「大学は卒業したけれど…」(経済)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「大学は卒業したけれど…」(経済)

2013-10-01 23:53
  • 4
 中国では、大学を卒業したけれども、就職できないでいる人達が大勢いて。最初は理想を持って就職活動を続けているんだけど、諦めて田舎に帰る人も多いのだとか。
 親の希望としては、農村から出て、街で裕福な暮らしがして欲しい。それほど、農作業は大変だから。

 でも、現実には、大学を卒業したからといって就職先があるかといえば、そうでもなく。中卒で、さっさと就職した人の方が給料がよかったりもして。
 社員になるなら、田舎の方がいい。なぜなら、お金で仕事が買えるから。大事なのは“コネ”なんだけど、そのコネを得る為にはお金が必要。大学に行くには結構な額のお金が必要で、それだけの金額があれば、仕事が買えてしまう。

 北京では、その辺りが比較的公平。なので、人が大勢集まる。でも、人が大勢集まるがゆえに、就職難になってしまう。

 それでも、仕事を選ばなければつける職業もあって。たとえば、中小企業の営業職。
 でも、大学卒業生はプライドが高くて、低いポストにつきたがらず、経験もないのに高い給料を望む。なので、3ヶ月以内にやめてしまう人が7割。
 そんなわけで、食事と寮が支給される工場労働者の方が、手元に残るお金は多いんだって。


 大学卒の1割程度のトップに、就職難は関係ない。でも、残り9割近くの人は大変。
 「自分は大学を卒業したのだから、その知識を生かして働きたい」という人が多い。だけど、実際にはそういう仕事は少なくて、企業が望んでいるのは大勢の労働者。知識は全く関係ない。あるいは、必要なのは、即戦力。企業は、経験者を望んでいる。でも、大学では、そんな経験は積めない。皆、そのギャップに苦しんでいる。


 留学生というのも、それなりの数いて。
 大金をかけて、海外で学び、語学などを習得して帰ってくる。それでも、就職できない人も、かなりいるんだって。


 日本も、中国ほどじゃないにしろ、似たような傾向にあるよね。
広告
×
この話は他人事じゃないね。割と現実問題、日本も金かコネって感じで。

自分も今の職場、人間関係は問題ないんだけど、経営側がかなりのブラックでそろそろフェイドアウトしようとおもっててさ、ちょうど他のとこから仕事のお誘いがあったんで、渡りに船と思って履歴書送って、面接まで行ったんだけど、数時間前にお祈りされちゃったよ。上手くは行かないね。

日本の場合、中卒でさっさと就職した場合、給料良くても労働環境がえげつない所多いけどね。日本の労働問題は根深いよ。自分は、将来的に経営者として独立して、無理のない労働環境を作るのが夢だね。
70ヶ月前
×
 ま、就職については世界中どこでも、こういった傾向にあるのかも知れないけど。中国はお金に関しては極端らしいね。まだまだワイロ社会で、お金を握らせれば何とかなるってコトが多いみたい。
 確かに、日本は労働環境については、酷い所が多いね。世界的に見れば、あり得ないくらいの悪環境でも、日本ではあたりまえだったりするからね。サービス残業なんかもそうだけど。
 経営者、いいね!できるならば、経営する立場に立って、理想の労働環境を整えて上げるのが一番だろうね。ただ、それはそれで、かなり大変みたいだけど。
70ヶ月前
×
社長になって月に一日ぐらいしか働かない生活送りたい・・・(^q^)
のでシステムとサイクルを作るまでは頑張るのだ・・・_(;3 _/∠)ゞドシャー!っ
70ヶ月前
×
 いや、さすがにそれは無理でしょうw
 社長かなり大変だよ。場合によっては、社員よりも給料低いくらいだから。
70ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。