「継続の意味」(ロバート・ポールセン追悼特集)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「継続の意味」(ロバート・ポールセン追悼特集)

2013-09-19 23:03
  • 2

 物事には、始まりがあれば、終わりもある。
 人には、出会いがあれば、別れもある。

 何かを始めるキッカケなんて些細なもの。「なんだかおもしろそうだな」なんて思ったり「時間もあるし、ちょっと始めてみるか」といった程度のもの。終わりにする理由だって同じようなもの。「飽きたから」の一言で充分なのかも知れない。
 それが、仕事であれば。お金をもらってする労働であれば、話は別かも知れない。少々きつくても、飽きたとしても、嫌になったからといって即座に放り投げてやめたりはしない。
 でも、それが趣味であったとしたら?

 たとえば、オンラインゲーム。あるいは、ツイッターやmixiや、このブロマガだって、そう。ある日突然初めて、ある日突然終わりにする。誰にも知らせず、そっと去っていく。そこで培ってきた人間関係も何もかも捨てて。多くの人は、そうなのではないだろうか?

 それでも続ける意味とは何だろうか?継続する意味って何?
 ある人にとっては、それは成長。自らの能力を高めてくれる行為。
 別のある人にとって、それは期待や賞賛。誰かが、そこで待っていてくれるから、見てくれているから、喜んでくれるから。

 またある人にとって、それは数字。アクセス数やコメント数が増えていくコト。あるいは、それはお気に入りやリツイートやフォロワーの数かも知れない。

 では、そこに楽しさが感じられなくなったとしたら?
 それが終わりの時。膨大な時間や労力を割いてまで、そこに充実感が感じられなくなったら、そこでおしまい。

 ロバート・ポールセンのやったコトは、何も特別なコトではなく、誰もが行うような当たり前の行為だったのかも。



広告
×
リアルの人間関係は簡単には断ち切れないけどね。
趣味を優先させるか、人付き合いを優先させるか、が
最近の悩み。

人付き合いを優先させると、
生放送とかできないしなー。
71ヶ月前
×
 確かに、リアルの人間関係だと、なかなかね。ま、それがいい所でもあるんだろうけど。
 「趣味か?人間関係か?」か~。それは難しい問題だね。基本的には自分の意志を優先するべきだろうけど、あまりにも自分勝手にし過ぎるのも、ちょっとね。
71ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。