「最強伝説 黒沢」(マンガ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「最強伝説 黒沢」(マンガ)

2013-12-04 23:44
  • 2
 「新黒沢 最強伝説」の単行本の第1巻を購入し、読み終えました。これが、ムチャクチャにおもしろい!!

 “新黒沢”があるのなら“旧黒沢”もあるのか?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。
 あります!その名も「最強伝説 黒沢」!!
 今回は、その紹介。

 これ、どういうマンガかというと…
 44歳になる、しがない建築会社で働く男。それが、このマンガの主人公である黒沢さんです。仕事の内容は、もっぱら工事現場での労働。“現場監督”という肩書きはあるものの、実質、仕事自体は他の現場労働者とあまり変わりません。


 黒沢さんはこの年齢にして、結婚どころか恋人もおらず、1人寂しく人生を送っています。
 そんな黒沢さんが切望しているのが、人望!人々からの信頼!そして、尊敬!でも、現実は全く逆。人望なんて、ほとんど0。信頼できる友人は、工事現場で立っている人形の“太郎”のみ。

 そんな黒沢さんが、人望を得る為にアレやコレや画策するんだけど、それが裏目に出て、余計に人望を失っていくのです。

 たとえば、みんなに好かれようと仕事中にビールを差し入れして、逆にドン引きされるとか。みんなのお弁当に、スーパーで買ってきたアジフライを1つずつ入れていって、気持ち悪がられるとか。

 ところが、ひょんなコトをキッカケに、その流れが変わっていきます。
 最初は、黒沢さんの失敗談に笑い。途中から、現実を見せつけられて暗い気持ちにさせられ。スカッとしたり、また笑えたり。そんないろんな思いにさせてくれる、マンガ。それが、「最強伝説 黒沢」なのです。

広告
×
 この漫画は面白いですよね。 なんというか一般庶民の辛くなるツボをすごく丁寧表現しているというかなんというか、とにかく心に染みます。
 思わず、黒沢さんの気持ち痛いほど分かりますってなってしまいますね。 まあ、ちょっと自堕落が招いた結果だから仕方ないと思ったりもしますけど、それでも頑張ってほしいなーと思わずにはいられないのが黒沢さんですね。
68ヶ月前
×
 細かい描写、上手いよね。妙なリアリティがあって、回によっては凄く心が痛くなるという。その代わり、その後の展開でスッキリしたりもするんだけど。
 黒沢さん、ムチャクチャな行動とったりもするんだけど、どこか憎めないんだよね~
 新しく連載始まった「新黒沢」も、超おもしろいよ!
68ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。