「天国の恋 ~第6週~」(ドラマ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「天国の恋 ~第6週~」(ドラマ)

2013-12-08 22:11
     はい。やって来ました、この時間。
     今週は、このドラマ最大の見所と言ってもいいくらいの日がありましたね。もちろん、それは火曜日と水曜日の回です。なので、今回は、この2話に重点を絞ってお送りしたいと思います。


     先週に引き続き、友也ちゃんの骨の入った“骨入りペンダント”を巡って、争奪戦が繰り広げられます。
     そうして、ついに2つあるペンダントの内の1つを、イツキの恋人の志田ちゃんが手に入れるコトに成功します。

     ところが、その直後、スピリチュアルの先生である太夫様(たゆうさま)のお告げにより、骨入りペンダントは呪いのアイテムであったコトが発覚します。
    「2つが!合体!して!ハート型になる!そのペンダントじゃ!それを、持ってはならぬ者が持っておる!このままじゃと大変なコトになる。ハートが2つに割れるように、心臓が割れて死ぬコトになる」


     このままだと、志田ちゃんは心臓が割れて死んでしまいます。というか、このスピリチュアルの先生、怪しいと思ってたけど、実は本物の能力者だったのかな~?

     そうして、ペンダントを元の持ち主である、ウシオに返そうとするのだけれども、そのたびに邪魔が入ってしまい、返すコトができません。当の本人であるウシオは、海外に出張に行っていて、結婚式の前日にならなければ戻って来ないそうです。
     行く先々で、渡そうとしたペンダントをつき返され、完全に呪いのアイテムと化しています。この前まで、あんなにみんな欲しがっていて、争奪戦になっていたのに…


     そして、ついに結婚式当日。結婚披露宴の会場にて。
     呼ばれてもいないのに、汚い格好で志田ちゃんは披露宴会場に現れます。
    「こんな結婚やめちまえ!こんな結婚間違ってるんだよ!!」とか、叫びまくっています。完全に不審者の乱入です。そのまま、制止する人々を振り切って、ウェディングケーキに向ってダイブ!ダイブ!ダイブ!ダ~イビング!!
     その勢いで、ウェディングケーキに入刀する為のナイフが心臓に突き刺さってしまいます。
     息も切れ切れになって、志田ちゃんはウシオにペンダントを返します。
    「これ、返す。済まなかったっす」
     それが、志田ちゃんの最後の言葉となり、絶命してしまいました。


     その後、志田ちゃんの葬儀が行われるコトとなり、葬儀の司会は当然のごとくイツキに任されます。
     そこまでにも、志田ちゃんの黒歴史ノートが見つかって謎の詩を読んだり、志田ちゃんの育ての親が現れて過去の失敗談を披露したりもするんだけど、長くなるので割愛。

     そんなこんなで、お葬式当日。
     いよいよメインイベント。ドラマの劇中でいつもかかっていた前奏がタイタニックのテーマソングっぽい曲を、葬儀会場で生演奏し歌うというもの。そこに登場したのは、なんと、この曲を歌っているご本人さん!このサプライズゲストには、テレビの画面の前の誰もが驚いたコトと思います。
     そうして、曲に合わせて志田ちゃんの過去の名シーン(迷シーン?)が映し出され、最後は“ムチャしやがってのAA”みたいに、青空に志田ちゃんの笑顔が浮かび上がったのでした。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。