ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

広く、瞬間的に深く(ツイッターの使い方、など)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

広く、瞬間的に深く(ツイッターの使い方、など)

2013-06-19 09:15
  • 4
 ツイッター使い始めて、何日くらいかな?5日目くらいかな?
 だいぶ、慣れてきました。頭ではなく、感覚的に使い方に慣れてきた感じ。徐々になじんできてます。


 なじむ!実になじむぞ!

 昨日は、基本的な使い方をお話ししましたが、今回はもっと具体的な使い方。
 最初は、ツイッターとのつき合い方がよくわからなかったんだけど、「リスト」を使えるようになってから、格段進歩しました!世界がガラリと変わった感じ。


 たとえば、仲のいい人達を「最初のリスト」に入れて、これは数時間おきにチェックします。時間がない人だったら、1日に1~2度程度でもいいんじゃないかな?
 それで、気に入ったコメントがあれば、丁寧に返信していきます。それに対して、また返信があれば、必要に応じてまた返信。「ま、そこまで重要でもないかな?」とか「あんまり長くなると迷惑かな?」と思った場合は、そこまで。他の作業に移ります。


 それから、暇で暇でどうしようもない時には「暇な時に眺めるリスト」を眺めていたり、返信したりします。正直、ここはかなりハッチャケてるので、かなりムチャクチャなコメントもします。時には、暴言とも取られかねないくらいに。ま、その辺はご愛敬ということで。

 さらに、「詩人リスト」「名言リスト」などジャンルわけをして、数多くのフォローをしても大丈夫なように対応します。あまりにも頻繁に呟き過ぎる人は、まとめてひとつのリストに入れてみたり。これにより、まったりやってる人達のツイートが急激に流れないように工夫します。

 ここからが、重要!!
 ここまでは、ツイッターの基本的な使い方だったのですが、もうちょっと概念というか。心の持ち方のお話。


 こんなコトをやっていると、どうしたって、1人1人とのつき合いが浅くなりがちです。元々、ヘイヨーさんは広さを求めるタイプなので、なおさらその傾向が強いのです。でも、あまりにも浅くなり過ぎるのは困る。広さと同時に、深さも求めたいわけです。
 それをどのくらいのレベルでやるかは、人によって違うと思いますが、基本的には誰しも、この2つの間でバランスを取っていくコトになると思います。それは、ツイッターでなくても、何でも。人づきあいもそうだし、読む本だとか、見るアニメとか、触れる情報全般。


 なので、瞬間的に深めてやるわけです。その瞬間は、他のコトは一切考えない。過去に、その人と何があったか。どういう会話をしたか、どんな物が好きだったか。どのようなやり取りをしたか。それを自分の中の過去の記憶から掘りおこします。
 たとえば、「ジョジョの奇妙な冒険」が好きなら、その名言。「この場面に合った名言は何かな~?」と、考えるわけです。「将棋」が好きなら、最近のあった将棋の話題とか、将棋界の出来事とか。「アニメ」が好きなら、現在放送中のアニメで話題が合うもの(あるいは、全く逆に反対意見を持っている作品について)とか。そんな感じで。

 これ、言葉で説明するのはなかなか難しいんだけど、ニュアンスだけでも伝わったかな~?この、能力を身につけると、俄然、世界が広がります!
 相当長い時間はかかるかも知れないけれど、身につけておくと、人生がとても楽しくなると思います。


広告
×
俺だ。
ツイッターのリスト。
「暇な時眺める用」いいねwww
これ、いただきます。
じゃあの。
95ヶ月前
×
 あ~、君か。
 どうぞどうぞ、好きなだけ眺めててください。
95ヶ月前
×
 ツイッターか、利用してることはしてるけど、でも最近は本当観るだけだなー
 
95ヶ月前
×
 見てるだけでも、結構勉強になるよね。いいコトいってる人いっぱいいるし。
 でも、自分からアクション取ると、もっとおもしろくなるよ!どんな有名な人にでも、ダイレクトでメッセージ送れるから。ヘイヨーさん、結構勇気を出して、知名度高い人にもメッセージ送ってるよ。
95ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。