《霧縛りの徒党》が減り、まったく入っていないデッキもあったのですが、解禁後からは入っているデッキが多くなった気がします。

    《呪文づまりのスプライト》×4
    《瞬唱の魔道士》×2
    《ヴェンディリオン三人衆》×2
    《霧縛りの徒党》×2
    …辺りが今のメジャーなクリーチャー構成でしょうか?


    《ジェイス》により、《霧縛り》の能力が基本的に1ターンしか使えず、その1ターンで勝負が決めきれなかった…という負けパターンが減ったのは大きいです。
    (たまにしか決まりませんが)

    ----------------------------------------------------------------------------

    では今回はここまでです。
    次回は急遽始まったエイプリルフール編、12時間あれば対戦から投稿までなんとかなってしまった【予想外の結果】デッキでの様子を編集した特別編その4について、コメントやプレイングをあれこれ書いていく予定です。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。