競馬予想『第15回 ヴィクトリアマイル(GI)』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

競馬予想『第15回 ヴィクトリアマイル(GI)』

2020-05-17 00:45

    2020年5月17日15時40分、発走の「第15回 ヴィクトリアマイル(GI)」の枠順が発表された。

    出走表はこちら

    各馬の評価は、評価順にこちら。

    ※各馬の評価は、レース発走まで随時更新していきます。
      最終更新日時:2020年5月17日0時44分52秒
    1. 18番:サウンドキアラ
      • 父:ディープインパクト × 母父:アグネスデジタル
      • アーモンドアイが負けるとしたら、差し遅れて先行馬に逃げ切られるパターンという気がする。
      • 今年、重賞3連勝中と勢い有り。
      • 大外枠になってしまったのはマイナス材料。
      • 雨が残る馬場になる様ならば有利。
    2. 1番:ラヴズオンリーユー
      • 父:ディープインパクト × 母父:Storm Cat
      • アーモンドアイが負けるとしたら、若い4歳牝馬だという気がする。
      • ここまで5戦4勝と底を見せていない魅力がある。
      • 東京コースでは、去年のオークス(GI)を1番人気で勝っている。
    3. 5番:プリモシーン
      • 父:ディープインパクト × 母父:Fastnet Rock
      • 牡馬混合戦のマイル重賞を2度も勝っており、マイル実績だけならアーモンドアイより格上。
      • 今年、同じコース距離で行われた東京新聞杯(GIII)を勝っている。
      • 去年のヴィクトリアマイル(GI)ではノームコアから0.0秒差の2着。
    4. 12番:アーモンドアイ
      • 父:ロードカナロア × 母父:サンデーサイレンス
      • 現役最強馬だけに実績的には断然の存在。
      • ドバイ遠征の影響で追い切り本数が少ないのが不安材料。
      • 忘れた頃に出遅れ癖が再発するかもしれない。
    5. 3番:シャドウディーヴァ
      • 父:ハーツクライ × 母父:Dansili
      • 前走、阪神牝馬S(GII)では5番人気でサウンドキアラから0.8秒差の12着。
      • 東京新聞杯(GIII)ではプリモシーンから0.1秒差の2着。
    6. 7番:ダノンファンタジー
      • 父:ディープインパクト × 母父:Not For Sale
      • いつもは前哨戦で勝って本番で負ける馬が、今回は前哨戦で負けているのは逆に本番で走るパターンかもしれない。
      • 前走、阪神牝馬S(GII)では1番人気でサウンドキアラから0.4秒差の5着。
    7. 2番:ビーチサンバ
      • 父:クロフネ × 母父:サンデーサイレンス
      • クロフネ産駒は東京マイルで好走傾向。
      • 前走、阪神牝馬S(GII)では3番人気でサウンドキアラから0.4秒差の4着。
    8. 16番:ノームコア
      • 父:ハービンジャー × 母父:クロフネ
      • 東京マイルは重賞で2戦2勝と相性抜群。
      • 去年のヴィクトリアマイル(GI)ではプリモシーンを負かして勝っている。
    9. 14番:スカーレットカラー
      • 父:ヴィクトワールピサ × 母父:ウォーエンブレム
      • 前走、阪神牝馬S(GII)では6番人気でサウンドキアラから0.2秒差の2着。
      • 去年の府中牝馬S(GII)では0.2秒差つけて勝っている。
    10. 17番:コントラチェック
      • 父:ディープインパクト × 母父:Halling
      • 前走、中山牝馬S(GIII)では1.5秒差の16着と負け過ぎの感があるが、逃げ馬なので気にしなくて良いかも。
      • 去年のターコイズS(GIII)では0.3秒差つけて勝っている。
    11. 4番:シゲルピンクダイヤ
      • 父:ダイワメジャー × 母父:High Chaparral
      • 前走、阪神牝馬S(GII)では2.1秒差の16着と負け過ぎの感あり。
    12. 13番:トロワゼトワル
      • 父:ロードカナロア × 母父:ハーツクライ
      • 去年の京成杯オータムハンデキャップ(GIII)では高速ラップで逃げて圧勝している。
    13. 11番:サトノガーネット
      • 父:ディープインパクト × 母父:Victory Note
      • マイルでの実績は無いが、芝2000mで牡馬混合重賞を勝っている。
    14. 6番:トーセンブレス
      • 父:ディープインパクト × 母父:ファルブラヴ
      • 前走、武庫川S(3勝クラス)[阪神・芝1600]では0.2秒差つけて勝っている。
      • 一昨年の桜花賞(GI)ではアーモンドアイから0.7秒差の4着と好走している。
    15. 9番:セラピア
      • 父:オルフェーヴル × 母父:Tapit
      • 前走、難波S(3勝クラス)[阪神・芝1800]では0.2秒差つけて勝っている。
    16. 10番:メジェールスー
      • 父:ロードカナロア × 母父:フジキセキ
      • 母エイジアンウインズはウオッカを負かしてヴィクトリアマイルを勝った馬。
      • 前走、阪神牝馬S(GII)では13番人気でサウンドキアラから0.8秒差の11着。
    17. 15番:アルーシャ
      • 父:ディープインパクト × 母父:Tapit
      • 牡馬混合戦のオープン競走を勝った実績あり。
    18. 8番:ディメンシオン
      • 父:ディープインパクト × 母父:Montjeu
      • 出走取消。

    馬券の買い目はフォーメーション方式でこちら。

    【1着】: 18, 1, 5

    【2着】: 18, 1, 5, 12

    【3着】: 18, 1, 5, 12, 3, 7, 2, 16, 14

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。