【ポケモンUSUM/akiとさ杯参加構築】ポケモン第七世代におけるすいすい統一【特性統一】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモンUSUM/akiとさ杯参加構築】ポケモン第七世代におけるすいすい統一【特性統一】

2019-10-27 23:57
    1. はじめに
     2019年はまったくポケモンをやってなかったのですが、ソード/シールドの発売が近づくにつれてモチベーションが上がったり下がったりしており、ちょうど上がっている10月26日に大規模な仲間大会『愛は君を裏切らない...!秋だからって泣かないでくれ!でもね人はそれを【成長】と呼ぶんだよ杯(略称:akiとさ杯)』に参加しました。実際はそのちょっと前から一人で温めたり温めなかったりしているすいすい統一PTを調整し、大会に臨みました。今回は自分なりに研究している「特性統一」というカテゴリの中でも、すいすい統一の一応の第七世代における結論("限りなく需要の無い個人の見解"とも言う)としてPTの内容と大会の結果を日記に残していきたいと思います。ちなみにPT内容はこちらのパーティの改良版です。


    2. 大会の結果
     PT内容についてはグダグダ長く書いてしまうと思うので、先に簡単に大会の感想と自身の結果を書きます。はじめに、PGLにて集計された大会におけるポケモンの使用率ランキングを掲載します。


    いや、ヤバいでしょ。最上位層の"ちょっと強い風で吹き飛ぶ感"がすごい。なんだこのメンツ...。普段のレート戦ではほとんど見ないオーロットが1位ですが、確かによくマッチングした記憶があります。後述しますが我がすいすい統一は草タイプが死ぬほど重くなっているためオーロットにはめちゃくちゃビビっていたのですが、なぜかあまり出てくることはなく、かわりによくわからない進化前ポケモンが出てきて、もりのヨウカンを投げつける仕事をこなして退場したりしていました。ポケモンバトル、深い。交流戦色の強い仲間大会だったため、様々な珍しいポケモンを見ることができて良かったです。でも普通にミュウで壁張りして剣舞神速するアルセウスのPTにタテられた対戦もありました。楽しかったです。





     僕の大会結果は19勝11敗の43位でした。エントリー数が353人だったので、上位12%くらいに入っていると考えるとかなり上に行けたようなそうでもないような気がします。一時はレートが1630くらいまで上がり、最終的に1650まで行きたいなーなんて考えていましたが、最終盤で怒涛の連敗をかまし結局1500台でフィニッシュしました。勝率は63%。今まで出てきた大会で毎回勝率60%~66%に収まるし、僕自身の腕前は普通くらいだと思っているので、なんとなくこの辺りが平均値というか、勝率分布のベルカーブの頂点はここら辺なのかななどと思っています。


    3. PT紹介



    ハリーセン(NN:ハリス)@きあいのタスキ
    特性:すいすい
    性格:ようき
    技:アクアテール, どくづき, あまごい, みちづれ
    努力値:0-252-116-0-0-140
    実数値:140-147-127-xx-75-135

    S:最速70族抜き, 雨天下で準速スカーフ127族抜き

    A182テクニシャンキノガッサのタネマシンガン(1発)23.5%〜27.8%

    どくづき
    ・無振り無振りキノガッサ99.2%〜117%

     gif画像の活きが良い。先発させて雑にタスキで耐えて雨を降らせるポケモン。たまに生き残って意外と火力の高い雨アクアテールやどくづきで削ることもある。タイプが被りまくっているすいすい統一は交代戦をする余裕が無いため、みちづれで1-1交換ができるとかなり楽になる。でもなかなか決まらない。以前はいじっぱりの遅めの調整で使っていたが、最悪の敵の1匹であるキノガッサに上を取られた瞬間にゲームが終わってしまうため最速70族を抜いておいた。タスキを削りつつあわよくば2回行動できればいいなという願いが込められている。


    ガマゲロゲ(NN:ゲオルグ)@しめったいわ
    特性:すいすい
    性格:おくびょう
    技:こごえるかぜ, あまごい, ステルスロック, どくどく
    努力値:84-0-68-4-124-228
    実数値:191-xx-104-106-111-135

    S:最速70族抜き, ランク-1最速131族抜き, 雨天下最速スカーフ111族抜き

    A233メガバシャーモのとびひざげり86.3%〜102%
    A216スカイスキンメガボーマンダのすてみタックル88.4%〜104.1%
    サイコフィールド上でC200カプ・テテフのサイコキネシス72.2%〜85.3%
    C147カプ・コケコのくさむすび(80)83.7%〜100.5%

    こごえるかぜ
    ・H4振りメガボーマンダ49.1%〜58.4%

     めちゃくちゃ色々な役割を持ってほしいポケモン。でも種族値も技スぺも足りない。よくあるカプ・コケコや霊獣ランドロスの先発にアンニュイに対応してほしいが、カプ・コケコへの打点は無いし別に霊獣ランドロスも倒せない。あとはほえるを覚えないというまさかの仕様のせいでギャラドスにりゅうのまいを積まれてそのまま3タテも普通にあるため相当悲しい。しかし程よく耐久性があって強化あまごい+ステルスロックという仕事を果たしてくれる可能性がある。しめったいわ、相当ナメてたけど8ターンも雨降っててくれるのはかなりありがたい。


    ルンパッパ(NN:パッパラッパ)@いのちのたま
    特性:すいすい
    性格:おくびょう
    技:ハイドロポンプ, ギガドレイン, れいとうビーム, めざめるパワー炎
    努力値:68-0-0-248-0-192
    実数値:164-xx-90-110-151-125

    S:最速61族抜き

    A182テクニシャンキノガッサのマッハパンチ42%〜50%

    ハイドロポンプ
    ・H252振りテッカグヤ46.5%〜55.3%

    ギガドレイン
    ・H4振りギャラドス38.5%〜45.6%
    ・H4振りメガギャラドス63.7%〜74.2%
    ・H252振りカプ・レヒレ61.5%〜71.7%

    れいとうビーム
    ・無振りガブリアス130.6%〜156.2%

    目覚めるパワー炎
    ・H252振りナットレイ69%〜83.4%

     水タイプのポケモンが突破困難なのもまた水タイプであるため、タイプ一致で草技を撃つことができるルンパッパはすいすい統一の光明である。相手の草技、電気技を等倍で受けられる点も○。技もすいすいポケモンで唯一(多分)の炎技「ほのおのパンチ」や電気技「かみなりパンチ」を覚え、大いなる可能性を感じさせてくれるポケモンである。しかしながら、種族値的に色々残念な点が多く、役割対象となっているキノガッサやナットレイに勝てるかと言えば""勝てない""。Z技を考慮してもどうしても火力が足りなくなるため、現在も明確な役割を与えることができずもやもやしている。でも小学生の頃から好き。


    アーマルド(NN:ドルマークス)@とつげきチョッキ
    特性:すいすい
    性格:ゆうかん
    技:ストーンエッジ, がんせきふうじ, けたぐり, アクアジェット
    努力値:244-252-0-0-12-0
    実数値:181-194-120-xx-102-45

    S:無振り24族抜き, 雨天下で無振り69族抜き

    A200かたいツメメガリザードンXのげきりん81.2%〜96.1%
    A114ナットレイのジャイロボール(52)30.9%〜37.5%
    晴天下でC232メガリザードンY のだいもんじ78.4%〜92.8%

    ストーンエッジ
    ・H252振りメガリザードンX90.8%〜108.1%

    けたぐり
    ・性格補正込みHB252振りナットレイ(100)40.8%〜48.6%

     すいすいポケモンの中でも水タイプでない異色の男。男らしい重火力気質の種族値配分がされている。このポケモンの注目すべき点は、炎技と草技の両方が弱点でないところである。どういうことかというと、本当に様々な理由から勝つことが厳しいすいすい統一にとって相性最悪と言っても良いポケモンがメガリザードンYなのである。そのメガリザードンYのメインの炎技をだいたい耐えつつ、ソーラービームも問題にしない唯一のすいすいポケモンがアーマルドということで採用した。それに加え、高い攻撃種族値からのタイプ一致岩技を撃つことができるため、メガリザードンX/Yへの両対応を期待することができる。その他に、素早さ実数値を限界まで下げることによってジャイロボールの威力を下げ、天敵であるナットレイとやんわり殴り合うことができるようにした(勝てるとは言っていない。夢特性の化石ポケモンを入手するのには苦労した。


    オムスター(NN:KnightofstaR)@ミズZ
    特性:すいすい
    性格:ずぶとい
    技:ハイドロポンプ, れいとうビーム, めざめるパワー炎, からをやぶる
    努力値:172-0-0-128-0-208
    実数値:177-xx-130-116-122-96

    S:無振り80族抜き, 雨天下orランク+2で最速130族抜き

    A156ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム(190)63.4%〜75.4%
    ランク-1でA207メガギャラドスのじしん87.4%〜104.1%
    ランク-1でA121テッカグヤのヘビーボンバー(120)46.7%〜55.6%
    A204カイリューのアルティメットドラゴンバーン(190)82.6%〜97.6%
    A216スカイスキンメガボーマンダのすてみタックル32.9%〜39.5%
    A197霊獣ランドロスのじしん83.8%〜100.5%

    スーパーアクアトルネード(185)
    ・H4振りミミッキュ96.9%〜114.5%
    ・H252振りメガクチート86.6%〜103.1%
    ・ランク+2でH252振りしんかのきせきポリゴン295.3%〜112.5%
    ・雨天下ランク+2でH252振りナットレイ96.1%〜112.7%
    ・雨天下ランク+2でH4振りメガギャラドス91.2%〜108.1%

    れいとうビーム
    ・無振りガブリアス107.1%〜126.7%
    ・ランク+2でH252振りジャローダ97.8%〜115.3%

    めざめるパワー炎
    ・ランク+2でH252振りナットレイ112.7%〜132.5%

     このPTで最も信頼できるポケモン。強い積み技使って殴ったらそりゃ強いよねってやつ。積みアタッカーなのに性格がずぶといなのは、ガブリアスとの対面からでもチャンスを広げたり、殻を破った後の攻撃を耐えやすくしたりしたかったから。そのためたまにポリゴン2にギリギリ耐えられることがあった。でもおおむね強い。こいつがどこからでも積んで殴れるようにPT全体を設計した方が勝ちやすくなるんじゃないかとも思う。ニックネームのセンスにめちゃくちゃ自信がある。


    ラグラージ(NN:ライジング)@ラグラージナイト
    特性:げきりゅう→すいすい
    性格:いじっぱり
    技:じしん, たきのぼり, グロウパンチ, あまごい
    努力値:60-244-0-0-0-204
    実数値:183-177-110-xx-110-106 → 183-221-130-90-130-116

    S:無振り85族抜き, 雨天下で準速スカーフ102族抜き

    A216スカイスキンメガボーマンダのすてみタックル73.7%〜87.4%
    C147こだわりメガネカプ・コケコのマジカルシャイン41.5%〜49.7%

    たきのぼり
    ・雨下で無振りカプ・コケコ99.3%〜117.9%
    ・雨天下で無振りガブリアス71%〜84.1%

    じしん
    ・無振りゲッコウガ97.9%〜116.3%
    ・H252振りメガクチート110.8%〜131.2%
    ・H252振りギルガルド(シールドフォルム)89.8%〜105.3%
    ・ランク+1で性格補正込みHB252振りドヒドイデ107%〜127.3%

     特性統一を始めるにあたって、メガシンカポケモンがいるすいすいはとんでもないアドバンテージを持っているなと思った。どのような型であっても、こいつを採用しない手はあり得ないと思う。一応自分の中では行動1ターン目にメガシンカすればOKというレギュレーションでやっているためセーフ。高い攻撃力と防御力のおかげで単体でも色々な場面から力づくで抜いていくことができた。技に関しては、じしんとたきのぼりまでは確定で残りは様々変えてきたが、勝ちの可能性を高めやすいグロウパンチとあまごいがとても強いなとなった。他にもアームハンマーとかれいとうパンチとか、ヘドロウェーブとか試してみて魅力的ではあったが。


    4. おわりに
     久し振りにポケモンのことを考えて、やっぱりこのゲームはとても楽しいな(小並感)と思いました。特性統一というのは純粋に勝っていくためには苦行でしかない取り組みだと思いますが、普通のPTを組んで戦うのとは違った面からポケモン対戦を考えることができてやりがいがあります(でも勝てない。以前にレート戦をやっていた時も1600は超えられませんでした。でもデータ表とにらめっこしながら「なんか無いかなんか無いか...」と良いPTを作るために色々なポケモンを試して試行錯誤することの充実感は凄まじいものがあります。そんな物好きで変わった趣味を、ソード/シールドでもこつこつやっていけたら、これからもたくさんのポケモンを好きになることができるんだろうなぁなどと思いました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。