競馬予想『第37回 フェブラリーS(GI)』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

競馬予想『第37回 フェブラリーS(GI)』

2020-02-23 00:44

    2020年2月23日15時40分、発走の「第37回 フェブラリーS(GI)」の枠順が発表された。

    出走表はこちら

    各馬の評価は、評価順にこちら。

    ※各馬の評価は、レース発走まで随時更新していきます。
      最終更新日時:2020年2月23日0時44分12秒
    1. 9番:サンライズノヴァ
      • 父:ゴールドアリュール × 母父:サンダーガルチ
      • 前走、武蔵野S(GIII)では本来の競馬ができなかったので度外視できる。
      • 去年の南部杯(JpnI)[盛岡・D1600]ではアルクトスに0.3秒差つけて勝っている。
      • 東京戦績【6-3-0-5】と相性が良い。
      • フェブラリーSではゴールドアリュール産駒が好走傾向。
    2. 2番:アルクトス
      • 父:アドマイヤオーラ × 母父:シンボリクリスエス
      • 東京戦績【5-1-0-0】と相性抜群。
      • 前走、去年の南部杯(JpnI)[盛岡・D1600]では2番人気でサンライズノヴァから0.3秒差の2着。
      • 去年のプロキオンS(GIII)では2番人気でミッキーワイルドに勝っている。
    3. 13番:デルマルーヴル
      • 父:パイロ × 母父:コマンズ
      • 長い距離で実績を残しているが、パイロ産駒なので血統的には距離短縮はプラス材料。
      • 前走、川崎記念(JpnI)[川崎・D2100]では1.4秒差の3着。
      • 去年の名古屋グランプリ(JpnII)[名古屋・D2500]では1番人気で勝っている。
    4. 5番:インティ
      • 父:ケイムホーム × 母父:Northern Afleet
      • 前走、東海S(GII)では1番人気で0.2秒差の3着。
      • 去年のフェブラリーS(GI)では1番人気で勝っている。
      • 今回は他に逃げそうな馬がいないので展開面で有利になりそう。
    5. 12番:モズアスコット
      • 父:Frankel × 母父:Hennessy
      • 前走、根岸S(GIII)では初ダートで重賞を勝つという離れ業をやってのけた。
      • 前走勝ったとはいえ、ダート経験はあまりないだけに揉まれてどうなるかは未知数。
      • 最近のルメール騎手は重賞で1番人気の馬に乗ると凡走する印象。
    6. 6番:ミッキーワイルド
      • 父:ロードカナロア × 母父:ファルブラヴ
      • 前走、根岸S(GIII)では2番人気に推されていただけに巻き返しに期待。
      • 去年のプロキオンS(GIII)では2番人気でアルクトスから0.1秒差の2着。
      • 東京戦績【3-2-1-1】と相性が良い。
    7. 11番:モジアナフレイバー
      • 父:バトルプラン × 母父:フレンチデピュティ
      • 前走、去年の東京大賞典(GI)では4番人気で0.6秒差の3着。
      • 去年の南部杯(JpnI)[盛岡・D1600]ではサンライズノヴァから0.6秒差の4着。
    8. 4番:タイムフライヤー
      • 父:ハーツクライ × 母父:ブライアンズタイム
      • 前走、去年のチャンピオンズカップ(GI)では8番人気で0.7秒差の8着。
      • 去年の武蔵野S(GIII)では8番人気でワンダーリーデルから0.2秒差の2着。
    9. 14番:ミューチャリー
      • 父:パイロ × 母父:ブライアンズタイム
      • パイロ産駒だけに距離短縮はプラス材料になるかもしれない。
      • 前走、川崎記念(JpnI)[川崎・D2100]では6番人気で1.4秒差の4着。
      • 去年のジャパンダートダービー(JpnI)[大井・D2000]では0.6秒差の3着。
    10. 7番:ヴェンジェンス
      • 父:カジノドライヴ × 母父:スペシャルウィーク
      • 前走、東海S(GII)では3番人気で0.1秒差の2着。
      • 去年のチャンピオンズカップ(GI)では10番人気で0.7秒差の7着。
      • 去年のみやこS(GIII)では7番人気でキングズガードに勝っている。
    11. 16番:ワンダーリーデル
      • 父:スタチューオブリバティ × 母父:マヤノトップガン
      • 今回と同じコース距離である去年の武蔵野S(GIII)ではタイムフライヤーに0.2秒差つけて勝っている。
    12. 3番:ワイドファラオ
      • 父:ヘニーヒューズ × 母父:アグネスタキオン
      • 前走、根岸S(GIII)ではモズアスコットから0.5秒差の5着。
      • 今回と同じコース距離である去年のユニコーンS(GIII)を勝っている。
    13. 10番:ノンコノユメ
      • 父:トワイニング × 母父:アグネスタキオン
      • 前走、去年の東京大賞典(GI)では5番人気で0.2秒差の2着。
      • 一昨年のフェブラリーS(GI)を勝っている。
      • 東京戦績【6-1-1-3】と相性が良い。
    14. 8番:キングズガード
      • 父:シニスターミニスター × 母父:キングヘイロー
      • 前走、東海S(GII)では0.7秒差の5着。
      • 去年のチャンピオンズカップ(GI)では13番人気で0.6秒差の5着。
      • 去年のみやこS(GIII)では10番人気でヴェンジェンスから0.1秒差の2着。
    15. 1番:ブルドッグボス
      • 父:ダイワメジャー × 母父:デインヒル
      • 去年のJBCスプリント(JpnI)[浦和・D1400]では6番人気で勝っている。
      • マイル戦での距離実績なし。
    16. 15番:ケイティブレイブ
      • 父:アドマイヤマックス × 母父:サクラローレル
      • 近2走、大敗続き。
      • 2017年のフェブラリーS(GI)では11番人気で0.5秒差の6着。
      • G1馬なので実力的には侮れないが、鞍上が重賞初騎乗では買えない。

    馬券の買い目はフォーメーション方式でこちら。

    【1着】: 9, 2, 13

    【2着】: 9, 2, 13, 5

    【3着】: 9, 2, 13, 5, 12, 6, 11, 4, 14

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。