ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 【シャドバ】神々環境開始~シーズン11終了 メモ書き

    2017-06-02 01:00
    はいどうも。

    特に環境考察と言うわけでもないんですが
    シーズン11はMaster昇格後
    一番やりこんだシーズンなので
    とりあえずメモ書き程度に色々書いておきます。


    まず時系列順にいろいろ起きたこと
    3/30 神々の騒乱追加
    5/1 シーズン11開始(MPランキング報酬が1万位までに拡張)
    5/23 ゼル、ライブラ、貴公子ナーフ
    なんかほかにもあったかもしれないけどまぁええやろ

    次に環境考察
    とりあえず個人的評価
    大正義:ドラゴン、ネクロ
    強いけど大正義に弱い:ビショ、ヴァンプ
    普通:ウィッチ、エルフ
    弱い(確信):ロイヤル

    神々環境に入ってというもの
    ドラネクはほんとえっぐいほど強くなりましたよね。
    そしてずっと今まで騙し騙し使ってた自分ですら
    カモレベルになるほど虐げられる状況のロイヤル
    後々ナーフされてマシになるものの
    コンロはドラゴン台頭、ライブラのせいで
    ほんと仕事できるもんじゃないレベルでしたよ。
    僕は強いものの味方なので
    今度はネクロに魂を売りました(´⊙ω⊙`)
    あとドラゴンは相手が使うと死ぬほど強いのに
    なぜか自分のプレイングだと相当勝率悪かったから嫌いです(私怨
    あと何か知らないけど
    ・5月ごろから疾走ビショが数多く出現(ネクロのカモ)
    ・ナーフ後超越ウィッチが増える(ネクロのカモ)
    ・同じく復讐ヴァンプの台頭(ネクロのカモ)
    その辺でかなり稼ぎましたね、はい
    そしてネクロの関係で先行バース感が否めない


    メインで使用してたデッキとしては
    開始直後:コントロールロイヤル
    (その後シーズン11までほぼやらなくなる)
    シーズン11開始後:アグロネクロ
    シーズン中盤から:ミッドレンジネクロ
    (使ってたアグネクを改良してたらミッドになってた)

    こんな感じでした。

    それを踏まえて
    次に自分の戦績(期間は3/30~5/31)

    自分の使用デッキと勝率、マッチ数


    前述した通りドラゴンはほんと勝率が悪い
    逆にメインで使ってたネクロは異常に勝率が高い

    メインで使ってたデッキがこれ
    アグロネクロ

    そしてそこからミラーや環境を考慮して改良していった結果
    アーキタイプが替わっていった最終的なデッキがこの下

    ミッドレンジネクロ


    とりあえず特出事項としては

    ソルコンはアグロのスケルトンファイター3枚→2枚、ソルコン1枚
    といった感じで、ファイターは便利だが3枚は事故要因になるので入れ替える形で導入
    ヘクター出す空き場所を作ったりリーパー育てつつドローできたりはなんだかんだ便利
    だが、事故要員になるためミッドレンジでも継続してピン刺しに留める

    アグロの破魂は元々コンジュラーだったが
    守護突破のためにあると便利なため入れ替え
    しかしソルコンやリリエルとの組み合わせが強いため
    ソルジャー→コンジュラー 2コス増量する形で復帰
    またミラーに強い、後攻3コス時の相手の2/3(主にグリームニル)を撃ちとれる
    進化権を使い切った7コスで3点除去しつつフォロワーも展開できるゾンパを
    マミーと入れ替える形で実装
    破魂でネクロマンスを消費しがちだったのもあって入れ替えて正解だったと思う。

    ここまできてミッドレンジになってることを自覚したので
    風神2枚、オルトロス3枚→ヘクター増量、死の祝福2枚、グリームニル2枚採用
    ここで一度オルトロスを不採用としたが
    ナーフ後4コスになり汎用性が多少下がった貴公子を2枚、
    3枚だと事故要員になりがちなハウルを2枚にして再度2枚採用
    ミラーでもリーパー処理できる芽があったり
    単純に後攻アグネク相手に処理優先できて
    やはり便利なので採用すべきと思った

    こんな感じで徐々にミッドになりました。


    次にデッキごとの勝率
    徐々にミッドレンジに変わった関係上きっぱりと別れてるわけではない、
    またミッドレンジネクロと定めてからの対戦回数の方が少ないことに留意

    アグロネクロの勝率




    ミッドレンジネクロ



    環境トップだったドラゴンに対して勝率がよくてなかなか
    でもビショはほんと無理(疾走ビショはカモ
    ネクロミラーを考慮した割にはアグネクに弱い(ミッドミラーはなぜか勝つ
    どちらも復讐ヴァンプに強くてカモ
    ロイヤルに至っては勝率100%でほんとアレ

    最後に最終MPと順位



    今まで全然やって来てないのが丸わかりの過去ランキングも晒してますが
    今回は最終的にMP10266、ランキングは6011位で
    無事1万位以内に入って新パックチケ10枚とエーテル2500個獲得できました。


    シーズン11まぁいろいろ思うところはありますけど
    個人的には特別面白い環境ではなかったですね。
    むしろ今までで一番面白くなかったまである
    報酬が1万位に拡張だからやろうと思っただけで
    面白いからやってた感じではないです。
    まぁ勝てればそりゃ嬉しいんですけどね


    とりあえず歯切れが悪いけどこの辺で終わり
    メモ書き程度だから許して

    じゃあの



    Twitter:@Hayatotiry

  • 広告
  • 【シャドウバース】Masterランク到達デッキと勝率等

    2017-01-24 23:30
    はい、こんにちは

    前回の記事からかなり期間空きましたが
    ついに自分もMasterに上がることができました。

    ブログ更新してない間のメインデッキの推移を簡単に解説すると
    AA0~AA0半ば:ミッドレンジロイヤル
    AA0~AA1半ば:冥府エルフ(ここまでエボルヴ)
    AA1半ば~ドロシーウィッチ、コントロールロイヤル
    AA3~昇格まで使ったデッキは完全にドロシーウィッチオンリー。

    ロイヤルはメインからは外れたものの結構使ってる頻度は高いです。


    ~勝率~


    ちょっと見にくいかもしれませんが、ドロシーウィッチの勝率です
    勝率は大体6割強です。
    この戦績から見るとわかる通り、ビショップにはめっぽう弱いです。
    勝率50%を切ってるのはほぼビショップです。
    そのことがだんだん知れ渡って来たのか、セラフビショップが多い印象で、最近では昔懐かし陽光サタンビショップがちらほら出てきてました。
    流行してるデッキと比べまだ多くないですが、ほんと苦手なので当たりたくない相手ですね・・・

    次にAA1半ばあたりからつけ始めた全体の記録です。


    このデータから大体自分がどんなデッキを使って来たか少しわかるかと思います。


    ~デッキ構成~
    構成自体はドテンプレ。
    違う点といえばデモスト、舞踏は抜いて、代わりにスナイプ、虹、運命を入れてる点です。
    理由はデモスト舞踏の圧倒的テンポロスを感じたためです。
    個人的にはデモスト舞踏絶対ありえないと思ってます。

    特に初手で引いちゃって4T目デモスト、5T目舞踏せざるを得なくなると他に何もできないからテンポロスがひどいことひどいこと・・・
    使ってる暇があったらほかのカードでスペブ進めるなりフォロワー出すなりして回転率上げた方が絶対良いです。
    使うとしても終盤に出る大型ピンポですね。
    とはいえ、使いたい相手が主に陽光ビショで、不利対面過ぎて舞踏使ってもしょうがない
    たまにGMDとか出てくるランプドラゴンもいますが、全体除去多くてこれまた不利だからあんまり対策する意義がない。
    バハとかにも打てるといえば聞こえはいいですが、そうまでされてる時点でほぼ負けに近いので、やっぱりさっきも言ったように回転率上げて早めにドロシー出した方が良いです。

    苦手を対策するより、得意分野を伸ばす方が結果的に勝率が上がるって感じです。
    今現在流行してるデッキ(ドロシーミラー、アグロヴァンプ、コンボエルフ)のためのカードを入れるべきだと思いました。

    結構ボロクソにいいましたが、今以上にコントロールが増えて守護ばっかりの環境になるようであれば採用は十分あり得ると思います。


    ~立ち回り~
    マリガンはドロシーがいなかったらすべて交換します。
    2コス、3コスが揃っててもレヴィ貫きがあっても交換です。
    事故ったらどうするんだよって思われれそうですけど、2コスカードの枚数を増やしてるので事故ったことはあんまりないです。
    そして何よりドロシー引けない=負けになってる試合が結構多い。
    (記録上、負け試合の約3割がドロシー来てないor引くのが遅すぎた試合)
    なので、ドロシー引くことを最優先してマリガンしていきます。
    運命を入れてるのもドロシーを何が何でも引き当てるためです。
    ただし運命虹は3枚もあると事故要因になるので2枚だけ

    逆にドロシーを無事引き当てていたら
    今度はできるだけドローカードは捨てていきます。
    これもこれで多いんですが、ドロシーが被っちゃうとそれもそれで負け筋になることが多いんですよね(引けない時よりはマシですが)

    そして被りを防ぐため、盤面を取りに行くためにも
    ドロシーが出せるときには手札をもったいないと思わずにすぐに出しましょう
    特にミラーでは先にドロシーを出しだ方が制するといっても過言ではありません。
    自分のマッチング数を見ても現在流行しているデッキの一つであるのは明確なので、この辺のプレイングは気を付けていきましょう。

    ただしヴァンプ相手に後攻の場合
    レヴィ貫きスナイプその他2コスフォロワー等軽量カードを積極的に確保します。
    理由はアグロヴァンプであった場合、1コス出されて2コス3コスで動けないタイミングがあると相手が事故らない限りほぼ負けるためです。
    ドロシー引いてもほかにゲイザーとかいるならそっちをスペブ優先して盤面を取りに行きます。


    とりあえずこんな感じでしょうか。
    案外長くなっちゃいましたがここまで読んでいただきありがとうございました。

    マスターでもシャドバ楽しみたいです(˘ω˘)

    ではでは


    Twitter:@Hayatotiry


  • 【シャドウバース】ロイヤルランクAA到達デッキと勝率、環境考察等

    2016-09-06 21:50
    はいこんばんは。

    ということで、ついに自分もAAの仲間入りできました。




    9/8のアップデートまでに達成したかったので嬉しいですねー


    で、デッキはこちら



    前回の記事にもしたB帯~A2までで使っていた御旗疾走ロイヤルですが、
    さすがに上位環境ではついていけないと思い泣く泣く断念。

    かわりに使ったのが、
    特別なにかいうこともないぐらいフッツーの
    ロイヤルレジェンド3種3積みワーイしたミッドレンジロイヤルです。
    ロイヤルのレジェンドみんな強すぎ問題

    普通すぎるので取り立てて解説はしませんが、
    唯一勇猛たる騎士だけはあまり見ないカードなので解説しておきます。


    勇猛たる騎士採用理由、解説。




    このカードは4コスで、
    主に4コス枠はフローラルフェンサー、ホワイトジェネラルが入ってきており、
    あまり見ないカードです。
    他にも入ってくるかはさておきカースド、レイサムであったり選択肢はかなり多いです。
    しかしその同コスト帯のフォロワーたちと違い
    進化を必要としない、場面を選ばないところ
    先行4ターン目に出すのにベターなカードというのが利点です。

    フロフェンは素で出すとただの3/4、しかも5ターン目のために取っておきたい。
    そして環境に多いドラゴンネクロはほぼ確実に除去カードが入っており
    さらにロイヤルは除去優先という定石もあり、
    場に兵士フォロワーがいなくなっていることがあります。
    そんな状態でホワイトジェネラルを出すと
    フロフェンより体力の1少ない3/3のフォロワーです。


    つまり、フローラルフェンサー素出しもしたくない
    ホワイトジェネラルで強化もできない
    という場面は少なくありません。
    そこで役立つのがこの勇猛たる騎士というわけです。
    1枚で2/2を2体で合計スタッツ4/4、ハンドアドも盤面もアドを取りやすいです。
    相手の進化を込みでも盤面維持がしやすく、個人的にはぜひ入れたいカードです。
    フロフェンを素出しするよりこちらがベターという点から
    進化を使い切った終盤でも地味に役に立ちます。


    とはいえ、進化込みだとフロフェンの完全劣化なので、その辺は注意。
    何度も欲しいカードではないため2枚積みに抑えてます。
    ホワイトジェネラルと入れ替えられることも多いんですが、
    そっちも欲しいのと、個人的に使いにくかったのでガブリエルと入れ替えました。
    あれはフェイスロイヤルのカードだと思います、はい。



    それと今回、A3からAAまでの勝率を記録しておいたので、それも載せておきます。



    合計では56%という勝率ですが、
    ミッドレンジロイヤル単体で見ると6割となかなかの結果になりました。
    冥府エルフを使ってみた時の勝率がかなり足を引っ張ってますねぇ・・・

    そしてこの結果からわかることは

    1、ドラゴンの台頭
    これはもうすさまじいの一言。
    どんだけいるんだよってぐらいドラゴンだらけ。
    フリーですが、自分で使っていてもエルフに強いと感じたので、
    おそらくそれで増えているんだと思います。
    最高の時には8月末に34%の遭遇率を叩き出した時もありました。
    ミッドレンジロイヤルはドラゴン全般に相性がいいのでその分稼がせてもらいました。

    2、アグロネクロの増加
    9月に入ってから突然増加。同じく冥府エルフ対策と思われる。
    ミッドレンジネクロしか見なかったときの勝率は60%弱だったのですが、
    アグロネクロに対しては相性が良かったので
    その影響で最終勝率がかなり上がりました。

    3、エルフ使いの少なさ
    マスタートップランカーには冥府エルフ使いが多いものの
    このランク帯だとエルフ自体がかなり少ない結果になりました。
    比較的脳死で戦えるロイヤルと違って、
    PSが勝率に影響されやすいデッキですからね。
    自分の冥府エルフの勝率がそれを物語っています。
    ランカーのデッキを使ったのにこの勝率ですからね。
    さらにドラゴンが多い環境というのもあり
    このランク帯では数が少ないのかなと思います。

    あとは
    苦手なヴァンプが少なかった
    得意だと思っていたウィッチが土の増加などで勝率が振るわなかった
    といった感じでしょうか。

    勝率の記録をつけてみると面白いことがわかりますね。
    AAでも引き続きつけたいと思います。



    ということで今回はここまで

    何かあればTwitterまで

    ではでは


    Twitter:@Hayatotiri7