7thライブ ライブ以外での雑記+写真色々(1日目)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

7thライブ ライブ以外での雑記+写真色々(1日目)

2020-02-18 00:05
    無事に東京に帰ってこれました。

    大阪↔東京往復約1000kmを車で移動するのは中々骨が折れました。
    まぁ休憩+仮眠込みで9時間くらい。ぶっちぎってたら7時間くらいでしょうかね。
    (ちなみに、遠方から車で来た人って他にどのくらいいるんですかね…?)

    でも今回長距離移動して分かったのは2つ。
     ・東京~名古屋も東京~大阪もあんま変わんない
     ・1日で一気に移動するのは500kmが目安(時間としてはおおむね8時間くらい)

    前者は文字通り。大阪~名古屋(といっても名港の方)の運転は長く感じなかった。
    新名神つながったのが大きいからかな?あと、車もほどんど走ってなかったのもあるだろうけど。(帰りのルートは、名神→京滋バイパス→新名神→伊勢湾岸→新東名)

    後者は帰ってきてから思ったこと。これ以上1日で走るのは結構しんどい。
    これ以上の距離・時間を、走れるか走れないかとで言ったら走れるとは思う。だけど次の日もう何もできなくなると思う。(年始に一度ケツ爆発してるし

    さて、前置きが長くなってしまったけれども、
    ライブの1日目・2日目ともに開演までの時間つぶしに旅をしていました。
    長くなるので、まず1日目のみにフォーカス。

    基本的には例のごとくPENTAXのKPで撮った写真です。
    あと補足すると、基本的に写真は無加工のものを載せてます。


    ■1日目

    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/125, F4, ISO400


    1日目以降の移動のお供。in まゆ、out 奏。まゆ(も)すき。いやぁ、2日目のソロは強敵でしたねぇ…
    移動中、京滋バイパスは霧で前方視界不良がしばしば。


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/125, F4, ISO400
    (顔消しのためスタンプで加工済み)


    朝は淡河PAで色々調達。天気はあいにくの曇り空。
    この『淡河』って絶対難読地名リストに入ってるでしょ…。初見で読めなかった。
    (おうご らしいです)

    個人的にこの写真で一番気になっているのは、写真左側の『ISM
    このPA、ミニストップが入っているんだけど、頭文字とってもISMにはならない。

    一体なんなんだ…と思って色々見て回ったら…
    highway style of MINI STOP』の略っぽい。Hどこいった。


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/400, F11, ISO400


    天気よ…
    ということで、淡路島(の道の駅あわじ)に行きました。(先っちょじゃねぇか)

    御覧の通り、天気は微妙だし奥の方は靄で見えない
    先が見えないことで神秘的とも言える。


    DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE, 1/1600, F14, ISO3200


    橋の真下から本島を望む。奥にぼんやり見えるのも、ダンジョン感というかなんというか。
    アクアラインしかり、良くこんな橋を作ろうと思ったよね。(ほめてる)


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/125, F22, ISO1600


    ちょっとだけ場所を変えて、引き気味で撮るとこんな感じ。
    もう本島見えない。逆にもう少しモヤってたらもっといい感じになったのかなぁ


    DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE, 1/200, F10, ISO200


    いい感じに船(よく見たら海保の船)が集まっていたので、望遠レンズでぶち抜いてみる。
    この構図は晴れの時が一番いいのかなぁ


    DA18-135/3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/800, F4, ISO200


    橋を造る際に活躍したらしい潜水艇。神竜という文字がかっこいい。
    この道の駅には、橋を造る際のちょっとした歴史とかが書かれたパネルが点在する。

    DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE, 1/640, F4.5, ISO200


    いくら人が少ないとはいえ、一人で顔を出す勇気はなく。
    にしてもだよ。その顔の位置は何の代わりなのよ。卵黄枠?
    ちなみに、生しらす丼以外にもハンバーガーとかも売ってる。


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/1250, F3.2, ISO200


    中途半端に時間が余ったので、江崎灯台なる場所へ向かった。
    ここからは3つ目のレンズ、21mm単焦点レンズを使う。

    駐車場にはこんな灯台が。これがモチーフなのか本物なのかは良くわからず。
    あとで調べてみたらモチーフだった。

    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/400, F4, ISO200


    奥に向かうとこんな看板が。どうやら上に本物の灯台があるらしく、道が続いていた。
    じゃあせっかくだからと進んでいくと…


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/60, F7.1, ISO400


    いやこれもう登山だよね?
    おっかしーなー、昨日も登山したと思ったんだけどなぁ…
    そして階段の幅が狭いのなんの。そして人の気配も全然ない。前情報何も無しで来たのが仇となった。


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/60, F7.1, ISO400


    階段の中腹くらいで振り返る。すでに結構な高さ。なぜわざわざこんな困難な道を…
    こんな…こんなん…こんなん困難すぎるよ… うーん。スランプ。

    さて、急な階段も頑張って登りきり、ようやく灯台のお目見え…


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/60, F7.1, ISO400


    立 入 禁 止
    そうかー立入禁止かー海保の施設かー…。チキショー!

    一応、ここから左を向くと、灯台の頭の部分だけ見えた。
    ここは看板に従い中に入らないことにした。結局、来た道を戻ることになるのだが…


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/60, F7.1, ISO400


    これ…降りるの…?
    てっぺんから思わず撮った。手すりもない。希望もない。

    落ちたらシャレにならない高さだし、階段も狭いのでゆっくりと降りる。


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/500, F4.5, ISO400

    ん?なんでこんな写真撮ったかって?
    それはね…。ここが
    事 故 現 場
    だからだよ!

    ゆっくり降りれば大丈夫だろうと思っていました。
    地面が湿っていた&靴底に泥がたまっていたせいで、階段から滑って落ちました。

    転び方がよかったのか、左腕と左足に軽く青あざ作る程度で済みました。
    ちょうど両方から地面に落ちたので、衝撃が分散してくれたのかなと。

    あと若干カメラ本体に傷がつきました。でもまぁ、体もカメラも壊れず良かった。


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/500, F4.5, ISO400


    ちなみに階段の幅はこんな感じ。
    自分の靴のサイズが26だけど、かかとが少しはみ出るくらい。

    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/125, F7.1, ISO400


    この時まだ足に痛みが残っていたので、引きずりながら休憩も兼ね広場の方に向かう。
    どうやらこの場所は、震災の際に大きく被害を受けたようで、復旧や治山工事が行われていた模様。
    その時の様子を記載したパネルなんかもあったりする。


    HD PENTAX-DA Limitedレンズ 21mm/F3.2, 1/3200, F3.5, ISO400


    駐車場まで戻る。いっちょ前にバス停もある。本数はおおむね1~2時間に1本程度
    道の駅でも思ったけど、止めてある車がほとんど関西地方のナンバーなのに、関東のナンバーがいるのが面白い。

    そんな感じで、淡路島(の先っちょ)を堪能し、ライブ会場に向かうのであった。
    会場に着いたくらいには、体の痛みもひいていました。


    3つのレンズを使っているけど、色味が一番出るのが21mm単焦点かなぁと思う。
    もう少し撮り方とか構図とか、色々勉強したいと思う今日この頃であった。

    2日目はまた後日。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。