「大好きな人から学んだこと」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「大好きな人から学んだこと」

2020-04-01 23:12
    <2020年3月30日(月)記述>

    ニュース速報が流れてから、しばらく放心状態。

    子供の頃はテレビの見過ぎと言われ、親にビデオデッキの配線ケーブルを隠されたことがあるぐらい録画したものを観まくっていた。その頃の番組は、ウルトラマンシリーズ、ドラえもん、ジャングルTV、ボキャブラ天国、ごっつええ感じ、気分は上々、炎のチャレンジャー、ショーバイショーバイ、マジカル頭脳パワー、速報!歌の大辞典など挙げればキリがない。

    ドリフ大爆笑、バカ殿様もその中に当然入っている。

    特にドリフ大爆笑では「階段落ち」が大好きだ。志村さん扮する映画監督が池田屋事件のクライマックスシーン「階段落ち」を撮影しようとする。しかし、階段落ちのスタントマンとして現れたのが加藤さん扮する旅回りの役者という設定。

    この設定は階段落ちに以外でも、CM撮影など様々な設定でリメイクされる。

    Youtubeなどで見て欲しいので内容は割愛するが、このコントのすごい所は加藤さんと志村さんのコンビネーションに尽きる。

    まるでハリウッド映画でも作ろうとしているんじゃないかというほどのテンションの高さで繰り広げられる役者と映画監督のボケツッコミの嵐。その凄さは、テレビの前で見ていた僕らが、まるで現場にいるような錯覚に陥るほど。※友達同士がくだらないことをしていて、見ているこっちが笑い転げたあの感覚に近い。

    ドリフのコントはテンポが良いし、設定も日常を舞台にしたのが多い。また他のコントで見かける演者の下手さに、見ているこっちがなんか恥ずかしいという思いは絶対に抱かない。

    それは徹底的にお笑いというものに真面目に取り組み、見ている僕らに対して真剣勝負を仕掛けてきていたから。いかりやさん亡き後、確実にその精神を継承した志村さん。

    2004年3月、いかりやさんが亡くなった時
    これからコントをやっていくのかが気になった。

    全員コントではいかりやさんが絶対的ツッコミで、他の4人は年長者に向かって多少の気を使いながらも、はちゃめちゃなことをいかりやさんに仕掛けていた構図が主だった。そのいかりやさんがいない。ツッコミは誰がやっていくのか。

    それからしばらくの間、ドリフターズ4人のコントをテレビで見ることはなくなった。TBSの記念特番でドリフの4人が集まり、コントを披露したときは先に触れた加藤さんと志村さんだけのCM撮影コントだった。

    しかし志村さんだけはコントそのものを止めることはなかった。
    「志村けんのバカ殿様」
    ドリフ大爆笑の新作がなくなっても、バカ殿だけは新作を作り続けていた。

    やがて「志村けんのだいじょうぶだぁ」も復活。
    メンバーはバカ殿様とほぼ同一だが、ひとみ婆さん、デシ男、いいよなあおじさん、変なおじさんなど以前のキャラクターはそのままに新作を放送し続けた。

    そして2017年、4人のコントが復活。
    内容は寝台列車。

    志村さん扮する婆さんが、寝台列車の中で
    就寝時間になっても騒がしく、周りが止めるというコント。

    やはり最後の集合から10年以上経過したこともあり
    メンバーそれぞれの老いが目立って来たが、加藤さんのツッコミは健在。そのツッコミを受ける志村さん。

    「やはりこのコンビはすごい」
    そう思った。

    2020年3月4日 だいじょうぶだぁSP放送
    その時、仕事中ではあったが暇だったので会社のテレビで視聴。変なおじさん、悪い虫、いいよなおじさん、ひとみ婆さんなどいくつものキャラクターを演じる志村さんが健在した。

    ぶっちゃけて変なおじさん以外も全部”変なおじさん”なんだけど、一人一人まるで違う。もっと言えば変なおじさんがまともに見えてくるぐらい他が変なのである。実際「悪い虫」の方が完全に変態だ。でも変なおじさんが強烈なのは、毎回設定が違っても以下がお決まりなのだ。
    ① 主人公は1人の女
    ② 何か物音がする
    ③ 気のせいと思い油断すると、いきなり現れる
    ④ その場から逃げ、少し油断するとまた現れる
    ⑤ 最後にベッドの中に隠れようとすると、すでにおじさんがそこにいる
    ⑥ 女の悲鳴
    ⑦ どこからともなく肥後さん率いる近隣住民が駆けつける
    ⑧ 女が肥後さんに「このおじさん、変なんです」
    っとちょっと待て!

    ここで日本中の誰しもが思ったはず。

    なんで女は、おじさんの”変さ”加減だけを指摘しているのか
    おじさんがいること自体の抵抗さが全くないのである。

    おそらく、この変なおじさんが存在する世界では
    女性の家には必ずおじさん1人が住み着いているのが常識だと思われる。普通のおじさんであれば何も問題なかった。

    しかもこの変なおじさん、見つかった後のテンションが異様に高い。「なんだ君は!」と聞かれれば、「何だチミはってか、そうです。私が変なおじさんです」とスラスラ自己紹介を始め、聞かれたことに対してのお礼なのか、へんてこまいな踊りを披露する。最後に「だっふんだ」と言って終わる。結局、変なおじさんとは妖精・・・いや正真正銘の”変な”おじさんのことなのだ。

    だいぶ脱線してしまった。

    2020年3月30日(月)
    ニュース速報が流れてから、しばらくは放心状態。仕事にも身が入らなかった。

    いろんなテレビ番組で共演したタレントが追悼の言葉を述べる中、印象に残ったのが大手Youtuberが相次いでコメントしたことだった。

    ここ10年でテレビの勢いは衰退していき、Youtubeが席巻している時代
    でも志村さんはテレビという場所でコントを作り続けた。

    私は、バカ殿様、だいじょうぶだぁなど大手、Youtuberの年代(20代)には通じないと思っていた。

    しかし現実はすごかった。
    志村さんから面白いことを追求する姿勢、かっこよさを学んでいたこと。

    ツイッターでいろんなYoutuberがコメントしているのを見て、やっぱり志村さんは日本中が愛した「変なおじさん」であり、最高のエンターテイナーだということを認識させられた。

    テレビは負けてないといろんなタレントが言っているが、クイズやどっきり、本音か愚痴しか言ってないひな壇番組、面白い番組なんてあしゃしない。正直Youtubeの方が踏み込んだ内容だったりする。

    でも、志村さんだけは昔から変わっていなかった。テレビでしかできないことに徹底的にこだわっていた気がする。

    コントのセット、豪華なゲスト、テレビのコンプライアンスを利用したギリギリの姿勢。Youtubeではまだ到達できないレベル。



    生前、渥美清さんが言っていた言葉
    「(俳優は)年はいくつで、何をしてきてとかわかんない方がいい。何が何だかわかんないんだけど、これをやる前泥棒かなんかやってたんじゃないかって思うような人の方が面白い」

    志村けんは謎だ。何を考えているかわからない。その「謎」に惹かれている部分も結構ある。
    今日これだけの人がショックを受けているのは、志村けんという人、そして「謎」の部分に惹かれていたかという証明だったように思う。

    私もその中の1人であることは間違いない。


    <2020年4月1日(水)記述>
    今日、志村さんの追悼特番が放送された。
    職場で30分ほど観る。

    残りは録画を見ようと思い帰宅するも、なかなか見る気が起きない。

    会社では同僚と一緒に見ていたので純粋に面白く見れたが、家に帰ると悲しさだけが残ってしまった。

    先に触れた「階段落ち」も特番で放送され、職場で見ていたが
    何度も見てるのに初めて見た時と同じぐらい笑ってしまう。

    でもやっぱ寂しい。

    ニュースなどで東村山市では献花に訪れる人々が後を絶たず、この状況なので「献花は控えてほしい」
    ネットでも「この状況で行くなんて」というのを目にする。

    ただ俺は、志村さんへの献花が不要不急の外出に当たらないと思っている。
    親、親戚、友人、家族と同じように皆、志村さんのことが大好きだから。


    志村さんから何を学んだのかと聞かれた時、自信を持ってこう答えたい
    それは「笑うこと」

    子供のころ親、兄弟で体験した全員の一体感。感動で涙する箇所は皆バラバラなのに、笑う箇所は皆同じ。

    嫌なことがあっても、笑うことで忘れることができる。
    綺麗さっぱり忘れるわけじゃないけど、「笑うこと」はそういうのを一瞬でも忘れさせてくれる「魔法」のようなもの。


    今回のことで、志村さんからウィルスの危険性を改めて学んだという人が多すぎる。
    正直、俺はそんなこと志村さんから学びたくもない。

    ただ変なおじさん、バカ殿で「笑うこと」をもっともっと学びたかった。

    <最後に・・・・>
    世の中には発信する人がいる。
    おかげで今の時代、YouTubeというもので過去を振り返ることができる。

    志村さんだけあって、大量のコントを見ることができる。
    やはり伝説の喜劇人。

    コメント欄には悲しい言葉が並ぶ。
    「早すぎる」
    「嘘だろ」
    「だいじょうぶだあって言ってよ」
    「信じられない」


    でも俺は少しでも明るくなるようなコメントを書いた。



    「このおじさん、変なんです」

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。