ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • タップダンスのクラウドファンディング、許諾がとれていなかったトラブルにより曲変更、返金受付へ

    2019-11-02 18:44
    2019年9月14日、艦これのJAZZイベントで川内役として出演した尾崎美月氏が、ドイツで行われるタップダンス世界大会に出場することとなり、それに伴って、「華の二水戦」を出場曲とすることを公表した。
    そして9月18日、オールイン方式のクラウドファンディングが開始された。
    9月20日の次点では、目標金額の5倍になるなど、提督たちからも熱い応援が寄せられた。
    しかし、11月1日、「華の二水戦」の作曲者である大越香里氏から、次のようなツイートがされた。
    その後、尾崎氏から、クラウドファンディングについてのお知らせが投稿された。







    こうして、このクラウドファンディングは、破局を迎えてしまった。

    原因は大きく2つある。
    1.「華の二水戦」がJASRAC管理であると思い込んでしまったこと
    おそらく尾崎側は「音楽の著作権は大体JASRACが管理しているだろうから、JASRACに頼めば問題ない」という認識でいたのだろう。
    実際に大越氏の作曲した艦これの曲のいくつかはJASRACに管理登録されている。
    しかし、そこに「華の二水戦」は入っていない。(「二水戦の航跡」があるだけ紛らわしい)
    もしクラウドファンディング前に、本人かマネージャーがそれに気づいていれば、今回のようなトラブルも起きず、正式に応援されるようになっただろう。
    しかし、これだけでは今回のようにこじれる可能性は低い。
    この後の行動が原因で、今回の騒動を引き起こし、大越氏に上記のツイートをさせてしまったのだ。

    2.発覚後の処理を弁護士に代行してしまったこと
    「華の二水戦」がJASRAC管理ではないということに気づき、どうすればわからず、弁護士に頼ったのだろうと推測する。
    確かに権利関係のことに疎いのであれば、弁護士に任せれば、代行はしてくれるだろう。
    しかし、欠点がある。弁護士の書く文書は人によっては実に淡白で、そこからは依頼主の気持ちを読み取ることは難しい。
    多分、今回の弁護士が大越氏に渡した文書を尾崎氏が読むと、自身の気持ちと文書の文言の乖離に気が付くだろう。
    でなくとも、不手際があったときは、自身が直接権利者とやり取りする方が、こじれる可能性はまだ低かっただろう。

    ・教訓
    今回の事件から学べる教訓は、次のようなものだ。

    1.音楽の著作権の管理をしているのがJASRACだけとは思わないこと
    何かとJASRACはそのやり口を非難され、他と比べ圧倒的に話題となっているため、一部の人からすると、「音楽の著作権を管理する団体⇒JASRAC」と思い込みやすい。
    このような考えをする人がいる以上、今回のようなトラブルはいずれまた起こる可能性がある。
    本当にJASRAC管理下に入っているのか、きちんと調べる必要があるだろう。

    2.意図しない権利上のトラブルは、当事者自ら権利者に対して相談等をすることが望ましい
    意図せずしてトラブルを起こしてしまった際、まず当事者自身が権利者に対し、事情の説明をする必要がある。この説明は、第三者を介すると、当事者の主張と実際の文言が食い違う可能性がある。何をやりたくてどんな行動をしたら、このような結果になってしまったのか、これは本人の口で話すことが一番誤解を生まずに済むのである。
    ただし、事件発生直後は、動揺により上手く説明することができず、事と次第によっては、さらにこじれる可能性もあるので、すぐに事情を説明するよりも、第三者との相談の下、何を伝えたいかを一旦まとめたほうがいいだろう。そして自身で権利者と直接話すのである。

    3.たとえJASRACの管理している曲でも、アレンジして使用する際は作曲者の許諾が必須であること
    そもそも、今回使う予定だった「華の二水戦」はオリジナルのものではなく、改めてアレンジしたものである。
    そうなると、これは「著作者人格権」に触れるものであり、これは著作者ではなく作曲者本人しか持つことができないので、作曲者からの許諾が必須事項となる。
    もし、そのことを編曲者側が知っていれば、このような事態にはならずに済んだだろう。


    今回の事件は、航空事故のそれと一緒だ。
    行動ミスの連続が、このような破局を呼んでしまったのである。
  • 広告
  • 「同人で東方を辞めた理由」から見る東方の同人状況の考察

    2019-06-22 14:341
    先日、ある元同人作家のツイートが話題になった
    https://twitter.com/i/moments/1135179252918210561

    要約すると
    ・東方の同人活動をやり始めてから7~8年経った。
    ・それにもかかわらず東方の作品には全然反応をもらえない。

    当人に話したところ、さらに以下のことが分かった。
    ・同人誌即売会のお品書きの宣伝をしても同様だった。
    ・同人誌即売会にはサークル参加しており、コミケ、例大祭、紅楼夢等のイベントに参加した。
    ・他のジャンルなら反応をもらえたりするのに、東方だけもらえない。

    無名のまま同人活動を辞めていく人は珍しい話ではないが、個人的に気になったのは、
    ・他のジャンルなら反応をもらえたりするのに、東方だけもらえない。
    の部分である。

    東方は今でも人気ジャンルの一つである。
    にもかかわらず、東方だけ反応が全然もらえないのはなぜか。
    今回はそれを分析し、考察してみることにする。

    ①同人界隈の状況の変化

    東方の同人を書き始めたのは7年くらい前、つまり2012年である。
    その頃は東方の同人はとっくに飽和状態にあり、コミケ(~C83)でも単独ジャンルではダントツどころか、一番大きい男性向けの次に割合が大きいという巨大市場にあった。
    http://myrmecoleon.hatenablog.com/entry/20140813/1407961910
    そこには明らかな格差が生じており、自力で有名になるには、斬新な発想、もしくは画力の才能が無いと人気を獲得することは厳しかった。
    しかし2013年、長らく東方一強だった同人界隈は終わりを告げることになる。

    「艦隊これくしょん~艦これ~」の登場である。

    艦これが登場し、台頭したことにより、同人界隈の状況は一変。そしてさらに「アイドルマスター」、「Fate/Grand Order」が台頭したことにより、同人界隈は複数ジャンルに分裂する時代となったのである。
    これに伴い、東方の同人人口は激減することになった。

    ②東方ファンの若年化

    http://thwiki.info/th/vote5/result_anq.html
    ↑のURLは、2008年に行われた第5回東方人気投票のアンケートである。
    https://toho-vote.info/result15/result_list_questionnaire.php
    そして↑のURLは、第15回東方人気投票のアンケートである。
    このアンケートの結果を見ると、ファンのメイン層が20~24歳から15~19歳に若年化していることが見て取れる。
    これには前述の同人状況の変化に加え、東方の二次創作楽曲が音ゲーに組み込まれたり、「ゆっくり解説動画」が増加し、人気を博したことにより、東方を知った人が多いからだと考える。
    では、このような若年化をするとどういったような変化が起こるのか。

    それは購買力の低下である。

    大学生や大人であれば、ある程度自由に使える金は持っているのだが、小中学生はそのようなお金は少ないし、高校生でも微妙である。
    このような事情により、同人誌即売会に行く機会自体が減少し、よしんば行けたとしても、有名サークルで新作を買ってはそれで終わりという人が増えてきたのだろうと推測する。
    当事者との対談では、
    ・最近の同人誌即売会では小中学生が増えてきたと実感した。
    ・小中学生は大手サークルの紙袋はもっていたが、こちらには見向きはするが、購入までには至らない
    という証言があることから、おおむね間違っていないだろうと思う。

    ③東方ファンの変遷

    第15回東方人気投票の「08.東方を知ったきっかけ(東方Projectを知った時期別)」を見てみると、興味深い結果が出ている。
    神霊廟までは、ニコ動によって東方を知る人が多かったが、神霊廟からはニコ動以外の動画投稿サイトから知る人が多くなり、近年では明らかにニコ動からとは大きな差をつけている。
    ニコ動以外で主流となるとYoutubeがまずおもいつくだろう。そしてYoutubeでは、「ゆっくり実況・解説動画」が人気を博している。
    こうした背景には、「ゆっくりムービーメーカー3」の登場で、ゆっくり音声を使った動画が格段に作りやすくなったことが挙げられる。
    ニコ動から東方に入った人は、そこから東方の二次創作に触れて同人に入る可能性は比較的高い。だが、Youtubeではゆっくり実況・解説動画の方が主流であり、そこでは東方キャラはただのプレイヤーであり、解説ガイドでしかない。ここから同人に入る可能性は低いだろう。
    また、音ゲーとしての東方の側面もあり、太鼓の達人やBEMANIにも東方の二次創作楽曲が登録されており、そこから東方を知る人も出てきた。
    要するに

    「『同人としての東方』が主流ではなくなってきた」

    のである。
    これにより、東方を知っている人は多くても、それが東方の同人界隈の増加には結び付きにくくなってきたのだ。

    結局としてこの元作家は
    ・飽和状態の頃から始まり、艦これの登場と台頭がきっかけで同人状況が劇的に変わる。
    ・ファン層が若年化&変遷して東方の同人人口、そして購買力が減ってしまった。
    ことで、割を食ってしまったのではないかと思う。

    そして「同人としての東方」が主流でなくなってきた以上、
    東方同人界隈の今後が気になるところである。

    08.東方を知ったきっかけ(東方Projectを知った時期別)


  • 「艦隊これくしょん」の軌跡 ~「黎明」の1年目~

    2018-12-11 18:17

    今なお根強い人気を誇る艦これ。その艦これが、どのような軌跡をたどってきたのか、

    そのとき何が起こったのか、ここに残しておきたいと思う。
    今回は1年目、2013年4月23日から、2014年4月23日までの出来事を記す。

    なお、艦これのシステム面での話題は、特筆するものでない限りは、コンプティーク5周年特集で既に載っているので、省略させていただくこととする。


    *2013年


    ・4月23日、「艦隊これくしょん~艦これ~」がサービス開始された。課金ガチャを徹底的に廃したシステムは、開始当初のユーザーに好印象を与え、緩やかに数を伸ばしていった。2012年にコンプガチャ騒動が起こった後も、形を変え、課金ガチャシステムを辞めることのなかった風潮に辟易していた背景もあった。

    5月1日には、艦これ最初の動画である「戦乙女 大海原に立つ」が投稿(現在は削除済み)。その後も動画は増えていき、着実にユーザー数も増えていった。

    ・そんな中で5月27日、ある事件が起きた。『HELLSING』などで知られる漫画家、平野耕太氏がTwitterにて、加賀を轟沈させたことを告白、錯乱のあまり、艦隊の半数を叢雲の近代化改修の素材に使ってしまう事件が発生。この発言を受けて、『艦これ』に興味を持つ人が急増、予想以上のユーザー数急上昇を招く。

    これ以外にも様々な要因があってユーザー数の急上昇は続くが、そこは以前書いた考察①に譲るとする。

    この事件の結果、ユーザー数の急上昇に伴い、ゲーム自体の挙動が重くなってしまった。サーバーを次々と立てども、立ったそばから人が満員になるので、一向に改善することはなかった。この現象は9月まで顕著に続くこととなる。

    その後も現象は続くが、ちょうどその頃、「Cookie Clicker」という、ただひたすらクッキーを焼くだけのゲームが暇つぶしとして流行り始めた。

    「Cookie Clicker」自体が放置してクッキーの数が増えていくゲームなので、艦これとの相性がよく、古参はそれで遊んでは艦これの作業を進めるという日々を送っていた。


    ・7月25日には艦これ公式Twitterが開設された。そのころは、ユーザーとのやり取りをすることは珍しくなかったが、人が多すぎて対応しきれなくなったか、次第にそのような行為はしなくなっていった。そのため、リアル秋刀魚祭りのトラブルの際に直接やりとりしてる様子を見て驚く古参提督もちらほらだった。


    ・8月1日には【南方海域強襲偵察!】が開始された。

    このころに支援艦隊システムや潜水艦が実装された。当時は潜水艦に対する有効な手段を持つ敵がおらず、しかもこのころは旗艦大破撤退がなかったため、潜水艦で無理やり押し通すことも可能だった。

    この事態はさすがにまずいと思ったのか、イベント終了時に旗艦大破撤退が実装された。


    ・8月10日には、コンプティークにて、初の艦これ特集記事が掲載された。これ以降もコンプティークとは、しばしばお世話になることになる。


    ・ところで艦これが同人関連で人気が出始めたころ、ジャンル移動の関係で当時の同人最大手である東方Projectとの対立があった。両者の対立がくすぶる中、9月23日、神主ことZUN氏が「東方と艦これの相性はいいと思ってるので、積極的に二次創作していこうぜー」と発言。この鶴の一声がきっかけで、対立は軟化していった。


    ・9月26日には、アニメ化及びPSvitaでのゲーム化を発表。しかしこの結果が、艦これの方向性をある意味決定づけるものになる。
    同日、艦これのアンソロジーコミックが初めて発売された。


    ・10月7日には、「ファミリーマート」と初のコラボを行った。「ファミマ夕立」を知っているなら、立派な古参提督だろう。


    ・ちょうどこのころになると、「つぶやきビッグデータ」に艦これ関連の名前が載るようになる。「つぶやきビッグデータ」とはNHKが当時放送していた番組「NEWS WEB」のコーナーの一つで、その日につぶやかれたワードを取り上げるものだった。以降も艦これで何かが話題になる度、つぶやきビッグデータに載ることがしばしばあった。


    ・10月18日には、「艦これ白書」という書籍が発売された。しかし、誤植と間違った写真などが多く存在したため、2度にわたり正誤表を発表している。

    ・11月1日に2013年秋イベント【決戦!鉄底海峡を抜けて!】が開始された。

    今でも語り継がれる、屈指の難関イベントとして有名である。

    当時は敵の戦力ゲージが時間とともに回復していく仕様であったため、短期間に攻略する必要があったのだが、当イベントは夜戦が多く、まともな夜戦装備のない中で投入されたイベントであり、ボスまでたどり着くこと自体が難しかったため、疲労システムと相まって、非常に難易度(というか運要素)が高かった。

    おまけに20日、矢矧を追加実装させたため、すでに攻略した人にとっては二度手間になってしまい、もう一回、あの地獄のようなステージに戻らなければならないのかと批判が至る所で噴出。この出来事は「矢矧事件」などとして今でも尾を引いている。


    ・11月初旬、台風がフィリピンを直撃、フィリピンは甚大な被害を被った。

    これに対し、アメリカを主導とした救援作戦「サンカイ作戦」を展開。日本も「いせ」をはじめとした護衛艦で、フィリピンのレイテ湾へと向かった。

    いうまでもないだろうが、「伊勢」はレイテ沖海戦の参加艦である。

    かつて戦った相手と、今度は共同で救援作戦を展開する様子を見て、感慨にふける人たちが多かった。

    「艦これ」がなければ、その知識を持つことがなく、ただのニュースとして受け取る人たちも少なからずいただろう。これは「艦これ」の「第二次世界大戦時の艦艇のことをもっと知ってほしい」という「目的」にも通じるものがあり、艦これ運営にとってやりがいを感じることができた一つの出来事だろう。


    ・11月9日、「コンプティーク」2013年12月号にて、「side:金剛」が連載開始された。作画担当が同人界隈では有名なサークルの人だったので、かなりの話題を呼んだのだが、2014年5月号(4月10日発売)を境に連載が途絶え、、2014年10月に突然の連載終了が告知された。
    詳しい事情は以下のtogetterにて語られている
    https://togetter.com/li/730221

    ・12月24日、TVアニメ「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」とのコラボイベントを開始。メンタルモデルとのにぎやかな戦いは、前回の戦いで疲れ切った多くの提督の癒しとなった。
    ついでに当時難関と言われていた5-3をイオナの力を使って突破する提督も多く存在した(筆者もその一人)。また、演習において敵方につくと、そのチートじみた能力で、S勝利を悉く阻止して来た。これらのことから、「イオナ神」と畏敬の念を込めて呼ぶ提督もいたとか。

    今でも霧のイ401とキリクマ、もといヨタロウ人形は艦これの家具として置かれている。


    ・12月24日、大型艦建造が実装された。通常建造よりも資源を多く使うため、提督たちにはさらなる資源管理が求められることとなった。


    *2014年

    ・1月22日、日テレのニュース番組「ZIP」が艦これを紹介。しかし、そこで比叡と蒼龍を轟沈させてしまう映像を流してしまい、非難が殺到した。


    ・2月3日、週刊少年ジャンプの「こちら葛飾区亀有公園前派出所」にて、艦これの説明をする話が掲載された。単行本では193巻に収録。

    ・2月14日、「ケッコンカッコカリ」という新システムを追加。これによって、艦娘の能力をさらに引き上げることが可能となった。

    ・2月28日には、トレーディングカードゲーム「ヴァイスシュヴァルツ」にて艦これのキャラクターが参戦することとなった。その中でも隼鷹のカードは「壊れ」と言われるほどの性能で、文字通り「ヒャッハー」することとなってしまい、禁止カードに加えられた。


    ・3月14日、初のドイツ艦、そして海外艦となる、Z1、Z3、Bismarckの3隻が実装された。イラストレーターが島田フミカネということもあり、提督たちは驚きを隠せなかった。


    ・それと同時にExtra Operationを追加、1-5と5-5が実装された。中でも5-5は戦艦レ級が実装され、強大な火力と航空力、そしてeliteの先制雷撃で、多くの提督を阿鼻叫喚の渦に放り込んだ。


    ・3月28日、資源をはじめとした備蓄上限が現在の形になった。


    ・4月1日、TYPE-MOONのエイプリルフールイベントとして、ニコニコ生放送で艦これの実況プレイ放送を行った。

    ・4月23日、艦これは1周年を迎えた。イベント【索敵機、発艦始め!】を開始。新システム「弾着観測射撃」と「触接」により、戦闘が劇的に変化した。前述の5-5も、このシステムの実装によって難易度が下がることとなった。

    明石も実装され、旗艦において小破以下の艦を随伴に入れて放置することで自動的に修理してくれるシステムが実装。これは提督にとって大きな助けとなった。

    また、この日の夜の「つぶやきビッグデータ」は、ちょうどその日、オバマ大統領が来日した日にもかかわらず、艦これ関連のワードがほとんどを独占。NHKで特集された。




    以上が、自身が覚えている限りの艦これ1年目の軌跡である。
    スマホゲーが流行り始める中、率直に言って「時代遅れ」ともいえるブラウザゲームであり、当初はユーザー数2万人、半年保てばいい方だと思われていた艦これ。
    しかし、偶然の連続が艦これを一躍有名なものとし、華々しいスタートをすることになった。

    メディア展開された作品
    *漫画
    ・吹雪、がんばります!(2013年4月~連載中)
    ・艦々日和(2013年8月~2018年8月)
    ・いつか静かな海で(2013年10月~2016年6月)
    ・side:金剛(2013年11月~2014年4月連載休止のち打ち切り)
    ・水雷戦隊クロニクル(2013年11月~2016年9月)
    ・艦これなのです!(2013年12月~2014年4月)
    ・島風 つむじ風の少女(2014年2月~2016年4月)
    ・ゆる艦~女提督プレイ日記~

    *アンソロジーコミック
    ・横須賀鎮守府編(1巻~4巻)
    ・呉鎮守府編
    ・佐世保鎮守府編(1巻~3巻)
    ・舞鶴鎮守府編(1巻~3巻)

    *小説
    ・鶴翼の絆(2014年2月~2016年3月 全6巻)
    ・陽炎、抜錨します!(2013年12月~2016年1月 全7巻)
    ・一航戦、出ます!(2014年2月~12月 全3巻)

    *その他書籍
    ・鎮守府生活のすゝめ(vol.1~2)
    ・艦これ白書
    ・対深海棲艦 ファミマ艦隊 作戦要綱
    ・日本海軍「艦これ」公式作戦記録

    *その他
    ・艦これRPG(着任ノ書、建造ノ書・壱)

    他企業とのコラボ
    ・ファミリーマート(12月3日~12月30日)
    ・グッドスマイルカンパニー・鉄人化計画(2013年10月17日~12月15日、2014年2月11日~3月30日)
    ・ufotable(2014年1月28日~2月23日)


    イベントのあれこれは、アニヲタwikiが詳しく解説しているので、そちらを確認されたし。

    敵艦隊前線泊地殴り込み
    https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/35201.html

    南方海域強襲偵察!
    https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/35413.html

    決戦!鉄底海峡を抜けて!
    https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/30033.html

    迎撃!霧の艦隊
    https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/30033.html

    索敵機、発艦はじめ!
    https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/29700.html

    上記のほかにもこういう話題があったと覚えている人は、遠慮なく言ってほしい。