トップダウンとボトムアップどちらが理想的か?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

トップダウンとボトムアップどちらが理想的か?

2019-01-04 01:30
    今回の記事は「トップダウン方式とボトムアップ方式のどちらが経営的に理想的か?」という内容になります。

    トップダウン方式というのは「一番上に会社の社長がいて、そこから部長→課長→係長→平社員といった感じで、上の人から順番に指示を伝えていく」といった方法。
    逆にボトムアップ方式というのは「下の人(現場で働いている人)から提案して、その意見を会社全体に取り入れていく」という経営のやり方です。

    前回お話させてもらった通り、会社がうまく回っていない場合、現場で働いている人たちの意見を取り入れた方がスムーズに仕事ができるようになります。
    これがボトムアップのメリット。

    それに対してトップダウン方式の場合、経営者が優秀であり、なおかつ軍隊のように統制が取れていればうまくいくことが多いという性質があります。これがトップダウンのメリットです。
    デメリットとしては「働いている人たちが窮屈な思いをしやすい」とか「伝言ゲームになってしまい、最初の意図と別の解釈で伝わってしまいやすい」というものがあります。

    また、どんなに優秀な経営者でも1人の力には限界があります。どうしても視野が狭くなりがちですし、解決できない問題にブチ当たった時、対処できなくなってしまいます。
    けれども、みんなで知恵を出し合えば、自然と解決策が見えてくるもの。さらに言えば、コンピューターの技術的な進歩により、全員で話し合いをするのが容易な時代となりました。
    そういう意味では、ボトムアップ方式の方が今の時代には合っているのかなと思います。

    ただし、現場の人たちの力を借りるということは、働いている人たち1人1人が意識を持っていかなければなりません。
    「上の人の指示通り動いているだけの方が楽でいいや」という人が多い会社では、成り立ちません。

    「兵士は命令に従うだけ。その方が何も考えなくて楽だから」という言葉もあります。
    自分で考えて動ける人が少ないのであれば、指示を出してもらう方式の方がスムーズに会社が維持できるでしょう。

    逆に「自分で考えて動ける社員ばかりが大勢いるのに、トップに立っている人が無理やり命令に従わせようとする」といったようなチグハグな事態になっていると、会社はうまく回らなくなってしまいます。

             *

    実際の会社の事情を見てみないと、どちらがよいかは断定できませんが、ボトムアップ方式の方が、より未来的な経営のあり方なのではと思います。

    たとえば「お給料を上げて欲しい」「労働時間を短くして欲しい」という要望が働いている人たちから出たとしましょう。

    この時に、経営者や直属の上司の人が「君たちがこういうことをすれば、会社の利益が上がりますよ。そうすれば自然とお給料もアップします」といったようなことを説明。
         ↓
    それに対して、現場の人たちが頭をひねり、新しいアイデアを出す。
         ↓
    アイデアが採用されれば、あとは行動に移すだけ。その結果、会社の利益が増えればお給料も上がる。

    このようなプロセスを自然に行うことができる会社なら、ボトムアップ方式を採用した方が良いということになります。

    次回は、全く同じ話題を、より具体的な例を見ながら説明していく予定です。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。