調子が落ちてきた時に、どうするか?(創作)(人生)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

調子が落ちてきた時に、どうするか?(創作)(人生)

2013-07-17 11:11
  • 6
 みなさん、急に絶不調になる時ってありませんか?
 それまで、トントン拍子に進んでいたのに、突然、上手くいかなくなってしまうコト。今回は、そんな時の対処法についてです。


 最初に、絶望的なコトをいっておきます。一番大切なコト。それは…
 “調子が悪くならないようにするべき”です。


 たとえば、あるプロの野球選手が言っていました、「絶不調になってから、調子を取り戻すのは非常に難しい。だから、調子がいい時に、なぜ自分が調子がいいのかを確認しておくのだ」と。

 それは、たとえば、体調管理に関しても同じです。病気になったり、怪我をしてから、それを治そうと思うと大変です。
 だから、普段から病気にならないように健康面には気を使う。栄養のバランスの取れた食事を心掛け、散歩程度でもいいので毎日運動をする。ちょっと肩や腰が痛くなってきたら、マッサージを欠かさない。虫歯になる前に、1年に1度程度でも定期的に検診に通う。睡眠はシッカリ取る。といった感じで。


 それでも、調子が落ちてくるコトがあると思います。そんな時に、どうするか?
 1つの手法としては、“エネルギーが溢れている人にわけてもらう”という方法があります。それは、直接、人でなくても構いません。本だとか音楽だとか映画だとかマンガだとか。


 それ以外にも、自分なりに“名言集”を作っておくのもいいでしょう。古今東西、ありとあらゆる人の名言。それを普段から集めておくのです。
 そうして、調子が落ちてきたら、その名言集を眺めて、エネルギーをもらう。


 最後に、小池一夫先生の名言を1つ紹介しておしまいにしましょう。
「スランプになった時に、物を飲んだり食ったりしても何の役にも立ちはしない。作家ならば、作品を描き続けるしかないのだから」


広告
×
 そうですよね。やっぱり続けるしかないですもんね。 本当そう思います。それが奥義というかそれが一番難しいと思います。
79ヶ月前
×
 そうね。結局は、そこだよね。
 好不調の波はあれども、最低限の質と量だけは保ちながら続けるしかないね。
79ヶ月前
×
自分も絶不調だから、この記事が染みる。
今月入ってから予定外の事が起りまくって、調子が狂わされた。外的要因で狂わされると元に戻すのに力使っちゃうから、さらに悪循環入ってリカバーするのに時間がかかりそう。調子が悪くなら無い様にするのも案外大変です(TДT)。
79ヶ月前
×
 ああ~、そういうコトあるね~
 何もかも全部自分中心で生きていれば、それでいいんだけど。世の中、なかなかそうはいかなくて。外部の要因で調子を崩しちゃうコトもあるよね。そういった外部要因に耐えたり慣れたりできるようになるコトも、調子を崩さないようにするコツの1つなんだろうけど…
 それを身につけるのは、時間もかかるし、大変だね~
79ヶ月前
×
なるほど、ここにつながるんですね。
「書けない病」の耐性がないと簡単に折れそう。
折れないように補強するだけでなく、中身も鍛えないとですね。
鍛える=やっぱり書き続ける あ、今いいこと言ったかも。
78ヶ月前
×
 基本的には、書けなくなる前に対処した方がいいと思うんだけど。
 でも、どうしても書けない時ってあるからね。やっぱり、ストックは大きいと思うよ。いつでも使えるようなアイデアのメモみたいなのは常に用意しておいた方がいいかも。
 書き続けるっていうのは、大切だよ。でも、それが実際やるとなると、難しいんだよね~
78ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。