• 7thライブ ライブ以外での雑記+写真色々(2日目+α)

    2020-02-18 23:539時間前
    はい。長らくつらつら書いてきた、50%ライブに関係無い感想と雑記でしたが、
    今回で一旦区切ろうと思います。

    ここでは2日目のライブ開演前までの時間つぶしの記録を。
    それと、事前移動の0日目で載せきれていなかった写真をいくつか。

    あ、そういえば、3/28の名古屋振り返り1日目の本会場だけご用意されました。
    当日会場のどこかにいると思いますので、よろしくお願いします。

    なお、2日目はご用意されませんでした。おのれ…
    ですが、もう一度見たいのでどこかの映画館にはいると思います。きっと。


    ■0日目

    鳥羽到着後、そのまま滋賀県内に向かっては早く着きすぎてしまうと判断。
    そこで、車で30分ほど離れた所に道の駅を発見。少し飲み物とかも補充したかったし、興味本位で向かうことにした。

    山の中を進むこと30分、すっかり日は落ちて夜になっていた。(といっても18時)

    スマートフォンのカメラで撮影


    いやー、営業時間外だったよねー。後日詳細に調べてみたら、17時で閉店だった。
    行き当たりばったり過ぎるだろこいつ。

    とはいえ、途中急にトイレに行きたくなったりしたので、ここに寄ったのは正解だったかなぁと。(前向き)

    自販機でコーンスープと道中用の飲み物を買い、早々に道の駅を後にする。
    施設のお兄さんが不審者を見るような目で見てきた
    見た目がね。仕方ないね。


    スマートフォンのカメラで撮影


    1時間ほど車を走らせ、伊勢自動車道の安濃SAに到着。
    大体津市の上あたり。神社の鳥居のようなモチーフがいくつかあり、良い雰囲気。


    スマートフォンのカメラで撮影


    こっちの方が色味きれいにでてんじゃねぇか
    ということで夜ご飯。ラーメンとはーちゃんセットをいただきました。
    味は…うん、普通

    これとは別に、ミル挽き珈琲でバニラシェイクを飲んだ。

    ミル挽き珈琲の音楽超好きなのよ。あと、バニラシェイクも好きなんだけど、ある場所無い場所差が激しいの。あんまみない。

    安濃SAからは宿までノンストップ。大体21時くらいに到着。
    出発は朝9時くらいなので、大体半日ってところかな。普通に進んだら半分くらいの時間で済むけどね。


    ■2日目

    新快速に揺られること30分。なんと京都まで戻っていた。

    今回の目的地は嵐山でも金閣寺でもしゅーこちゃんの実家でもなく、京都鉄道博物館。
    同じ工程をとったプロデューサーは果たしているのだろうか…


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/50, F6.3, ISO800


    期間限定での塗装とのこと。よく見ると車体側面(スロープ側)のみ原色のまま。手抜き
    越後湯沢~金沢のはくたかは事情があり良く乗っていた。


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/40, F5.6, ISO400


    客車の中を1枚
    ガラス2枚で区切られていたので、お弁当ののぼりが反射してしまった。
    逆に明るめに撮った方が気にならなかったかもしれない。


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/125, F6.3, ISO400


    一旦外に出て機関車(であってる?)を撮る。
    え~っと…、右側がトワイライトエクスプレスで、左側は…左側は…
    後で調べてみたら銀河とかだった。だって生まれてないもん知らないもん


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/160, F6.3, ISO400


    奥の赤い機関車を望む。ちょっとだけ自分の影が映ってる。
    雨とは言え、結構人がいたので載せられる写真も限られる。(顔消すのめんどくさい)


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/160, F6.3, ISO400


    DD51を下から。スカートを覗くってこんな感じなの?


    DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE, 1/2000, F8, ISO3200


    屋上テラスから五重塔を望む。あいにくの雨だったけど、晴れていたら綺麗だったのかなぁ。
    そういえば鉄道好きなアイマスキャラっていないよね。ミリタリーやカメラとかいるのにね。


    DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE, 1/2000, F8, ISO3200


    横で撮るとこんな感じ。在来線も撮れるので、五重塔と鉄道を含めた写真も撮れそう。
    滞在時間は2時間程度。いったんホテルに戻り、カメラ等の荷物を置いてからライブ会場に向かうのであった。

    ■おまけ

    ライブ1日目の夕食。新梅田食堂街の洋食屋(おおさかぐりる)

    洋食なのにナイフとフォークは使わない。箸だけで食べるというワイルドなスタイル。
    そして味噌汁が今まで飲んだ中で一番うまい毎日味噌汁作ってください。

    しばらくすると、別のプロデューサーも入ってきていた。みんな良く見つけるねぇ


    ライブ2日目の夕食。ねぎ焼やまもと

    写真には写っていないが、この前に焼きそばとビール1杯飲んでる。
    それぞれ、1枚ずつ頼んで友人とシェア。これがもう大変おいしい。
    あまり共感されないんだけど、ご飯ほしくなる。

    お好み焼きでご飯を食べる…食べない?俺は食べる。


    ということで、長らく書いてきましたが、これにて一旦完了。
    次は…まぁ振り返りの時に書くか書かないか…(幕張の時は書かなかったし)
    直近だと、まだ確定していないシャニの2ndかミリオンの7thか…

    ゲーム動画系もまたモチベが上がったらやりますね。

    それでは
  • 広告
  • 7thライブ ライブ以外での雑記+写真色々(1日目)

    2020-02-18 00:05
    無事に東京に帰ってこれました。

    大阪↔東京往復約1000kmを車で移動するのは中々骨が折れました。
    まぁ休憩+仮眠込みで9時間くらい。ぶっちぎってたら7時間くらいでしょうかね。
    (ちなみに、遠方から車で来た人って他にどのくらいいるんですかね…?)

    でも今回長距離移動して分かったのは2つ。
     ・東京~名古屋も東京~大阪もあんま変わんない
     ・1日で一気に移動するのは500kmが目安(時間としてはおおむね8時間くらい)

    前者は文字通り。大阪~名古屋(といっても名港の方)の運転は長く感じなかった。
    新名神つながったのが大きいからかな?あと、車もほどんど走ってなかったのもあるだろうけど。(帰りのルートは、名神→京滋バイパス→新名神→伊勢湾岸→新東名)

    後者は帰ってきてから思ったこと。これ以上1日で走るのは結構しんどい。
    これ以上の距離・時間を、走れるか走れないかとで言ったら走れるとは思う。だけど次の日もう何もできなくなると思う。(年始に一度ケツ爆発してるし

    さて、前置きが長くなってしまったけれども、
    ライブの1日目・2日目ともに開演までの時間つぶしに旅をしていました。
    長くなるので、まず1日目のみにフォーカス。

    基本的には例のごとくPENTAXのKPで撮った写真です。
    あと補足すると、基本的に写真は無加工のものを載せてます。


    ■1日目

    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/125, F4, ISO400


    1日目以降の移動のお供。in まゆ、out 奏。まゆ(も)すき。いやぁ、2日目のソロは強敵でしたねぇ…
    移動中、京滋バイパスは霧で前方視界不良がしばしば。


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/125, F4, ISO400
    (顔消しのためスタンプで加工済み)


    朝は淡河PAで色々調達。天気はあいにくの曇り空。
    この『淡河』って絶対難読地名リストに入ってるでしょ…。初見で読めなかった。
    (おうご らしいです)

    個人的にこの写真で一番気になっているのは、写真左側の『ISM
    このPA、ミニストップが入っているんだけど、頭文字とってもISMにはならない。

    一体なんなんだ…と思って色々見て回ったら…
    highway style of MINI STOP』の略っぽい。Hどこいった。


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/400, F11, ISO400


    天気よ…
    ということで、淡路島(の道の駅あわじ)に行きました。(先っちょじゃねぇか)

    御覧の通り、天気は微妙だし奥の方は靄で見えない
    先が見えないことで神秘的とも言える。


    DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE, 1/1600, F14, ISO3200


    橋の真下から本島を望む。奥にぼんやり見えるのも、ダンジョン感というかなんというか。
    アクアラインしかり、良くこんな橋を作ろうと思ったよね。(ほめてる)


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/125, F22, ISO1600


    ちょっとだけ場所を変えて、引き気味で撮るとこんな感じ。
    もう本島見えない。逆にもう少しモヤってたらもっといい感じになったのかなぁ


    DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE, 1/200, F10, ISO200


    いい感じに船(よく見たら海保の船)が集まっていたので、望遠レンズでぶち抜いてみる。
    この構図は晴れの時が一番いいのかなぁ


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/800, F4, ISO200


    橋を造る際に活躍したらしい潜水艇。神竜という文字がかっこいい。
    この道の駅には、橋を造る際のちょっとした歴史とかが書かれたパネルが点在する。

    DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE, 1/640, F4.5, ISO200


    いくら人が少ないとはいえ、一人で顔を出す勇気はなく。
    にしてもだよ。その顔の位置は何の代わりなのよ。卵黄枠?
    ちなみに、生しらす丼以外にもハンバーガーとかも売ってる。


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/1250, F3.2, ISO200


    中途半端に時間が余ったので、江崎灯台なる場所へ向かった。
    ここからは3つ目のレンズ、21mm単焦点レンズを使う。

    駐車場にはこんな灯台が。これがモチーフなのか本物なのかは良くわからず。
    あとで調べてみたらモチーフだった。

    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/400, F4, ISO200


    奥に向かうとこんな看板が。どうやら上に本物の灯台があるらしく、道が続いていた。
    じゃあせっかくだからと進んでいくと…


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/60, F7.1, ISO400


    いやこれもう登山だよね?
    おっかしーなー、昨日も登山したと思ったんだけどなぁ…
    そして階段の幅が狭いのなんの。そして人の気配も全然ない。前情報何も無しで来たのが仇となった。


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/60, F7.1, ISO400


    階段の中腹くらいで振り返る。すでに結構な高さ。なぜわざわざこんな困難な道を…
    こんな…こんなん…こんなん困難すぎるよ… うーん。スランプ。

    さて、急な階段も頑張って登りきり、ようやく灯台のお目見え…


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/60, F7.1, ISO400


    立 入 禁 止
    そうかー立入禁止かー海保の施設かー…。チキショー!

    一応、ここから左を向くと、灯台の頭の部分だけ見えた。
    ここは看板に従い中に入らないことにした。結局、来た道を戻ることになるのだが…


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/60, F7.1, ISO400


    これ…降りるの…?
    てっぺんから思わず撮った。手すりもない。希望もない。

    落ちたらシャレにならない高さだし、階段も狭いのでゆっくりと降りる。


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/500, F4.5, ISO400

    ん?なんでこんな写真撮ったかって?
    それはね…。ここが
    事 故 現 場
    だからだよ!

    ゆっくり降りれば大丈夫だろうと思っていました。
    地面が湿っていた&靴底に泥がたまっていたせいで、階段から滑って落ちました。

    転び方がよかったのか、左腕と左足に軽く青あざ作る程度で済みました。
    ちょうど両方から地面に落ちたので、衝撃が分散してくれたのかなと。

    あと若干カメラ本体に傷がつきました。でもまぁ、体もカメラも壊れず良かった。


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/500, F4.5, ISO400


    ちなみに階段の幅はこんな感じ。
    自分の靴のサイズが26だけど、かかとが少しはみ出るくらい。

    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/125, F7.1, ISO400


    この時まだ足に痛みが残っていたので、引きずりながら休憩も兼ね広場の方に向かう。
    どうやらこの場所は、震災の際に大きく被害を受けたようで、復旧や治山工事が行われていた模様。
    その時の様子を記載したパネルなんかもあったりする。


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/3200, F3.5, ISO400


    駐車場まで戻る。いっちょ前にバス停もある。本数はおおむね1~2時間に1本程度
    道の駅でも思ったけど、止めてある車がほとんど関西地方のナンバーなのに、関東のナンバーがいるのが面白い。

    そんな感じで、淡路島(の先っちょ)を堪能し、ライブ会場に向かうのであった。
    会場に着いたくらいには、体の痛みもひいていました。


    3つのレンズを使っているけど、色味が一番出るのが21mm単焦点かなぁと思う。
    もう少し撮り方とか構図とか、色々勉強したいと思う今日この頃であった。

    2日目はまた後日。
  • シンデレラ7th大阪公演2日目 個人的感想まとめ

    2020-02-16 23:08

    はい。両日ともお疲れ様でした。

    3分の1位は曲のシャッフルがありました。
    ゲスト等もなかったけど、もう生演奏聞けたからもう満足かなぁ…

    あぁ、つらい現実にまた戻ってしまう。
    っていうか色んな時世的な意味で東京戻りたくないんだけど。

    ってな感じで以下感想です。
    昨日と被っている曲で、あらたな発見とかが無ければ記載省いています。

    1.ガールズ・イン・ザ・フロンティア
     →幕にFinalと書かれたのが印象的。あぁ、終わりが始まってしまった…。

    3.Lunatic Show
     →だから唐突な百合はやめなさいとあれほど。

    5.Virgin Love
     →きましたね。二人とも全力疾走。あれほぼ外野一直線だから結構距離あるよね。
      ほらラスサビ息あがってんじゃない

    6.ØωØver!! -Heart Beat Version-
    7.Nocturne
    8.オウムアムアに幸運を
     →この辺は1日目と変わらず。相変わらずのエアギターとリズムの取りにくいオウムアムア。
      忍者スタイルで掃けるとか、見えない中で面白いことしないで(切実)

    9.義勇忍侠花吹雪
     →天井に手裏剣が出てたのを見つける。名古屋に比べて天井の演出少ない気もするけど。
      
    10.Gaze and Gaze
     →1日目に引き続き新曲。光の演出が二人の色で構成されていたことに気づく。
      (上段がみずきの、下段がお嬢の だったかなぁ)

    11.生存本能ヴァルキュリア
     →今日もみなさん生き残れましたか…?

    13.Voyage(Acoustic Version)
     →いやーこれかーこれが来るかー…。昨日に引き続きボーカルの暴力。
      個人的に両日ともにAcoustic Versionが滅茶苦茶心に刺さったので、このアレンジだけまとめたCDをぜひ。ぜひ。

    14.エヴリデイドリーム~マイ・スイート・ハネムーン(Acoustic Version)
     →は?なにこれ?まゆP息してる?俺はしてない。イントロからずーっと鳥肌たちっぱなし。最高。
      2日目は何がくるのかなぁと思っていた。イントロ聞いた瞬間から神。
      ハネムーンへのつなぎ、牧野さんの表現力。そう、そこには佐久間まゆがいたのだ。
      曲からボーカルから何から何まですべてが襲ってくる(いい意味で)

      個人的に両日通じてもうこの曲が優勝。曲終了後の拍手も今まで一番長かったのではないか。そしてこの曲のおかげで記憶が色々吹っ飛んでしまった。  

    15.夏恋 -NATSU KOI-
     →オリメン揃ってたし、密かに来るんじゃなかろうかと思っていました。
      今日一番自分の声出てたんじゃないかなぁ…
      夏恋-NATSU KOI-バイブス記念日 #とは

    16.Great Journey
     →あーまだ知らない曲あるんだなぁと思っていたんですよ最初は。
      でも、演者の名前がでて「新曲かぁ!」と興奮。今回2曲目の新曲枠。プリコネのコラボ楽曲だってさ。
      
    17.Sun! High! Gold!
     →このセクションすべての曲を変えてくるとはねぇ
      途中から飯屋と渕上さん合流。いや、その登場しながら気付かれないとでも思っていたのか

    19.Twilight Sky
     →1日目でなつきちのソロをやったから、だりーのソロが来ると思ってはいました。
      ただし、*エディションだとは…。アイマスで一番最初に買った曲がこの曲なので、個人的にもすごく感慨深い。
      『仕事』と精神論で乗り切ったのすげぇな

    20.夢幻ノ救憐唱 ~堕チル星ノ調ベ~
     →ごめんな…。俺聞いたの初めてなんよ…

    23.双翼の独奏歌
     →どちらかというと、この後のMCが印象的。
      日本コロムビアの回し者たち、*を全身で表現する2人、いちゃつくまあやとしきくん。ちよ「お戯れを…」
      なんか学園ラブコメ見てる気分になった。
      ?「裏でやれよー」

    24.毒茸伝説
     →しっかしこの人良く叫べるなぁ(小並み)

    27.∀NSWER
     →今日こそ答えは見つかったか?カメラで∀作ってる人抜くのうますぎるでしょ。

    28.Trinity Field
     →最後、3本の白い光が立体的に△を作る演出。総じてこの曲は光の演出がうまい。
      サビとかは興奮しすぎてみてる余裕なかったけど。

    29.紅
     →紅だぁぁぁぁ!!
      ぜったいTM繋がりでしきくんだと思ってた。∀→Δ→X でここ3曲すべて表現できる。
      終わったあと冷静に、さっつん喉大丈夫なん?って心配になった。
      いや、例えば本気でカラオケで歌ったら一発でガラガラになると思うしね?

    33.お願い!シンデレラ
     →だりーがギターを引っ提げて闊歩してたところは見れた。
      後はもう遠くてわからん…


    ■その他
     ・ちよちゃん2日連続挨拶失敗。この時から当分漢字表記やめようかなぁと決めました。
     ・渕上さんも2日連続失敗。渕上「うーん…」
     ・牧野「テンションぶち上げていくぜー」→このまゆもいいかも…
     ・クール/コミカル/ワイルドたちばな。属性がどんどん増えていく。
      →ライブ後のTwitterの写真がワイルドすぎて面白い
     ・へごちんも2連続ラストの進行失敗。「あ゛
     ・あみな「じゃあ私はゆっくり挨拶します」→小並の感想。


    以上、お疲れ様でした。