「風を見た少年」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「風を見た少年」

2017-06-21 17:20
     今回は、最近読んだ小説のお話。タイトルは「風を見た少年」です。
     そして、それに関連してアニメ版のお話も。




    ↓ニコニコ動画が見れない方は、こちら。


     これ、どういうストーリーかというと…
     ある日突然、主人公の少年が特殊能力に目覚めて、空を飛んだり、目でにらんだだけで岩を破壊したりできるようになります。
     ここだけ聞くとよくあるチートモノに思われるかもしれませんが、全然違います。


     むしろ、重要なのはその背景にあるもので。独裁政治に反抗して住民が革命を起こしたりだとか、民族間紛争だとか、そういった部分に重点が置かれた小説になっています。特殊能力はオマケみたいなものですね。
     さらにこの作品が独特なのは、最初と最後の部分ですね。そこを切り取ってしまうと、普通のファンタジー小説とそんなに変わらなくなってしまいます。

     この特殊な構成により、普通の小説と一線を画しているわけです。
     それがどういう部分かは、実際に読んで確認していただきたいと思います。


     で、この「風を見た少年」という小説には、実はアニメ版も存在していて。作ったのは、のちに「夏目友人帳」などを制作することになるアニメスタジオなのですが…
     小説版で“あいつ”と呼ばれていた主人公は、“アモン”という名前を与えられています。また、小説版で一番の特徴であった最初と最後の部分はスッポリと削り取られてしまっています。

     まあ、これはしょうがないと言えばしょうがないのですが…
     なにしろ、まんま映像化してしまうと、一般の視聴者が理解できないような特殊な作品になってしまいかねないからです。ただ、そこの部分が一番おもしろかっただけに、残念と言えば残念でもあります。


     なので、この作品を楽しむ際には、できればアニメ版だけではなく小説版の方もちゃんと読んでいただければと思います。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。