ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 競馬予想『第81回 皐月賞(GI)』

    2021-04-18 00:59

    2021年4月18日15時40分、発走の「第81回 皐月賞(GI)」の枠順が発表された。

    出走表はこちら

    各馬の評価は、評価順にこちら。

    ※各馬の評価は、レース発走まで随時更新していきます。
      最終更新日時:2021年4月18日0時59分32秒
    1. 5番:ヴィクティファルス
      • 父:ハーツクライ × 母父:Galileo
      • 過去10年、新馬戦を勝った馬がスプリングS(GII)を勝った場合、【2-0-2-1】と好走傾向。
      • 過去10年、ハーツクライ産駒は皐月賞で【0-1-0-11】と相性が悪い。
      • 母父がGalileoなので道悪馬場になりそうなのはプラス材料。
    2. 15番:グラティアス
      • 父:ハーツクライ × 母父:Lizard Island
      • 前走、京成杯(GIII)[中山・芝2000]では内ラチ沿いの馬場が荒れているところを走って勝っただけに今回も内を突く競馬をすることに期待する。
      • 過去10年、ハーツクライ産駒は皐月賞で【0-1-0-11】と相性が悪い。
      • 鞍上のミルコ・デムーロ騎手は皐月賞と相性抜群。
    3. 7番:エフフォーリア
      • 父:エピファネイア × 母父:ハーツクライ
      • 共同通信杯(GIII)で負かした馬が次走で重賞を勝っているだけに、今年の3歳最強馬はこの馬かもしれない。
      • 鞍上の横山武史騎手はクラシックを勝つのはまだ早い気もする。
      • 中山コース替わりはマイナス材料。
    4. 3番:ステラヴェローチェ
      • 父:バゴ × 母父:ディープインパクト
      • 前走、共同通信杯(GIII)[東京・芝1800]では1番人気に推されていただけに巻き返しに期待する。
      • バゴ産駒は中山コース芝2000mと相性が良い。
      • 血統的に道悪馬場になりそうなのはプラス材料。
      • 鞍上の吉田隼人騎手が2週連続でG1を勝てるかどうかは不安。
    5. 1番:アドマイヤハダル
      • 父:ロードカナロア × 母父:ディープインパクト
      • 前走、若葉S(L)[阪神・芝2000]では2番人気で0.5秒差つけて勝っている。
      • エリカ賞(1勝クラス)[阪神・芝2000]ではディープモンスターを負かして勝っている。
    6. 6番:ヨーホーレイク
      • 父:ディープインパクト × 母父:フレンチデピュティ
      • 母クロウキャニオンの子供はG1では要らない印象あり。
      • 過去10年、ディープインパクト産駒の皐月賞での成績は【3-3-4-25】と相性が良い。
      • 前走、きさらぎ賞(GIII)[中京・芝2000]では2番人気でラーゴムから0.0秒差の2着。
      • ホープフルS(GI)[中山・芝2000]では4番人気でダノンザキッドから0.3秒差の3着。
    7. 9番:ラーゴム
      • 父:オルフェーヴル × 母父:Candy Ride
      • 前走、きさらぎ賞(GIII)[中京・芝2000]では3番人気でヨーホーレイクに勝っている。
    8. 8番:ダノンザキッド
      • 父:ジャスタウェイ × 母父:Dansili
      • 前走、弥生賞ディープインパクト記念(GII)[中山・芝2000]では1番人気に推されていただけに巻き返しに期待する。
      • ホープフルS(GI)[中山・芝2000]では1番人気で0.2秒差つけて勝っている。
    9. 11番:ディープモンスター
      • 父:ディープインパクト × 母父:Bellamy Road
      • 過去10年、ディープインパクト産駒の皐月賞での成績は【3-3-4-25】と相性が良い。
      • 前走、すみれS(L)[阪神・芝2200]では1番人気で0.4秒差つけて勝っている。
    10. 16番:レッドベルオーブ
      • 父:ディープインパクト × 母父:Unbridled s Song
      • 年明け初戦となるのはマイナス材料。
      • 大外枠から逃げ宣言をしている。
      • 過去10年、ディープインパクト産駒の皐月賞での成績は【3-3-4-25】と相性が良い。
    11. 14番:アサマノイタズラ
      • 父:ヴィクトワールピサ × 母父:キングヘイロー
      • 前走、スプリングS(GII)[中山・芝1800]では7番人気でヴィクティファルスから0.0秒差の2着。
    12. 10番:シュヴァリエローズ
      • 父:ディープインパクト × 母父:Sevres Rose
      • 過去10年、ディープインパクト産駒の皐月賞での成績は【3-3-4-25】と相性が良い。
      • 前走、若葉S(L)[阪神・芝2000]では1番人気でアドマイヤハダルから0.5秒差の2着。
    13. 13番:タイトルホルダー
      • 父:ドゥラメンテ × 母父:Motivator
      • 前走、弥生賞ディープインパクト記念(GII)[中山・芝2000]では4番人気で0.2秒差つけて勝っている。
    14. 2番:ルーパステソーロ
      • 父:ゴールドシップ × 母父:A.P. Indy
      • 前走、1勝クラスで負けていた馬では厳しい。
    15. 12番:ワールドリバイバル
      • 父:エピファネイア × 母父:アグネスタキオン
      • 前走、スプリングS(GII)[中山・芝1800]では10番人気でヴィクティファルスから0.7秒差の6着。
    16. 4番:イルーシヴパンサー
      • 父:ハーツクライ × 母父:キングカメハメハ
      • 前走、スプリングS(GII)[中山・芝1800]では8番人気でヴィクティファルスから0.5秒差の4着。

    馬券の買い目はフォーメーション方式でこちら。

    【1着】: 5, 15, 7

    【2着】: 5, 15, 7, 3, 1

    【3着】: 5, 15, 7, 3, 1, 6, 9, 8

  • 広告
  • 競馬予想『第81回 桜花賞(GI)』

    2021-04-11 01:16

    2021年4月11日15時40分、発走の「第81回 桜花賞(GI)」の枠順が発表された。

    出走表はこちら

    各馬の評価は、評価順にこちら。

    ※各馬の評価は、レース発走まで随時更新していきます。
      最終更新日時:2021年4月11日1時15分55秒
    1. 8番:メイケイエール
      • 父:ミッキーアイル × 母父:ハービンジャー
      • 気性的な問題はあるが、実力があることは確かなので重視したい。
      • 過去10年、データ的に見ればチューリップ賞(GII)を1番人気で勝った馬は桜花賞でも好走傾向。
    2. 16番:ソングライン
      • 父:キズナ × 母父:シンボリクリスエス
      • まだ底を見せていないだけに幻想がある。
      • 前走、紅梅S(L)[中京・芝1400]では1番人気で0.5秒差つけて勝っている。
    3. 2番:ファインルージュ
      • 父:キズナ × 母父:ボストンハーバー
      • 前走、フェアリーS(GIII)[中山・芝1600]では後にフラワーカップを勝つホウオウイクセルに0.4秒差つけて勝っている。
      • 前走が中山コースだった馬は苦戦傾向。
    4. 13番:エリザベスタワー
      • 父:Kingman × 母父:Doyen
      • 血統が欧州血統なので勝つのは厳しい印象。
      • 前走、チューリップ賞(GII)[阪神・芝1600]では3番人気で勝っている。
    5. 7番:ククナ
      • 父:キングカメハメハ × 母父:ディープインパクト
      • 安定して走る馬だけに今回は人気が落ちて気楽に乗れるのはプラス材料。
      • 前走、クイーンカップ(GIII)[東京・芝1600]では1番人気でアカイトリノムスメから0.1秒差の3着。
    6. 18番:サトノレイナス
      • 父:ディープインパクト × 母父:Not For Sale
      • 大外枠になったが、桜花賞は外枠の方が好走傾向。
      • 近年、桜花賞でディープインパクト産駒は勝ち切れないケースが多いので連下評価に留めるのが妥当。
      • 前走、去年の阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)[阪神・芝1600]では2番人気でソダシから0.0秒差の2着。
    7. 17番:ホウオウイクセル
      • 父:ルーラーシップ × 母父:スペシャルウィーク
      • 血統的に距離短縮はマイナス材料。
      • これまで馬券圏外になったことがないだけに人気がないのなら押さえておきたい。
      • 前走、フラワーカップ(GIII)[中山・芝1800]では5番人気で0.2秒差つけて勝っている。
    8. 4番:ソダシ
      • 父:クロフネ × 母父:キングカメハメハ
      • 過去の桜花賞では4連勝以上していた馬が意外と苦戦している。
      • 前走、去年の阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)[阪神・芝1600]では1番人気でサトノレイナスに勝っている。
    9. 1番:ストライプ
      • 父:ルーラーシップ × 母父:ダイワメジャー
      • 前走、クロッカスS(L)[東京・芝1400]では1番人気で0.2秒差つけて勝っている。
    10. 10番:アールドヴィーヴル
      • 父:キングカメハメハ × 母父:ディープインパクト
      • まだキャリア2戦なので幻想がある。
      • 前走、クイーンカップ(GIII)[東京・芝1600]では5番人気でアカイトリノムスメから0.0秒差の2着。
    11. 5番:アカイトリノムスメ
      • 父:ディープインパクト × 母父:キングカメハメハ
      • G1を多く勝った名牝からG1馬が生まれる可能性はかなり低いハズ。
      • 過去10年、新馬戦で6着以下に負けていた馬は【0-0-0-14】と苦戦傾向。
      • 前走、クイーンカップ(GIII)[東京・芝1600]では2番人気でアールドヴィーヴルを負かして勝っている。
    12. 12番:ヨカヨカ
      • 父:スクワートルスクワート × 母父:Danehill Dancer
      • 過去10年、前走がフィリーズレビュー(GII)だった馬は1番人気だった馬を除くと【0-0-0-49】と大苦戦傾向。
      • 前走、フィリーズレビュー(GII)[阪神・芝1400]では2番人気でシゲルピンクルビーから0.1秒差の2着。
    13. 15番:シゲルピンクルビー
      • 父:モーリス × 母父:High Chaparral
      • 半姉は2019年の桜花賞2着馬であるシゲルピンクダイヤ。
      • 過去10年、前走がフィリーズレビュー(GII)だった馬は1番人気だった馬を除くと【0-0-0-49】と大苦戦傾向。
      • 前走、フィリーズレビュー(GII)[阪神・芝1400]では8番人気で勝っている。
    14. 14番:ミニーアイル
      • 父:ミッキーアイル × 母父:Petionville
      • 過去10年、前走がフィリーズレビュー(GII)だった馬は1番人気だった馬を除くと【0-0-0-49】と大苦戦傾向。
      • 前走、フィリーズレビュー(GII)[阪神・芝1400]では11番人気でシゲルピンクルビーから0.2秒差の3着。
    15. 11番:ジネストラ
      • 父:ロードカナロア × 母父:サンデーサイレンス
      • 過去10年、新馬戦で6着以下に負けていた馬は【0-0-0-14】と苦戦傾向。
      • 前走、アネモネS(L)[中山・芝1600]では6番人気で0.1秒差の2着。
    16. 6番:ストゥーティ
      • 父:モーリス × 母父:ゼンノロブロイ
      • 前走、チューリップ賞(GII)[阪神・芝1600]では4番人気でメイケイエールからの3着。
    17. 9番:エンスージアズム
      • 父:ディープインパクト × 母父:Storm Cat
      • 前走、フラワーカップ(GIII)[中山・芝1800]では2番人気でホウオウイクセルから0.2秒差の2着。
    18. 3番:ブルーバード
      • 父:リーチザクラウン × 母父:Elusive Quality
      • 過去10年、前走がフィリーズレビュー(GII)だった馬は1番人気だった馬を除くと【0-0-0-49】と大苦戦傾向。
      • 前走、フィリーズレビュー(GII)[阪神・芝1400]では15番人気でシゲルピンクルビーから1.2秒差の15着。

    馬券の買い目はフォーメーション方式でこちら。

    【1着】: 8, 16, 2

    【2着】: 8, 16, 2, 13, 7, 18

    【3着】: 8, 16, 2, 13, 7, 18, 17, 4

  • 競馬予想『第65回 大阪杯(GI)』

    2021-04-04 00:32

    2021年4月4日15時40分、発走の「第65回 大阪杯(GI)」の枠順が発表された。

    出走表はこちら

    各馬の評価は、評価順にこちら。

    ※各馬の評価は、レース発走まで随時更新していきます。
      最終更新日時:2021年4月4日0時32分37秒
    1. 2番:サリオス
      • 父:ハーツクライ × 母父:Lomitas
      • 近年、大阪杯は内枠有利になる傾向。
      • ハーツクライ産駒だけにディープインパクト産駒のコントレイルよりも成長している可能性あり。
    2. 7番:コントレイル
      • 父:ディープインパクト × 母父:Unbridled s Song
      • クラシックで活躍したディープインパクト産駒は古馬になってから苦戦する印象があるが、4歳初戦は勝つケースが多い。
    3. 12番:グランアレグリア
      • 父:ディープインパクト × 母父:Tapit
      • 去年の最優秀短距離馬だけに距離延長は不安材料。
      • 母父Tapitなので道悪になりそうなのは意外にプラスかもしれない。
    4. 1番:モズベッロ
      • 父:ディープブリランテ × 母父:Harlan s Holiday
      • 今回と同じ阪神内回りコースで行われた去年の宝塚記念(GI)[阪神・芝2200]では3着に好走している。
      • 当日が雨予報なのはプラス材料。
    5. 8番:レイパパレ
      • 父:ディープインパクト × 母父:クロフネ
      • デビュー以来、5戦全勝とまだ底を見せていない反面、一線級の相手とはまだ戦っていない。
    6. 13番:アドマイヤビルゴ
      • 父:ディープインパクト × 母父:Elusive City
      • 阪神コース戦績【2-0-0-0】と相性が良い。
    7. 6番:ワグネリアン
      • 父:ディープインパクト × 母父:キングカメハメハ
      • 当日が雨予報なのはプラス材料。
      • 去年の大阪杯(GI)[阪神・芝2000]では4番人気で0.4秒差の5着。
      • 一昨年の大阪杯(GI)[阪神・芝2000]では4番人気で0.1秒差の3着。
    8. 5番:ペルシアンナイト
      • 父:ハービンジャー × 母父:サンデーサイレンス
      • 2018年の大阪杯(GI)[阪神・芝2000]では6番人気で0.1秒差の2着。
    9. 4番:ブラヴァス
      • 父:キングカメハメハ × 母父:ディープインパクト
      • 前走、金鯱賞(GII)[中京・芝2000]では1.8秒差の10着と負け過ぎ。
    10. 10番:カデナ
      • 父:ディープインパクト × 母父:French Deputy
      • 去年の大阪杯(GI)[阪神・芝2000]では11番人気ながら0.2秒差の4着と健闘している。
    11. 9番:クレッシェンドラヴ
      • 父:ステイゴールド × 母父:Sadler’s Wells
      • このメンバー相手では実力不足。
      • 当日が雨予報なのはプラス材料。
    12. 3番:アーデントリー
      • 父:エイシンフラッシュ × 母父:リンカーン
      • このメンバー相手では実力不足。
    13. 11番:ハッピーグリン
      • 父:ローエングリン × 母父:アグネスタキオン
      • このメンバー相手では実力不足。

    馬券の買い目はフォーメーション方式でこちら。

    【1着】: 2, 7

    【2着】: 2, 7

    【3着】: 2, 7, 12, 1