ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【MX4D版】のメイドインアビスは上昇負荷だった。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【MX4D版】のメイドインアビスは上昇負荷だった。

2020-03-25 19:30

    このブログに行き着いた方、ハローです。

    メイドインアビスのマンガを買って、さらなる深みにハマった総帥です。


    早速ですが本題に。
    つい先月、劇場版のメイドインアビスを観に行ったぞ!的なブログを書いたんですが・・・

    今回は友人と、MX4D版の劇場版を観に行ってきました。
    映画を観に行くときはTOHOシネマに行くので、『4DX』では無く『MX4D』です。
    違いはあるみたいですが説明できないので、皆さん調べてみてください。

    その感想をつらつらと簡潔に書きます。


    ・感想その1

    虫の大群の中にいる感覚。
    冒頭の『クオンガタリ』の飛び交う中を、レグが駆け抜けるシーン。

    足に空気を噴出され、クオンガタリが足にバタバタ当たるような感覚でした。
    あれは精神面に悪くてニヤニヤしちゃいましたね。すげえって。


    ・感想その2

    席は揺れるんですが、それ以上にお尻に響く振動がたまりません。
    タイトルが表示されるシーンの重厚な音楽に合わせた振動は、まさに全身に映画を向けられていました。
    この機能が一番良かったかな。

    ・感想その3

    酔います。あの我らがリコさんが5層の上昇負荷にさらされるシーンです。
    きっとリコさんの1000分の1くらいは負荷を体験できてるんじゃないでしょうか。

    でも車酔いする人とかはその間だけ若干酔い気味になるので、集中力が切れちゃうと思います。
    僕は乗り物酔い体質なのでまさにこれに該当します。

    ・感想その4

    水中に潜るときにビビる。

    これはビクッとなります。今作は何度か水中に飛び込むシーンが多いですが、
    そのときにプシッ!!とうっすい霧を顔面に喰らいます。

    濡れたかな?と思ってすぐに顔を触ると既に乾いているくらいの霧です。

    あと空気漏れみたいなシーンでも、ナナチとかと同じようにシュッとした空気にビビります。


    ・感想その5

    戦闘シーンは意外と揺れない。

    振動は感じますが、あくまで黎明卿とのバトルは画面に集中できるようになっているのか、
    そんなに揺れないです。
    本当にちょうどよく振動を与えてくれます。

    ・感想その6

    2回目の視聴に最適。

    これにつきます。
    同行した友人は初見だったのですが、揺れに驚いて集中が度々切れたと言っていました。
    確かにそのとおりです。

    逆に2回目の僕は、ここはどんな揺れか?とか、ある程度予想しながら観れるのでそこまで集中切れませんでした。
    どちらかというと4Dを楽しみに行ったので、大満足でした。

    ストーリー・作画に集中したい場合は、まず初めに通常版を観ることをオススメします。



    簡単に書くとこんなとこです。

    僕自身、人生初MX4Dだったのですが、今後もいろんな映画の4Dを観に行こうかと思うくらい大満足でした。

    まぁ通常版でもMX4Dでも、こぼれちゃうんですけどね。

    おやおや・・・・・・
    ───総帥卿。

    これは先週の動画です。
    よろしければ、是非見ていってください。
    あなたに見せたいものがたくさんあるんですよ、ナナチ。
    (Twitterのバナナナチが頭から離れません)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。