競馬予想『第123回 エクリプスS(G1)』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

競馬予想『第123回 エクリプスS(G1)』

2020-07-05 22:54

    2020年7月5日23時35分、発走の「第123回 エクリプスS(G1)」の枠順が発表された。

    出走表はこちら

    各馬の評価は、評価順にこちら。

    ※各馬の評価は、レース発走まで随時更新していきます。
      最終更新日時:2020年7月5日22時53分51秒
    1. 3番:ジャパン
      • 父:Galileo × 母父:Danehill
      • 休養明けを一叩きした効果に期待。
      • 過去10年、牡馬が【9-9-8-27】と圧倒的に好走傾向。
      • 前走がプリンスオブウェールズS(G1)だった馬が好走傾向。
      • 前走、プリンスオブウェールズS(G1)では1番人気で0.9秒差の4着に負けている。
    2. 2番:ガイヤース
      • 父:Dubawi × 母父:Galileo
      • 過去10年、牡馬が【9-9-8-27】と圧倒的に好走傾向。
      • 前走、コロネーションカップ(G1)を0.4秒差つけて勝っている。
    3. 6番:エネイブル
      • 父:Nathaniel × 母父:Sadler's Wells
      • 過去10年、牝馬が苦戦傾向だが去年は牝馬のワンツー決着だった。
      • 年齢を重ねて仕上がりが遅くなったと調教師がコメントしていたのは不安材料。
    4. 7番:マジックワンド
      • 父:Galileo × 母父:Dansili
      • 過去10年、牝馬が苦戦傾向だが去年は牝馬のワンツー決着だった。
      • オーストラリアや香港で日本馬と戦っているので馴染み深い。
    5. 5番:ディアドラ
      • 父:ハービンジャー × 母父:スペシャルウィーク
      • 過去10年、牝馬が苦戦傾向だが去年は牝馬のワンツー決着だった。
      • 海外に長期滞在して海外の環境に適した馬体になっていることに期待する。
    6. 1番:バンコク
      • 父:Australia × 母父:Darshaan
      • 前走がプリンスオブウェールズS(G1)だった馬が好走傾向。
      • 前走、プリンスオブウェールズS(G1)では7番人気で0.9秒差の5着に負けている。
    7. 4番:リーガルリアリティ
      • 父:Intello × 母父:Medicean
      • このメンバー相手だと厳しい印象。

    馬券の買い目はフォーメーション方式でこちら。

    【1着】: 3, 2

    【2着】: 3, 2, 6

    【3着】: 3, 2, 6, 7

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。