• 競馬予想『第64回 大阪杯(GI)』

    2020-04-05 00:08

    2020年4月5日15時40分、発走の「第64回 大阪杯(GI)」の枠順が発表された。

    出走表はこちら

    各馬の評価は、評価順にこちら。

    ※各馬の評価は、レース発走まで随時更新していきます。
      最終更新日時:2020年4月5日0時7分18秒
    1. 8番:ダノンキングリー
      • 父:ディープインパクト × 母父:Storm Cat
      • 前走、中山記念(GII)では1番人気でラッキーライラックに0.3秒差つけて勝っている。
      • またG1を勝っていないが、今回のメンバーならば初G1制覇できそう。
    2. 4番:ワグネリアン
      • 父:ディープインパクト × 母父:キングカメハメハ
      • 前走、去年のジャパンカップ(GI)では2番人気で0.3秒差の3着。
      • 去年の大阪杯(GI)では4番人気で0.1秒差の3着。
    3. 5番:ラッキーライラック
      • 父:オルフェーヴル × 母父:Flower Alley
      • 前走、中山記念(GII)では2番人気でダノンキングリーから0.3秒差の2着。
      • 去年の香港ヴァーズ(G1)[シャティン・芝2400]では0.3秒差の2着。
      • 鞍上のミルコ・デムーロ騎手に期待する。
    4. 3番:ブラストワンピース
      • 父:ハービンジャー × 母父:キングカメハメハ
      • 前走、アメリカジョッキークラブカップ(GII)では1番人気でステイフーリッシュに0.2秒差つけて勝っている。
      • 去年の大阪杯(GI)では1番人気を裏切って0.3秒差の6着。
      • ムラがある馬だけに重賞を勝った次走はあまり重視したくない。
    5. 6番:レッドジェニアル
      • 父:キングカメハメハ × 母父:マンハッタンカフェ
      • 前走、日経新春杯(GII)では1番人気で0.8秒差の7着。
    6. 12番:クロノジェネシス
      • 父:バゴ × 母父:クロフネ
      • 前走、京都記念(GII)では1番人気で0.4秒差つけて勝っている。
      • 前走勝ったとはいえ、牡馬混合戦では未知数な部分が多い。
    7. 9番:マカヒキ
      • 父:ディープインパクト × 母父:フレンチデピュティ
      • 前走、去年のジャパンカップ(GI)では12番人気で0.6秒差の4着。
      • 去年の大阪杯(GI)では10番人気で0.2秒差の4着。
      • 2017年の大阪杯(GI)では2番人気で0.4秒差の4着。
    8. 10番:ジナンボー
      • 父:ディープインパクト × 母父:キングカメハメハ
      • 前走、小倉大賞典(GIII)では2番人気でカデナから0.3秒差の3着。
    9. 1番:ロードマイウェイ
      • 父:ジャスタウェイ × 母父:ジャングルポケット
      • 前走、金鯱賞(GII)では2番人気で1.2秒差の10着。
      • 現状ではG1クラスでは厳しい印象。
    10. 11番:カデナ
      • 父:ディープインパクト × 母父:French Deputy
      • 前走、小倉大賞典(GIII)では4番人気で0.3秒差つけて勝っている。
    11. 7番:ステイフーリッシュ
      • 父:ステイゴールド × 母父:キングカメハメハ
      • 前走、京都記念(GII)では3番人気で0.7秒差の3着。
      • 重賞で安定した戦績を残しているが、G1では厳しい印象。
    12. 2番:サトノソルタス
      • 父:ディープインパクト × 母父:Petionville
      • 前走、金鯱賞(GII)では8番人気で0.3秒差の2着。

    馬券の買い目はフォーメーション方式でこちら。

    【1着】: 8, 4

    【2着】: 8, 4, 5, 3

    【3着】: 8, 4, 5, 3, 6, 12

  • 広告
  • 競馬予想『第50回 高松宮記念(GI)』

    2020-03-29 00:25

    2020年3月29日15時40分、発走の「第50回 高松宮記念(GI)」の枠順が発表された。

    出走表はこちら

    各馬の評価は、評価順にこちら。

    ※各馬の評価は、レース発走まで随時更新していきます。
      最終更新日時:2020年3月29日0時25分26秒
    1. 6番:ダノンスマッシュ
      • 父:ロードカナロア × 母父:Hard Spun
      • 前走、オーシャンS(GIII)では1番人気でナックビーナスに0.2秒差つけて勝っている。
      • 去年のスプリンターズS(GI)では1番人気でタワーオブロンドンから0.1秒差の3着。
      • 中京コースでは【0-0-0-2】と2度とも1番人気を裏切っている。
    2. 3番:ダイアトニック
      • 父:ロードカナロア × 母父:サンデーサイレンス
      • 前走、阪急杯(GIII)では1番人気で0.0秒差の3着。
      • 内目の枠になったので上手くいけば頭まで狙えそう。
      • 安田隆行厩舎2頭出しの人気薄。
    3. 1番:ステルヴィオ
      • 父:ロードカナロア × 母父:ファルブラヴ
      • 前走、阪急杯(GIII)では4番人気で0.2秒差の5着。
      • 人気もそこまでないので最内枠を利した競馬を期待したい。
      • サンデーレーシング2頭出しの人気薄。
    4. 2番:アウィルアウェイ
      • 父:ジャスタウェイ × 母父:キングカメハメハ
      • 前走、シルクロードS(GIII)では3番人気で勝っている。
      • 前哨戦で好走している馬は押さえておきたい。
    5. 16番:モズスーパーフレア
      • 父:Speightstown × 母父:Belong to Me
      • 前走、シルクロードS(GIII)では2番人気でアウィルアウェイから0.2秒差の4着。
      • 去年のスプリンターズS(GI)では3番人気でタワーオブロンドンから0.1秒差の2着。
      • 中京戦績【0-0-0-3】と相性が悪いが、陣営は去年の失敗を活かした調整をしている様なので期待したい。
    6. 9番:タワーオブロンドン
      • 父:Raven s Pass × 母父:Dalakhani
      • 前走、オーシャンS(GIII)では2番人気でダノンスマッシュから0.7秒差の3着。
      • 去年のスプリンターズS(GI)では2番人気で勝っている。
      • 藤沢和雄厩舎2頭出しの人気薄。
    7. 8番:グランアレグリア
      • 父:ディープインパクト × 母父:Tapit
      • 前走、去年の阪神カップ(GII)では1番人気で0.8秒差つけて勝っている。
      • 芝1200m戦が初となるのは不安材料。
      • 母系がダート血統なので道悪馬場もこなすかもしれない。
    8. 10番:アイラブテーラー
      • 父:トーセンラー × 母父:ダンスインザダーク
      • 前走、淀短距離S(L)[京都・芝1200]では1番人気で勝っている。
      • 去年の京阪杯(GIII)では3番人気で0.3秒差の2着。
      • デビュー以来、連対を外したことがないので幻想あり。
      • 今週、調教をしてないらしいのは不安。
    9. 4番:ティーハーフ
      • 父:ストーミングホーム × 母父:Green Desert
      • 前走、オーシャンS(GIII)では12番人気でダノンスマッシュから1.3秒差の9着。
      • シルクロードS(GIII)では14番人気でアウィルアウェイから0.9秒差の13着。
      • 去年の高松宮記念(GI)では11番人気で0.3秒差の5着。
      • ゴドルフィン2頭出しの人気薄。
    10. 15番:ナックビーナス
      • 父:ダイワメジャー × 母父:More Than Ready
      • 前走、オーシャンS(GIII)では3番人気でダノンスマッシュから0.2秒差の2着。
      • 一昨年の高松宮記念(GI)では10番人気で0.1秒差の3着。
    11. 12番:セイウンコウセイ
      • 父:アドマイヤムーン × 母父:Capote
      • 前走、シルクロードS(GIII)では10番人気でアウィルアウェイから0.2秒差の5着。
      • 去年の高松宮記念(GI)では12番人気で0.1秒差の2着。
      • 2017年の高松宮記念(GI)では5番人気で0.2秒差つけて勝っている。
      • 過去10年、アドマイヤムーン産駒が好走傾向。
    12. 18番:ノームコア
      • 父:ハービンジャー × 母父:クロフネ
      • 芝1200m戦が初となるのは不安材料。
      • 去年、左回りコースで重賞を2勝しているので左回りコース適性はある。
      • 大外枠になってしまったのは厳しい。
    13. 14番:モズアスコット
      • 父:Frankel × 母父:Hennessy
      • 前走、フェブラリーS(GI)では1番人気で0.4秒差つけて勝っている。
      • ダート戦で好走した結果で人気をしているだけに買いたくない。
    14. 7番:グルーヴィット
      • 父:ロードカナロア × 母父:スペシャルウィーク
      • 前走、ニューイヤーS(L)[中山・芝1600]では1番人気で0.5秒差の7着。
      • 中京戦績【1-1-0-0】と相性が良い。
    15. 17番:シヴァージ
      • 父:First Samurai × 母父:Indian Charlie
      • 前走、北九州短距離S(OP)[小倉・芝1200]では1番人気で勝っている。
      • 淀短距離S(L)[京都・芝1200]では2番人気でアイラブテーラーから0.2秒差の4着。
    16. 11番:クリノガウディー
      • 父:スクリーンヒーロー × 母父:ディアブロ
      • 前走、阪急杯(GIII)では3番人気で0.4秒差の7着。
      • 東京新聞杯(GIII)では5番人気で0.1秒差の3着。
      • 中京コースでは、去年の中京記念(GIII)で2着に好走している。
    17. 5番:ラブカンプー
      • 父:ショウナンカンプ × 母父:マイネルラヴ
      • 復活の気配なし。
    18. 13番:ダイメイプリンセス
      • 父:キングヘイロー × 母父:ダンスインザダーク
      • 前走、オーシャンS(GIII)では5番人気でダノンスマッシュから1.0秒差の7着。
      • シルクロードS(GIII)では12番人気でアウィルアウェイから0.5秒差の10着。
      • 去年の高松宮記念(GI)では9番人気で1.8秒差の16着。

    馬券の買い目はフォーメーション方式でこちら。

    【1着】: 6, 3, 1

    【2着】: 6, 3, 1, 2, 16, 9

    【3着】: 6, 3, 1, 2, 16, 9, 8, 10, 4

  • 競馬予想『第69回 スプリングS(GII)』

    2020-03-22 00:01

    2020年3月22日15時45分、発走の「第69回 スプリングS(GII)」の枠順が発表された。

    出走表はこちら

    各馬の評価は、評価順にこちら。

    ※各馬の評価は、レース発走まで随時更新していきます。
      最終更新日時:2020年3月22日0時1分36秒
    1. 4番:ココロノトウダイ
      • 父:エイシンフラッシュ × 母父:アグネスタキオン
      • 前走、共同通信杯(GIII)では5番人気で0.8秒差の5着。
      • このレースはエイシンフラッシュ産駒が3頭出走している。
    2. 9番:サクセッション
      • 父:キングカメハメハ × 母父:Diktat
      • 前走、ジュニアカップ(L)[中山・芝1600]では1番人気で0.4秒差つけて勝っている。
      • このレースではマイル実績のある馬が好走傾向。
    3. 5番:ファルコニア
      • 父:ディープインパクト × 母父:Hawk Wing
      • 前走、あすなろ賞(1勝クラス)[小倉・芝2000]では2番人気で勝っている。
      • 連勝中のディープインパクト産駒は押さえておきたい。
      • 同じ日にトーセンカンビーナも別の重賞に出走している。
    4. 3番:ヴェルトライゼンデ
      • 父:ドリームジャーニー × 母父:Acatenango
      • 前走、去年のホープフルS(GI)では3番人気で0.2秒差の2着。
      • 実績的には最上位だが、何かに負けそうな気がするので頭で勝負したくない。
    5. 8番:アオイクレアトール
      • 父:キングカメハメハ × 母父:アグネスタキオン
      • 前走、3歳1勝クラス[東京・芝1600]では1番人気で0.0秒差の2着。
      • 1勝クラスで3走連続馬券圏内に好走している。
    6. 2番:シルバーエース
      • 父:ワールドエース × 母父:Sea The Stars
      • 前走、つばき賞(1勝クラス)[京都・芝1800]では5番人気で0.3秒差の3着。
    7. 7番:ガロアクリーク
      • 父:キンシャサノキセキ × 母父:Kingmambo
      • 前走、水仙賞(1勝クラス)[中山・芝2200]では6番人気で0.3秒差の4着。
    8. 1番:エン
      • 父:Tavistock × 母父:Northern Meteor
      • 前走、共同通信杯(GIII)では6番人気で1.8秒差の7着。
    9. 10番:ラグビーボーイ
      • 父:エイシンフラッシュ × 母父:フジキセキ
      • 前走、セントポーリア賞(1勝クラス)[東京・芝1800]では8番人気で0.5秒差の8着。
      • このレースはエイシンフラッシュ産駒が3頭出走している。
    10. 6番:ガミラスジャクソン
      • 父:エイシンフラッシュ × 母父:ディープインパクト
      • 去年の紫菊賞(1勝クラス)[京都・芝2000]では4.1秒差の7着と今回好走できる下地無し。
      • このレースはエイシンフラッシュ産駒が3頭出走している。

    馬券の買い目はフォーメーション方式でこちら。

    【1着】: 4, 9, 5

    【2着】: 4, 9, 5, 3

    【3着】: 4, 9, 5, 3, 8