「ヘイヨーさんの上達術」(能力)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ヘイヨーさんの上達術」(能力)

2013-08-27 22:18
  • 2

 今回は、ヘイヨーさんなりの上達術を紹介しましょう。

 最初に、基礎訓練はやりません。なぜかというと、退屈だから。飽きてしまったり、嫌になってしまったら何にもなりません。まずは自分なりにやってみる。それで、どうしても上手くいかなくなってきてから、基礎を学ぶ。これで、楽しく続けていけるし、オリジナリティをかなり出せるはず。

 今回は、将棋を例にあげてみましょう。
 とりあえず、まずは将棋を指してみます。覚えるとしても、せいぜい駒の動かし方くらい。攻め方も守り方も何も勉強しません。何十局も指してみる。それで、対局の中でいろいろと覚えていきます。それ以外にも、他の人の対局を見て覚えたり。

 すると、勝ったり負けたりするでしょう。それだけで勝ち続けられるようならば、その方法を続けていきます。でも、どこかで必ず頭打ちになる時が来るはずです。そこで、ようやく基本を学ぶわけです。たとえば、本を読んだりしてね。

 基礎といっても、定跡なんかは勉強しません。退屈だからね。定跡っていうのは、「序盤はこういう順番で駒を動かしていくといいよ」というやり方が決まっていて、昔の人なんかが研究して編み出した方法です。

 詰将棋なんかも、あんまり解きません。ムチャクチャ簡単なのくらいは、やるかも知れないけれども、ちょっと難しいと、もう諦めちゃう。
 それよりも、手筋。手筋っていうのは、駒の上手な使い方。「歩は、こうやって使いましょう」とか「この場合は、角をこの場所に打ちましょう」みたいな感じのヤツ。これだと、応用が効くからね。いろんな場面で使える。
 あとは、基本的な守り方とか攻め方を1つずつくらい覚えたり。

 その後は、ひたすらに実戦です。覚えた手筋や、攻め方・守り方なんかを使って、とにかくたくさん指します。この繰り返し。勝てなくなってきたら、新しい手筋を学び、攻め方と守り方を1つずつくらい覚える。

 そうして、ある程度レベルが上がってきたら、ようやく、退屈な基礎訓練を始めます。詰将棋を解いたり、序盤の定跡を覚えたり。この頃になってくると、将棋の楽しさもわかってきているので、少々のコトではくじけたりしません。いくらか厳しい訓練でも、強くなる為に我慢してできるようにもなってきています。

 とにかく、最初は楽しむコト!見よう見まねでもいいので、ひたすら実戦をこなす。それから、行き詰まってきたら、基礎訓練もこなす。この順番。文章も、絵も、ツイッターも全部そう。このやり方で、身につけてきました。
 飽きてしまったら、アウトなので。あと、基礎からやってると、オリジナリティを身につけにくいんだよね。みんな、同じやり方になってしまって。というわけで、こういう方法を使っています。

広告
×
自分の実況動画に例えると、
まず、動画投稿してみて、
再生数がのびなくなってきたら
編集とかで工夫してみるとか
そんな感じかな。
73ヶ月前
×
 ああ~、そうそう。そんな感じ。あとは、再生数とかとは別に、技術不足だな~と感じたら勉強するとか。
 とにかく、最初は楽しんでやった方がいいと思うんだよね。そうしたら、嫌なコトもいくらか耐えられるようになってくると思うし。
73ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。