ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

引っ越しとその後の植物。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

引っ越しとその後の植物。

2017-04-06 00:47
    引っ越ししていて植物の栽培状況の移設に手間取りました。

    引っ越しといっても実家に行くだけなんですが。数日間2週間程度植物を育てている家を離れていまして、一部の植物が枯れ、そして一部の植物が成長してました。

    今回はそんな植物の画像を上げます。


    フーディア・ゴルドニー
    以前は緑色で生き生きしていたんですが、移設先の温度が低いのか、グロウライトの日差しが強いのか、若干の日焼けかわかりませんが、先端が赤くなっております。



    Turnera diffusa。ダミアナ
    6粒植えて、5粒発芽し生き残る。
    ダミアナは、乾燥に強いです。このパックは底が浅く、よく乾燥するのですが、双葉の段階にもかかわらず萎れた状態を見たことがありません。植え始めて1週間程度は発芽せずにカビっぽいのが見えたこともあって、1粒でいいから生き残って(´;ω;`)と思っていたのに、ここまでの発芽率素晴らしいです。
    本葉が出てきました。



    ハワイアンベイビーウッドローズ
    こちらの種子はYahooショッピングで購入。2粒芽が出ました。そのうちの1つ。
    2週間家を空けたときに双葉が枯れ、本体も弱っていましたが無事復活。



    YOPOYOPO、ヨポヨポ
    5つの種子からこいつだけ生き残る。
    初めから大きな鉢で育てていて今の身長は10cmあるかないか。
    殺菌灯を照射し下部の葉が色素を保ったままパリパリに乾燥し消失するが、生き残る。


    大正キリン。白樺キリン=ミルクトロン
    ネットのお店で購入。東北の冬場にもかかわらず成長している。
    グロウボックスのおかげだと思う。大正キリンを見ればわかるがここ数か月成長した部分がわかる。針が伸び胴体が伸びている。徒長でなければよいが。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。