ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

「目の前を見て生きる」(人生)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「目の前を見て生きる」(人生)

2013-11-07 23:43
     この前、「プレミアムアーカイブス」(BSプレミアムで昔の反響の大きかった番組を再放送している番組)を見ていたら、画家の雪舟という人の特集だったんだけど。その中で、こんなセリフが出てきました。

    「人生は短いのだから、酒を飲みながら語り明かせる仲間に出会ったならば、先のコトなど気にせず、毎晩でも思う存分語り明かしなさい」

     昔、ヘイヨーさんは、こういうのが苦手で。何をしていても、ついつい先のコトばかり考えてしまっていて。目の前の出来事を心の底から楽しめない性格でした。
     ま、ある意味、それは正しい生き方でもあるんだけど。やっぱり、それだと、生きているのがつまらなくなってしまいがちで。マジメにやる時にはやればいいんだけど、ハメを外す時には心の底からハメを外して楽しむ必要があるのだな、という考え方に変えるようになりました。

     確かに、目の前だけ見て生きていると、とんでもない失敗をやらかしてしまったりしがちなんだけど。それでも、後に何も残らないわけではなくて。きっと、それは「いい思い出」になると思うんですよね。
     それに、先ばかり考えていても、意外と上手くはいかないもので。「なるようになるさ、出たとこ勝負」という方が、経験とか応用力が身について、世の中を上手に渡り歩いたり、ピンチを乗り越えやすくなったりもするもので。そういう意味でも、目の前を見て生きるというのも悪くはないかな~?と思ったりするわけです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。