「天国の恋 ~第2週~」(ドラマ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「天国の恋 ~第2週~」(ドラマ)

2013-11-10 22:14
     役者って凄いな…心の底から、そう思わされる1週間でした。
     そう、お昼のドラマ「天国の恋」です。


     今週の見所は、火曜日と金曜日。この2日!
     これ以外にもいろいろあったんだけど、この2日の衝撃が大き過ぎて、他は全部吹っ飛んでしまいました。
     まずは、火曜日の回から振り返ってみましょう。


     主人公である斎(イツキ)の高校生時代。弟が高熱を出して、病院に行くコトになります。病院には、実の母である看護婦長が待っていて、大げさに騒ぎ立て、ちょっと熱が出ただけなのに無理矢理入院させてしまいます。
     その後も、婦長はベタベタと近づいてきて、それに嫌気が差した弟君は、夜中に病院を抜け出し家に帰ろうとします。そうして、その帰り道、トラックに轢かれてアッサリ死亡。まるで、コントのように。

     それを知って、婦長、大発狂!!
    「うわああああああああああああああああああああああ!!これは一体何なの!?なんで、あんたが死ぬの!!」
     さらに、責任を人になすりつけます。
    「奥様!あんたが悪いのよ!あんたが病院なんかに連れていくから!!この人殺しいいいいいいいいいいい!!!!!」
     いや、どう見ても、婦長。あんたが悪いよ…

     あと、この火曜日の回では、婦長の謎儀式の姿も見るコトができました。なんか、婦長は変なスピリチュアルにハマッていて、真っ暗な部屋で黒ミサのような儀式スタイルで、「ツンツンデレデレツンデレデレ~」と謎の呪文を唱えるのです。

     続けて、金曜日。
     過去編が終わって、舞台は現代に。主人公のイツキが、結婚相手の古本屋から逃げ出して、実家に帰ってきます。そこでなぜだか、「出戻り歓迎会」というのが開かれるコトになって、一家全員集合。
     父親(石田純一)が、「ワッハッハ。実に幸せだな。これが、我が家だ」なんてご機嫌です。
     そこに、例の婦長が呼ばれてもいないのに乱入!!好き放題やりたい放題して、暴れ回ります!!もう、ヒッチャカメッチャカ!!豪華な料理をかき回し、ワインでうがいしたり、人の首を絞めたり。
    「嫁さんもらったちゅうのに、あんたは、まだアンドロゲン放出して、イツキを誘惑しとるのか!!」の名言も、ここで飛び出します。
     さらに、婦長はテーブルの上でスイミング開始!!バタバタと泳ぎ回り、料理を全部床に叩き落とします。
     それを見た父親(石田純一)が、叫びます。
    「凄い破壊力だな、オイ!!」

     それでも、破壊活動をやめない婦長。父親(石田純一)が、もう一度叫びます。
    「これが我が家だ!我が家のエネルギーの爆発だああああああ!!!!!!」
     この間、わずか10分。婦長1人で、このドラマ全部を引っ張ってます。っていうか、婦長が登場しないと物足りない…


     しかも、金曜日の回は。これで終わりません。この後、ついにスピリチュアルの先生が登場し、謎の儀式を披露したり、主人公の浮気相手が登場して婦長と手を組み始めたりして、超濃密な回。

     これ意外にも、主人公が実の娘から「この死神!!」と罵られたり。コナン君そっくりのキャラが出てきたり。古本屋にノコノコと浮気相手の男がやってきて、夫(ダンカン)に「このやろー!出ていけ、このやろー!」と罵られたり。見所満載の一週間でした。

     脚本も凄いけど、役者も凄い。そんなドラマ「天国の恋」は、毎週月曜日~金曜日の午後1時半から絶賛放送中!!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。