創意と工夫で常識外れの自由なアニメを作る!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

創意と工夫で常識外れの自由なアニメを作る!

2017-06-14 18:01
     今回も「ひとりでアニメを作るプロジェクト」のお話。
     そして、ちょっと先の未来について語ります。




    ↓ニコニコ動画が見れない方は、こちら。

     
     さしあたって、ひとりで1クールアニメを1作ほど作ることは決まっているわけですが…
     今回は、「その先に、どうしていきたいのか?」というお話をしていきたいと思います。


     1作(もしくは、何作か)ひとりでアニメを作った後、今度は何人かでチームを組んで作ってみたいな、と。
     それも既存のアニメの作り方ではなくて、ヘイヨーさんと同じように大きな夢と熱き情熱を持ち合わせた人たちを集めて、新しいスタイルでアニメ作りに挑戦したいと思っています。


     具体的に言えば、今回の作品と同じですよ。
    「一番最初にキッチリとした設計図があって、その設計図通りに作るやり方」ではなくて、「シナリオは大まかにだけ作っておいて、声優さんを含めて臨機応変にその場で内容を変更していく作り方」です。
     こういうやり方は、映画やアニメでは珍しいのではないかと思いますが、演劇だとままあるやり方です。あるいは、マンガや小説なんかでも頻繁に使われる方法だと言ってもいいでしょう。

     脚本家や演出家(アニメでいうところの監督)の指示が絶対というわけではなく、役者さんと一緒にストーリーも考えていく方法。あるいは、マンガや小説ならば、編集者や読者の反応を見ながら、その後の展開を変えていくという手法ですね。

     なにもかもをひとりでやっていれば、こういうコトも可能なんですけど。大勢の人が関わってくると、それだけイザコザも起こりやすくなってしまいます。それを、あえて何人かでチームを組んでやってみたいなと、そう考えているわけです。

     そうすることで、既存の枠にとらわれない(つまり、テンプレ化していない)斬新な作品を生み出せるようになるでしょう。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。