「小さな美術館」(創作)(芸術)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「小さな美術館」(創作)(芸術)

2013-08-22 21:17
  • 2

 いつものように近くの図書館に出掛けると、図書館に併設されている文化センターのロビーで、子供達の作品がいくつも飾ってありました。近所の小・中学生が、美術の先生の指導の下、完成させたものです。

 中学生の作品は、パステル画と油絵。
「これは、上手いな~!!」という作品があって、名前の所を見ると、指導の先生の作品でした。

 さらに続けて見ていくと、もっと上手い作品があって「これも、指導の先生の作品かな~?」と思って名前の所を見ると、中学1年生の作品でした。

 けれども、さらに驚かされたのは、小学生の作品。ボタンや段ボールを組み合わせて色を塗った立体物なのですが、どれも発想力に溢れ、迫力があって圧倒されました!!まさに、小さな美術館!!
 技術的には大したコトないんだろうけど、ほんとに“創作してる”っていうのが心から伝わってきます。モノを作るというコトがどういうコトなのか感性でわかっている!!
 きっと、大人になると、この能力が失われてしまうんでしょうね。

 そこで、芸術家の岡本太郎さんの言葉を思い出しました。
 確か、大阪で行われた万博で、太陽の塔を制作した時のこと。全国の子供達から作品を募集して、優秀作を選ぶように言われて、岡本太郎さんはこう答えました。

「これは、素晴らしい!あ、こっちも凄い!!あ~、これもいい!!よっし、こうなったら全部を優秀作にしよう!!」
 さすがに、それは困るというコトで、最終的に全員に参加賞を配るというコトで話がついたそうです。

 そんな岡本太郎さんの言葉。
「子供は誰しも芸術家である。だが、それを大人になっても持ち続けられる人は、数少ない。そんな人こそが、真の芸術家になるのである」





広告
×
我が子でもない小中学生の美術の展示をまっすぐ見つめるヘイヨーさんに萌え。故・岡本太郎氏に近い目線で絵と向き合うなんてなかなかできるもんじゃありません。
先日、牛乳パックの切れ端を抱えて歩く小学生を見かけましたが、こういうところは今も昔も変わらないんだなぁと感じたことを思い出しました。
イラスト面白いですね。湿地帯とピラミッドがそれっぽい位置に見えたので地図だったり怪獣にも見えたり。
73ヶ月前
×
 いや、でも、ほんとおもしろかったんだよ!特に小学生の作品は!!何時間でも眺めていられそうだったもの。
 イラストの方はね、さっき見た小学生の作品を参考に描いてみたよ。いろいろな作品があって、砂漠っぽいのとか、世界大戦で滅んだ後の地球っぽいのとかあったんだけど、どれも見方によっていろんな解釈ができそうだったよ。
73ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。