ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

日本の労働条件の悪さ(社会問題)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本の労働条件の悪さ(社会問題)

2013-06-20 17:04
  • 4
 いきなりブッ飛ばして、難しい話からしようかと思ったんですけど、それだとやっぱり、意味がわからなかったり、ついて来られない人がいるかも知れないので、まずは簡単なお話から。

 現在の日本の労働条件って、結構悪いですよね?
 某居酒屋とか、某ファストフード店とか。それだけに限らず、日本全国でサービス残業(残業しても、お金がもらえない)なんて公然と認められてるし。


 もちろん、それは、現代の日本に限らず、世界各地、昔からあるコトなんですけど。
 たとえば、チャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」を読んでると、強欲なスクルージさんが自分の利益を最優先にして、事務員のボブくんにまともな給料も払わない。街には浮浪者が溢れている。
 江戸時代には、米騒動なんてのもあったし、奴隷が薄給でこき使われたなんて話も、あちこちで聞きます。現在も、アメリカを中心として、不法移民を何の保障もなくわずかな賃金で、使い捨てにしてたりするのです。


 なぜ、そうなるかって言うと、「お客様は神様です」っていうのが、進み過ぎたせいなのかな~?と。
 最近、読んだ本に、こんなエピソードが載っていました。


 アメリカでのお話です。
 近所に大きなディスカウントショップができて、住民は、自転車やら家具やら食料品やら、何でもかんでも安く手に入るようになり、「何で、こんなに安く売ってくれるんだろう?」などと疑問に感じながらも、喜んで買い物を続けていました。

 それで、お金をたくさん使ったので「じゃあ、そろそろ働くか」ってコトで、そのディスカウントショップに雇ってもらって、働き始めました。
 そこで、初めて気づいたのです。なぜ、商品がそんなに安かったのか。
 商品のほとんどは中国などからの輸入品で、おまけに従業員はバカみたいに安い賃金で、ムチャクチャに労働させられる。そうして、使い物にならなくなったらポイ~ッと解雇されて、また新しい生きのいい労働者を雇う。この繰り返し。そりゃ、物も安く売ることができますよね。


 ま、物を安く売ること自体は悪いことではないと思うのですが、それにしても、あまりにも従業員の待遇が悪すぎるのもどうかな~?と思うわけです。

 雇い主(及び投資家)・労働者・お客さん。この3つのバランスが、上手く取れてこそ、理想的な社会だと言えると思うのです。それで、現在の日本の状態は、労働者が極端に弱い立場にいるのではないかな~?と。

 もちろん、この辺は各企業によって、いろいろと違いがあるので、一くくりにはできないと思うのですが。物凄く苦労してやりくりしている会社の社長さんなんかも、多いですからね。
 ま、よくニュースで話題になってる例の会社なんかは、この辺が上手くいってないのではないでしょうか?


広告
×
労働条件は厳しい経済競争の中では悪くなる一方ですねぇ
企業の儲けである利潤が確保できなければ
また競争優位が無くなれば
費用である人件費に手をつけざる終えませんからね><;

儲かる仕組み、企業だったら
こんな事にはならないんですけど
儲かる事って、何だろうって考えると
誰も答えられないから、こうなっちゃうんでしょうね
96ヶ月前
×
 そうなんだよね。会社の方もお金がないから、仕方なく社員の給料削ったり、社会保障のお金削ったり、場合によっては正社員すら雇えずにパートやアルバイト増やしたりするわけだから。
 昔は、日本も結構お金儲けてたからね。それができなくなってきた今、どうするかが問題だね。
96ヶ月前
×
せめて、夜勤をもう少し楽にして欲しい。(切実) 夜勤連続でやると、精神的にくるものがある…。
95ヶ月前
×
 ほんと、今の制度だと、一部の人に負担がかかりすぎてると思う。
 世の中、暇な人が多いんだから、どうにかその辺、請け負ってあげられればいいのにと、よく考えます。
95ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。