「一億三千万人のための小説教室」(小説の書き方・創作本)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「一億三千万人のための小説教室」(小説の書き方・創作本)

2013-06-12 19:22
  • 6
 今回は、「一億三千万人のための小説教室」
 高橋源一郎という人の書いた本です。


 “小説の書き方”の本なのですが、これはちょっと普通の本と違います。
 いわゆる小説の書き方なんて、1行も書いていません。では、何が書いてあるのか?

 “概念”です。


 将棋でいえば、攻め方や守り方など一切書いてありません。
 「矢倉囲いはこういう手順で囲っていきます」「四間飛車なら、こう指しましょう」などということは全く教えてくれず。無論、駒の動かし方さえも書いていません。
 そういうのが、読みたい人は、世の中に数多く存在する「小説の書き方」だとか「創作術」みたいな本を選んだ方が賢明です。
 そうではなく、もっと大きな視点で書かれた本で、「大局観というのは、こういうようなものです」というようなコトが書いてあります。


 ちょっと、いくつか引用してみましょう。
 たとえば、この本の中で最も重要な文の1つ。
「小説家は、小説の書き方を自分で見つけるしかない」

 あるいは、こういうのもあります。
「小説に書けるのは、ほんとうに知っているコトだけ」


 さらには…
「小説は書くものではない。つかまえるものだ」


 このような感じで、重要なコトが、いくつも書かれているのですが。
 ただし、それは理詰めで考えていては、わからないものばかり。もっと別の…“感性”とでもいうべきもので理解しないとならない言葉の数々なのです。


 なので、小説を書きたいと思っている人、あるいは小説を書いていて、行き詰まっている人達全員にはお薦めしません。完全に“合う人”“合わない人”がいます。
 自分がどちらのタイプなのかは、ペラペラと本をめくってみれば、すぐにわかるはずです。なので、図書館や店頭で中身を確認してから、購入することをお薦めします。


 ま、そんなに高い本でもないので、サッと買っちゃって、合わなければ後悔するという手もあると思いますけどね。



広告
×
僕も結構、小説家になるための本とか読むんだけど、この本は知らなかった。
というか、最近は、もう細かなことはいいから、書いて投稿、書いて投稿しかないと思ってます。
成功するかどうか確立的なもので、打てば打つだけ確立はあがるというのを信じてます。
86ヶ月前
×
 写真変わったんですね。
 あ~、じゃあ、ちょうどよかったですね。小説はね、やっぱり、ただ書くだけじゃあ駄目だと思うんですよ。ちゃんと勉強しないと。ただし、その勉強というのは決まり切った方程式の勉強じゃなくていい。これ、説明すると長くなるんですけど、これから書くいくつかの記事で触れていくコトになると思います。
 もちろん、たくさん書くコトも大前提として必要ですけどね。
86ヶ月前
×
高校時代、学校の図書館で読んだ覚えがあります。内容は……もう覚えてないや。古今東西の小説・シナリオ作法死ぬほど読んでましたから。

自分は、小説を書くときは、ハリウッドのシナリオ作法に影響を受けているので。大まかなアウトラインを作って、プロットをある程度組み立ててから書きますね。合理的なストーリー作成法は時間短縮になりますから。

でも、書きまくっていると、合理的な人でも最終的には概念、観念といった抽象的ともいえる感覚にたどり着いちゃうものじゃないかな? って気がします。最近プロットを書かず脳内で作品を組み立てている自分がいるので。
86ヶ月前
×
 あ~、そういうコトは全く書いていない本です。ヘイヨーさんもその手の本は何冊か読んでるけど、こういうタイプの本は、これ1冊しか持ってないかな~?あ、ちょっとタイプは違うけど、別の概念の本は持ってます。それも今度紹介しますね。
 プロット作ったりも、やっぱりした方がいいと思いますよ。特に、長いものを書く時には。短編だと、アイデア一発勝負でサッと書いちゃった方がいいコトもあるんですけど。
86ヶ月前
×
小説で書けるのは知ってることだけ

確かに、そうですねw
自分が想像できないことは、つまり、知らないことですので
頑張って、いろんな想像できるよう
知識、情報蓄えます!
86ヶ月前
×
 そうそう。無理せず自然体で書いた小説の方がいいってこと。
 その上で、自然に空想できるなら、それはいいと思う。
86ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。