• タバコは麻薬

    2015-07-29 16:32
    皆さんはタバコ吸ってますか?吸っている人はどうして吸っているのでしょう?その入り口はまぁ、いろいろだとも言えますね。では、なぜタバコを辞めれる人と辞めれない人が存在するのでしょう?答えは簡単。中毒になってるからです。しかし、ここで重要なことがあります。辞めれない人の事です。

    辞めれない人は意志が弱いから???それは違います。辞める人も辞めない人も意志は強いのです。ではなぜ辞めることがこんなに難しいのでしょうか?それは、タバコは麻薬のようなものだからです。タバコには満足(快感)を与えてくれるものがある。それこそ辞めれないものの正体です。

    一般的に多く販売されているタバコにはある秘密があります。何だと思いますか?それは必要以上にニコチンによる快感を増幅させている他の物質です。つまり、煙の主成分とニコチン以外の物質です。まさにタバコはデザインドラッグのようなものです。

    ご存じのように、明らかに危険だとわかる物質がタバコには含まれています。これは最近話題となっているドラッグ、バスソルトなどにも共通するものがあるのではないか?と個人的には思います。あくまでも個人的見解ですよ。思う自由はありますから。

    ためしにどうでしょう。無添加のタバコに変えてみては?恐らくなかなかやめられないという方が吸えば満足できないでしょう。そう、この満足感を与えてくれているのが他ならぬ他の添加物。化学物質のことです。ニコチン自体にはそれほど大きな依存性はありません。依存性を増幅させてくれる物質が必要なのです。そもそも、日本でも海外でも初めはタバコにはニコチンと煙の成分程度しかありませんでした。

    しかし、第二次世界大戦の前に大きく変わりました。たくさん吸えるようにとキセルから巻煙草ヘとその姿は変わり日本国内では大量に出回ったのです。そしてそれはいつしか軍人用の支給品へと姿を変えていきました。それをきっかけかどうかはわかりませんが、日本人は今しか見なくなった。未来に対する想像を抱きにくくなったのかもしれません。つまり、私が何を言いたいのかというとタバコを辞めるためには吸わないためには遠回りに見えてもそうするしか方法がない人もいるという事です。

    普通ならば即タバコを辞めるのがもちろんいいです。それが正攻法です。それに疑いの余地はありません。しかしながら長年吸って依存度が高くなった人にはそれでは成功できません。依存とは年数×本数によって決まります。仕事の環境によっても辞めにくさというのはあります。いつでも吸える環境でも辞めにくいし長時間労働や心的ストレスがかかる環境でも同じように辞めにくいでしょう。長い戦いになるが一般的なタバコ→無添加のニコチンタバコ→禁煙グッズ(ニコチン含む)→禁煙というロードもありなのかもしれませんニコチン自体の影響は3~7日もあれば十分なくなります。

    一番の問題はニコチン以外の物質に対する肉的心的依存です。本当はこれが一番厄介です。考えても見てください。タバコってニコチンが入ってたらいいんでしょ?なのにどうして入ってるの?答えは簡単。そうする方がよく売れるし満足感を作り出してくれるから。そうです。これが本当の依存症の正体です。

    満足という刺激こそ依存症の正体なのです。つまり、満足してしまう喫煙というのは次の一本を欲しくさせさらにまた吸いたくさせてしまうのです。それは、吸っている間は満足してるから。他のたとえで言えばあなたが何か取り組みでもなんでもいいです。したとします。そして良い結果を出したとします。(勿論悪くてもよいです。ここで重要なのはあなたがどう感じたかです。)

    それに満足してまた何かしようと思いませんか?あるいは、達成感を感じたら満足しませんか?この達成感・満足というのが喫煙にもそのまま当てはまるのです。言うなればタバコとは達成感加速装置とでも言うべきものです。この加速装置を使えば満足は、はたかだか3~5分でやってくるんですからそのスピードは圧倒的です。考えれば私たちは早さというものを発明はしましたが大事なものをなくしてしまったのかもしれません。それは人生にとっても同じことのようにさえ思えるのです。現代人の三大原則は早く・遠く・多くといったことだと多くの人は信じているのではないでしょうか?さて、あなたはどうやって禁煙しますか?



    今回のサムネイルはこちらのものを勝手にお借りしました。
    http://commonpost.boo.jp/?p=20371
    良かったご覧になってください。他にもたくさん画像がありました。




  • 広告
  • 「笑っていいとも」とは?多くの人は実は知らない秘密の実験。

    2014-04-24 15:49
    皆さんこんにちは!ヒロ坊です。こんにちわ!から始めるとなんだか
    共○党を思い出してしまいますが(笑)

    まぁ、気を取り直して。楽しい日常を過ごしておりますでしょうか?
    中には、それどころじゃないよ!なんて声が聞こえてきそうですが(・_・;)
    3月31日でついに国民的番組とまで言われた「笑ってる場合ですよ」
    ちがった。『笑っていいとも』終わりましたね~。皆さんの記憶にも
    おそらく新しいのではないでしょうか?

    世間ではやれタモロスだとかやれタモリ学がー\(◎o◎)/!
    とか言ってる人いませんか?そんなあなたに明日配信予定の
    ご案内です。時間通りできるか自信はないのですが

    『笑っていいとも』という番組はなんだったのか?
    ―多くの人は実は知らない秘密の実験―


    今日あなたは真実を見る。

    番組はこちらからどうぞ!
    (番組といえるほどのクオリティーはありません。)
    http://com.nicovideo.jp/community/co1381204

    http://live.nicovideo.jp/watch/lv177111483?ref=grel

  • 人々の思考がどのようにシフトしていこうとしているのか?

    2014-02-15 21:27
    現在、人々の思考がどのようにシフトしていこうとしているのか?
    ここが、日本という国、国家の実は分かれ道となっていくのだろうな
    ということはわかります。そして、人の思考というものは多くは、
    大多数が考えている方向に動いていくものです。そして、
    それは実を言うと動かされていくとも言ってしまうことが可能です。...

    現在、多くの人は気がつかないうちに危ない方向へとその歩み・駒を自ら進んで行うが如く進めています。『彼らは、自分で何をしているのか
    わからないのです。』だから、しかたない部分も多くはあるでしょう。
    赦さなくてはいけない部分も勿論あるでしょう。
    しかし、それを本当に実行してしまってよいのでしょうか?

    この決断は決してお昼のランチを決めるように決めてよいものでは
    ありません。そうですね。決めるのは私達・僕たちの、そして、未来なんですから。もっと言えば、子供に選択権を残すのか?残さないのか?それを決めるのですから。すべては愛をもって正しい事と思える決断を
    する。ということになります。違いますか?人は正しくは無いでしょう。
    それは皮肉にも歴史が証明しています。だからこそです。だからこそ
    正しいと思える決断をする必要があるのです。なによりも優先すべきは
    すべての上に愛をつける。そして、悩みながら苦しみながら苦悩しながらも、それは、正しき者は一人もいない。その事実を受け入れ、それでもなお決断をしてゆくことなのでは無いでしょうか?

    未来のことはわからない。勿論、わかりません。それは正しいです。
    しかし、私たちは決めずに生きてゆくことなどできはしないのです。
    考えてみてください。思い出してみてください。振り返ってみてください。あなたの人生を。あなたの周りを。振り返れば、決断の連続だったでしょう?違いますか?あなたは、何も決めずに何もせずに生きてきたということは無いのです。人はパンだけで生きているのではありません。
    人は決断することで生きています。だから、考えるのです。そうですね。

    決断とは、実は考えると相互の関係。コインの裏表の関係に非常に似ています。違うのは決断後の結果です。結果は確かに大きく決断する事柄によって変わってしまうのは事実です。しかし、決断していくことでしか
    生きてゆくことが難しいのも本当のことです。
    そして、結果が今の社会はあまりにも優先されすぎていて倫理や論理・正義といったことにあまりにも、あまりにも無頓着となりすぎていることに
    私は危機感を感じずにはいられない。

    例えば、何かのイベントを開催しようとする。
    そのイベントにどうやって来てもらおうか?考えてみたとする。
    ①説得する ②チラシをポスティング ③お金で誘う
    さて、どうすれば一番来ますか?答えは非常に簡単ですね。
    それは『3番のお金を渡す』です。大事なことはなんだったのか?
    その考え無しに結果を重視してしまったその代償は途方も無いほどに
    大きいといえるでしょう。

    でも、それが今の日本です。残念ながらそれが実態です。
    私たちはボタンのかけ間違いをどこかで、直さなくてはなりません。
    そうは、思いませんか?
    戦後私たちの国は大きく発展し大きな社会へと変化してゆきました。
    ゆえに、今の社会システムは構成されてきました。これからも
    この路線はしばらく続くことでしょう。しかしながら、それもいずれ
    限界を迎えるでしょう。人は有限だからです。つまり、人がつくった物も
    有限です。無限はありえない法則です。

    ただ、現在のものを維持していくことは難しいことではあるかもしれないが、不可能ではない。ということも、覚えておいて欲しいのです。
    物事は急進的にもしくは革命的に劇的に変わるということは本当に稀で
    無いといえるほどです。しかし、漸進的に変えてゆくことはできます。
    むしろ、この方が不可能ではなく可能性が高いです。

    なぜなら、そうしてきたから。としか今はいえませんがそうだと思います。なぜそう思うかって?そう、信じてるからですよ。勿論。