低予算でアニメを作るために、バンクを使いまくる!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

低予算でアニメを作るために、バンクを使いまくる!

2017-06-15 15:56
     はい。今回も「ひとりでアニメを作るプロジェクト」のお話です。
     今回は、極限まで予算を削るために「ひたすらバンクを使いまくろう!」という戦法について語っています。




    ↓ニコニコ動画が見れない方は、こちら。


     バンクというのが何かというとですね…
     簡単の言えば“使い回し”です。一度描いた絵を何度も使用するので、新しく絵を描く必要がないという大変便利な方法です。
     あの手塚治虫先生も、アニメを作る時に使いまくっていた手法となっております。


     それを極端なくらい多用しようかと。
     それこそ“恋愛シミュレーションゲーム”のごとく、キャラクターがしゃべるたびに同じ絵を画面に表示させるわけです。
     これにより、作画枚数を極端に減らすことができます。もちろん、時間と予算の削減にもなります。


     最初は、見ている人たちも「なんだ、これは!?」と唖然とするかもしれませんが、慣れれば大した違いなんてありゃしませんよ。新規に描きおろそうが、同じ絵を使いまわそうが、そんなに違いはなくなるはず!要は慣れの問題ですよ。
     しかも、後半になるとヘイヨーさんの技術レベルも上がってくるはずなので、そういう意味ではむしろ最初の時点で最低レベルのクオリティにしておいた方が得なくらいでしょう。そのギャップで視聴者の皆さんも驚いてくれるはず。
    「え?最初、あんなにヘタクソな絵でバンク使いまくりだったアニメがこんな風に進化するの!?」となるはず。


     …というわけで、超低予算のほとんど動かないアニメには、このバンクという手法がかなり有効になると思われます。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。