「自分がやりたいコトと、アクセス数」(ブロマガ)(ニコ生)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「自分がやりたいコトと、アクセス数」(ブロマガ)(ニコ生)

2013-09-23 23:23
  • 4

 このブロマガを始めた頃、アクセス数というモノを結構気にしていました。
 5月の終わりくらいに始めて、2ヶ月間は間違いなく気にしてた。読んでくれる人の数を増やそうといろいろ考えて、努力もしていた記憶があります。その為に、ツイッターを始めたり、ニコニコ静画にも進出したり。

 結果的には、それなりに効果もあって。一番大きかったのは、やっぱりツイッターかな?あの頃から、明らかに多めになったもの。

 それが一転したのは、8月の終わりくらいからかな?7月の終わりくらいに、ひさしぶりに絵を描き始めて、ブロマガにイラストをつけたり、ニコニコ静画に絵をアップしたり。それを1ヶ月くらい続けている内に、本格的に絵を描くコトにはまっていって、ブロマガの方も絵の話ばっかりするようになって。アクセス数も伸びなくなって、むしろかなり減ったりもしたんだけど、その時にはもうあんまり気にならなかったかな?
 なぜかというと「自分がやりたいコトができていた」から。

 毎日毎日、絵ばっかり描いていると、メキメキと実力が上がっていくのがわかって、それが楽しくて楽しくて仕方がなくて、数字なんて気にならなくなってきちゃった。

 いまだにニコニコ静画の方は超低空飛行で、ほとんど人なんて来ないんだけど、逆にそれがいい効果を生んでいるのかも知れなくて。自由気ままに好き勝手できるんだよね。ここに来て、さらに内容を一新しようとしてるくらいだもの。それも、人を増やす為にではなくて、全く逆に減るような行為をしようとしてる。そこまでして、いろいろ挑戦したい!

 だから、このくらい自分のやりたいコトが決まってる人は、絶対にそれを貫き通した方がいいと思う。その方が、長期的に見れば、いい効果が生まれるはずだから。

 逆に、もっとアクセス数を増やしたいと考えている人は、そこら辺を考えた方がいいと思う。いくらか自分を殺してでも、読者とか視聴者の気持ちを考えるとか。ある程度、人が集まりそうな話題を振るとか。
 たとえば、生放送であれば、人が集まりやすい放送内容にするとか、コメントしやすい雰囲気を作るとか。ブロマガであれば、読んでいる人が気持ちよくなるような文章を書くとか(全く逆に、あえて、いろいろと文句をつけたくなるような文章を書くのも手かも?)

 話題にしても、アクセス数が増えやすいテーマってあると思うんだよね。せっかくニコニコのブロマガや生放送なので、ニコ生公式で放送しているアニメの話題とか。将棋も「電王戦」なんてやってるし、それに関連した記事を書くとか。野球の話題なんかもいいんじゃないかな?そろそろシーズンが終わっちゃうので、また来年というコトになっちゃうけど。
 あとは、世間で話題になっているキーワードを入れてみるとか。ここ最近だと、「半沢直樹」「あまちゃん」「艦これ」なんて、よく耳にするよ。ちょっと前だと「パシフィック・リム」とか。

 ヘイヨーさんは、もうそんなにアクセス数にこだわらなくなってしまったので、「ああ~、これ、記事にしたら人は増えるだろうな~」って頭ではわかっていても、わざわざ書いたりはしないんだけど。自分で興味があって、アクセス数を増やしたいなって考えてる人は、その辺を考えてみたら、どうかな~?

広告
×
 しぶねこです。私も最初アクセス数めっちゃ気にしましたよー! たまたまちょっと多くアクセスあったら「やばい!次はもっと面白いこと書かなきゃいかんか!?」みたいな。  でも逆に少なかったときに我に返って、自分が楽しむために書いてたはずなのに他人気にしすぎちゃってたって気づきました。  

 今はちょっと気ままに書けるようになりました。  しかしまあ タイトルって大事ですよね。入りが違う(汗 面白いもんですね。
70ヶ月前
×
 そうそう、最初めっちゃ気になりますよね。何でもそうだけど、自分が楽しめなくなっちゃったら、段々嫌になってきちゃって、続かなくなっちゃう。
 タイトル、結構重要かも。記事によって来場者数が違うのって、やっぱりそこでしょうね。
70ヶ月前
×
ついつい、管理画面でアクセス数を見てしまう。それで多いと良かったと思ったりしてしまう。 なんだか自分がすごい俗物根性の塊なのかもしれないなーと思う最近です。

 自分の書きたいことを書いているつもりではあるけど、いざこれ需要あるかなー 需要あるような記事にしようかなーと考える自分が生まれたり、今でも悩んでるのが僕ですね。
70ヶ月前
×
 アクセス数、気になるよね?うん、これはしょうがないよ。
 ただ、それだけが目的になっちゃうと、段々つまらなくなっていっちゃうんだよね。だから、自分がやりたいコトをやって、その上で数字も気にするというのは別に構わないんじゃないかな?
 ま、それとは別に「読者のコトを考える必要はあるのかな?」とも思っていて。多くの人が見てくれるかどうかは関係なく、読んでくれている人が楽しいかどうかを意識するのも大切かな~と思いつつあるヘイヨーさんなのでありました。
70ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。