• ニコマス年末生祭り(NNNM19)、12月13日~15日で開催します!

    2019-12-08 09:36
    追記: 回Pが!告知動画を!作ってくれました!!


    ※タイムテーブルは下のリンクから↓。随時主催が記入するほか、ご自分で書いていただくこともできます。
    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1tWHEVHkBophUPgel6KCKZGsDbIZYhC62j6nYoDiRbHA/edit?usp=sharing
    ーーーー

     主催者がリアルで忙しかったり体調不良だったりしたため、開催1週間前になっての告知となり、告知動画もないのでした。
     ふがいない主催で本当に申し訳ない。
     でも、やります! 今年は12月13日(金)から15日(日)の3日間です。

     ニコマス年末生祭り(NNNM)とは、年末の3日間にニコマス・アイマスのユーザー生放送をたくさん集めて、みんなで放送し、視聴しよう、というお祭りです。じつは起源は2012年のVRLにさかのぼるので、それなりに長く続いています。
     どんな生放送をするかは自由です。私は毎年、その年の自分の作品を流す放送をやっています。自分が放送したいから主催を名乗り出ている感じです。自作品を流す以外で多いのは、好きな動画を紹介するいわゆるセトリ生放送です。その他、ニコマス・アイマスに関する内容ならなんでもOKです。
     日時も、上の3日間であればいつでもOKです。ゴールデンタイムは21時から24時くらいでしょうか。使用コミュニティも自由であり、放送したい方は自分で枠を取って(予約または当日)放送する、という、完全セルフサービスなイベントです。
     放送したいけど、とくになじみのコミュニティがない、という方は、伝統のVRLステージを使ってください→ MOONLIGHT STAGEco1278783 / BAYSIDE STAGEco1278785 / MOUNTAIN STAGEco1683945 / GARDEN OF FORESTco1684602 / ROOKIE A GO-GO:co1684562 / Wanderling Theaterco1683773 / CLUB AZUSA BRANCHco1690696 / やよい食堂co1684627 / BIRTH OF FANTASIAco1684705

     動画がないのも寂しいので、去年の告知動画を貼っておきます↓。


     今回、私がこんなていたらくだったので、来年からのNNNMは、もし誰か他の方が主催をやっていただけるならおゆずりしたいと思っています。私がやっていた仕事は、日程を決めて、告知して、タイムテーブルを管理する、といったところで、そのままでもよいし、もしそれで物足りなければ、独自の工夫を加えて改革してくださってももちろんよいです。たとえば専用コミュを新しく作るとか、生放送初心者に指導をするとか、実力派生主の招待枠を作るとか。やってもいいよ、という方がいたら、とりあえず私のツイッター(@Go_P)にDMください。

  • 広告
  • 「薫ちゃんと秘密だった丘に座る」制作後記

    2018-07-22 22:57
    ※9月17日追記: 「ごP初の、同じ曲での完全リメイク動画」という表現について訂正しました。


    めずらしく、前回からあまり空けずに更新です。


     薫ちゃん誕生祭に、新作を上げました。
     意外に思われるかもしれませんが、ごP初の、薫ちゃんメイン動画です。

     去年も、おととしも、薫ちゃん誕生祭動画は上げているんですけど(遅刻してますけど)、諸事情により、どちらも薫ちゃんセンターではなかったのです。
     「薫ちゃんメイン動画を作る」、2年越しの悲願達成です。

     選曲は、フルフルポケットの「流星Flashback」。
     2016年に、からっと☆のメンバーを引き継いでフルポケが結成された時、最初に発売された3曲入りシングルの中の1曲です。
     切ない歌詞と疾走感ある曲調で、ファンの人気も高いと思われる名曲です。

     じつはこの曲は昨年、橘ありすの in fact長回しで、一度動画を作っています。
     ごP初の、同じ曲での完全リメイク動画、ということになりますね。 ※訂正します。同じ曲でリメイクした私の動画は、2010年初版で、2016年にリメイクした「Dragon The Festival」がありました。「完全リメイク動画」という言葉の定義が曖昧なので、「Dragon~」は完全リメイクではない、と強弁することも可能ですが、本記事を書いた時には「Dragon~」のことは失念していた、というのが事実です。お詫びして訂正いたします。(2018.09.17)

     着想は今年の春、デレステにSpring Screaming(以下はるさけ)が来た時でした。
     あ、この曲、流星Flashbackに似てる。そう思って、去年は1番だけだったけど、これでフル尺が作れるかもしれない、と画策しはじめたのです。
     なにしろ、はるさけは3Dと2Dリッチの2種類のMVがありますので、1番を3D長回しで、2番を2Dリッチ長回しで作れたとしたら、残りの部分を昨年使った in factで埋めれば、フル尺になるのではないか。そう思いました。
     流星Flashbackの歌詞には学校は出てきませんが、夜の学校を使ったはるさけのMVは、歌詞にも親和性が高そうですしね。

     さて、当時は昭和メドレー参加の「いちばん星み〜つけた」を制作中で、その後にはマドールンPとの選曲交換の「2人の夜明け」を作らなければ、という状況だったため、流星Flashbackについては着想だけで何もせずに、月日は流れます。

     その後もいろいろあって、誕生祭1週間前になって、ようやく編集作業に着手。
     まず、1番にはるさけの3D MVを、2番にはるさけの2DリッチMVを、ベタっと長回しで乗せてみました(なお、それが可能なくらい、拍数構成は両曲一致していました)。
    しかし、これが合わない。
     「秘密だった丘に座る」という歌詞には2Dリッチのほうが合っていたので、次は1番と2番を一部交換して、1番の中で3Dと2Dが交互に現れるモザイク編成にしてみました。
    ベタ長回しよりはましになった。しかし、まだ合わないところがある。とくに、サビの部分に対して、3DMVのサビが致命的に合わない。
     サビは盛り上がってほしいのに、はるさけの3DMVって、サビに入るとやけにカメラが引いて、運動場全景の中にアイドルが小さく映るスーパーロングカメラを多用するんです。はるさけにはそれが不思議にマッチするんですけど、流星Flashbackに合わせると、アイドル小さーい、つまんなーい、という感じになってしまいました。、
     いまいちかなあ、と思いつつも、残りのタイムラインを in factで埋めていきます。最後の部分は、去年のと同じ構成で行けそうでした。前奏、間奏も、in factと2Dリッチで、ひととおり埋まりました。通して見てみると、やっぱり、3DMVを当てている2番のサビの部分が、どうにも面白くない。
     
     以前のごPなら、不満を持ちながらもこのへんで妥協して投稿していたかもしれませんが、ここで、少し前に「2人の夜明け」を作った経験が生きました。「合わないなら、素材を増やせばいいじゃない」。そう、新しいごPは、多素材を恐れないのです!

     追加する素材には心当たりがありました。流れ星キセキ。そう、流星つながりです。歌詞世界が似てるし、検討してみるとサビのリズム構成もちょっと似てる。
     乗せてみると、ビンゴでした。2番の後のリフレイン部分に、ピッタリとはまってくれました。表情とか明るいので、せっかくの切なげな雰囲気を薄めてしまう欠点はあるのですがw、これだけダンスが合ってくれたら文句はありません。
     これにより、プロトタイプではここに置かれていた、はるさけ3DMVの長い後奏(ラララ…って歌ってるところ)のダンスを、2番のサビに当てることができ、スーパーロングカメラの部分を使用しないでよくなりました。
     その後、いろいろ微調整して、完成となりました。

     自分としてはかなりお気に入りの動画になっています。どのくらいお気に入りかは、この記事を珍しくすぐに書いていることに表れているのではないでしょうかw。
     ぜひともたくさんの人に見てもらって、薫ちゃんいいなーとか、フルポケの曲いいなーとか、思ってもらえたらと思います。

     そうそう、それから、im@s_SnDにも、この動画で参加させていただきます。
     im@s_SnDは、胡瓜Pが主催する、ダンスシンクロPVを投稿するタグロック企画です。
     詳細は主催のブロマガを→ the iDOLM@STER Synchronized D@ncing開催のお知らせ
     私のこの作品は、2Dリッチを使ったりしていて、最初から最後まで徹底的にシンクロを合わせたという作品ではないので、ちょっと気後れしないでもありませんが、かと言って期間内に自分がこれよりシンクロ良い作品を作れるとも思えないので、どうかこれでお願いします。

     家○屋Pの、例のやつ18企画は、まだかな…?
  • 『2人の夜明け』制作後記

    2018-06-23 19:382
    ※6月25日追記: 拍数が誤っている箇所があったので、訂正しました。下線を引いた拍数が訂正箇所です。

    超ひさしぶりのブログ更新ですね…。

     こちら、投稿しております。
     マドールンPとの選曲交換企画です。
     私の選曲でマドールンPが作ってくれた動画は、こちら↓

     3か月も遅れてしまった!…すみません。
     やっぱり2年前のスワフェスは、出なくて正解でしたね。よほど作りやすい曲に当たらない限り、間に合わなかったんじゃないかな…。

     そうそう、一足早く、マドールンPが感想記事を書いてくれているので、そちらもご覧ください。
    ももあり、ありだと思います。

     さて、曲を受け取っての第一印象としては、いい歌だけど、わりと単調?…いや申し訳ない。AメロとBメロを繰り返して最後まで持っていく構成ですね。あと、スロー。BPM 108です。このレベルのスローな曲は、デレステではだいたいバラードでして、この曲のようなスローだけどバラードでない曲は、それだけでダンス探しが難しくなります。なるほどマドールンさん、自分が苦手な曲を投げて来たな、とw。…よいのです、私の『フタリアオゾラ』もそうですし。
     歌詞は、彼氏の家にお泊まり大作戦!みたいなやつ。うーん大胆です。一晩の時系列の物語になっているので、途中で切りたくはないな、とははじめから思っていました。先に上がったマドールンPのフタリアオゾラがフルだったこともあり、フルで作ることを決定。同時に、単素材や2素材ではとても持ちそうにないので、ごP初の本格的多素材動画にすることを決意します。

     ええ、初なんです。9年もニコマスやっているのにw。
     私は、MAD借り(当初の言い方は「丸借り」)からスタートして、わりと最近までほとんどそればっかりやってて、MAD借りでなくてもほとんどの作品は単素材、増やしても2-3素材でした。一番多いのは、8素材のこれ↓

    ぽPのMAD群を素材にした、2011年の作品です。ノーマルPVを素材にしたものでは、2010年の『ケジメなさい』が4素材でしたが、削除されています。現存するものでは3素材までしかこれまでなかったと思います。

     曲を聴き込みながら、どのダンスが合いそうか、いろいろ考えます。編集開始前に使えそうだと思っていたのは、
    ・ツインくるっテール(以下、くるっテール)
    おねだり Shall We ~?(以下、おねだり)
    ・エブリデイドリーム(以下、エブリデイ)
    ・ショコラ・ティアラ(以下、ショコラ)
    でした。くるっテールは、2人になったり背景が変わったりインパクトが強いので、Bメロの「しあわせな時間(とき)/時計の針なんて見なくなって/この街 眠っても/もっと 何か話してよ」(2か所ある)に使えそうだと思いました。おねだりはなんとなく歌詞の雰囲気が似てる。エブリデイとショコラは、歌詞もそうですが曲のリズム感が似てるので合うんじゃないかと。
     曲を聴いて難所だと思っていたのは、「ぶっきらぼうに/暖めてくれたホットミルク/掌(てのひら)で包んで/なぜか急に泣いちゃった」です。こういう具体的な歌詞に対して、それらしい振り付けを用意できないと、とたんに興ざめです。「ぶっきらぼうなホットミルク、ぶっきらぼうなホットミルク」とぶつぶつ言いながら振り付けを妄想する、という日々が続きました。

     出演アイドルは、あまり迷わずありすに決定。マドールンさんのリクエストだし、まゆゆさんのイメージにも合ってる(よく知らないけど、真面目そうなので)し、おねだりしてお泊まりとかしそうなアイドルということで。…ん、これはただの私の願望か。他にはミリシタ素材で雪歩という案もありましたが、ミリシタのダンスをぜんぜん覚えてないので却下しました。
     ありす以外は、いつものように?年少組から選びましたが、ちょっとアダルティな歌詞なので、おませな感じの子を選ぶようにしました。2ndを桃華に決めて、ももありっていいコンビだなーと見とれているうちに、よし、百合設定にしよう!という構想が浮かんできたというわけです。これについては後で書きます。
     
     最終的に採用した振り付けについて書いていきます。
    ・冒頭2拍:エブリデイの冒頭です。有名どころですね。他の振り付けがあらかた決まってから、冒頭にインパクトを持たせたくなって差し込みました。
    ・前奏24泊:「私色ギフト」の前奏です。前奏や間奏は、歌詞部分がほとんど決まってから考え始めました。歌詞部分で使った曲の中でやりくりできるかと当初は思っていましたが、やってみると上手くいかなかったので、新しい素材をリクルートしました。私色ギフト、使いやすいですね。足踏み系のステップは「おはよう!!朝ご飯」を思い出します。今回思ったんですけど、ステップの系統が似ていると、違う曲のダンスでもつなぎやすいですね。基本中の基本ですかそうですか。
    ・「あなたと夜明けを見たいから/私はまだまだ帰らない/窓辺のソファーに腰掛けて/このまま一緒にいたいだけ」36拍:おねだりの終盤のサビ、「瞳を閉じて ね~え/勇気を出して いいよ/ざわめく街が /息を呑む・・・スキあり!」のところです。「ねーえ」を超スロー化して、「見たいから」に合わせてあります。おねだりはもっと大活躍するかと思いきや、意外にもここ以外ほとんど出番ありませんでした。
    ・「しあわせな時間(とき)/時計の針なんて見なくなって/この街 眠っても/もっと 何か話してよ」32拍:くるっテールのサビ「セイ ハロー!サイキョーにラヴリーなフューチャー/恋実る季節はもっと先?/めちゃ盛って めっちゃモテたい/気になるアイツに」のところです。このメロディがサビでいいのかな?3か所あるBメロの1個目。狙い通り、くるっテール素材で変化をつけることに成功していると思います。元ダンスに比べてかなりスロー(68.79%)なのですが、ダンスの特性か、不自然さも少ないかと思います。そしてここで、ももあり百合設定、つまり、ありすがお泊まりしているのは桃華の家ということが明かされます。…いえ、普通に見てもそんな設定だとはわからないので、単に私の脳内設定がそうなっているというだけの話ですが。
    ・「あなたと夜明けを見たいから/私はまだまだ眠らない/わがままばかりを言ったのに/あきれた顔して微笑んだ」32拍と、続く間奏16泊:再び私色ギフトです。私色ギフトは後で入れた割には予想外の大活躍でした。なお、このパートは通常の編成だと向かって左端、つまり雪美ちゃんのソロ映像がメインなのですが、順番を入れ替えた素材と差し替えてありすメインにしてあります。今回の動画で、そういう差し替えを行ったのはここだけです。このため、今回の動画の素材数は、曲数では7、動画数では8、となっております。
    ・「夜空の向こうが白んだら/私は大人になれるかな/ママにはメールをしたけれど/泊まって来るとは言ってない」32拍:エブリデイの「運命の出会いなんて/別に信じてはなかったの/なんて/神様ごめんね」です。思った以上にはまってびっくりしました。
    ・次の4拍:おねだりのAメロの最後「Silence」と言っているところです。前後のどちらから延長してもうまく合わないしつながりが悪かったので、活躍の少ないおねだりからレスキューのカットを拾いました。
    ・「ぶっきらぼうに/暖めてくれたホットミルク/掌(てのひら)で包んで/なぜか急に泣いちゃった」32拍:ショコラの序盤「お手本よりたくさん/イチゴのせたショートケーキ/こんな風にきっと/なりたかった」です。前述のようにここは要だと思っていました。ホットミルクっぽい振り付け…うーん思いつかん。アップルパイプリンセスとか乗せてみたけど合わず。やっぱここはショコラでしょう、と乗せてみて、まあ、ホットミルクっぽくもぶっきらぼうっぽくもないけど、なんとかなったかな?と。「てのひら」というところで手のひらが映ってくれればよかったんですけど、カメラが下半身アップになってて、手のひらが見切れてるんですよね。カメラを選べないデレステの悲しさです。あと、「泣いちゃった」のところのダイナミックな泣き方は、自分では気に入っていますw。
    ・「夜空の向こうが白んだら/私は大人になりたいな/ハートが苦しくなるくらい/恋してしまった夜明け前」32拍:ここで初登場、「To my darling...」(以下ダーリン)。おねだりもエブリデイもショコラも思ったほど使えるところがなく、タイムラインをぜんぶ埋められそうにないので、新たに選んだ素材です。使用箇所は1番のサビの後半ですね。このダーリンは大当たりでした。やっぱりBPMが近い素材は楽ですね。
    ・間奏の前16拍:ショコラの1番サビ後半「虹のショコラ しあわせから/ドキドキに変わってく」のところです。じつは、もともとは間奏48拍をぜんぶショコラで埋めようとしたのですが、これに続くショコラの間奏部分はあまり合わず、その前の歌詞入り部分16拍のほうが合っていて生き残ったという経過です。面白いですね。
    ・間奏のうしろ36拍:ススメオトメの後奏部分です。ススメオトメも、(ショコラがだめだったので、)素材が足りず急遽取ってきました。私色ギフトと同じ足踏み系ステップなので、よく合いましたね。困った時のススメオトメです。
    ・「しあわせな時間(とき)/時計の針なんて見なくなって/この街 眠っても/もっと 何か話してよ」32拍:サビ的存在、2回目。ここは当初の予定通り、くるっテールを再び投入し、変化を加えるとともに、ももありを印象付けます。印象付けられてくれ。背景が夜空でムーディーです。
    ・「あなたと夜明けを見れたから/私はそろそろ帰ろうか/こんなにきれいな朝焼けを/大人になっても忘れない」32拍。ダーリン2回目。さっきとよく似た振付になってしまいましたが、合ってるからしかたないね。
    ・「わがままを言ってごめんね」8拍:このへんで何か印象に残るキラー振り付けがほしいなあと思い、エブリデイの有名手振り「瞼の裏まであなただけ」を持ってきました。キラーというほどではありませんが、ちょっと面白いでしょ?
    ・後奏:私色ギフト。安直に前奏と同じ曲の後奏部分を使いました。統一感。

     選曲交換企画、そして初めてのノーマルMVからの多素材動画ということで、自分的にも記念すべき動画になりました。またやってみたいですね。今度はもっと早く作れるようにしなければ。