ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Hoodia gordonii&Parviflora、フーディアの育て方について。幼苗
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Hoodia gordonii&Parviflora、フーディアの育て方について。幼苗

2017-06-14 16:47
    フーディアの種を取得し今現在栽培中である。が、現在どうも生育が芳しくない。

    簡単に言うと緑色がくすんできて成長が止まった状態になっているのだ、はじめに私が思ったことは、乾燥のし過ぎかなと思った。しかし水をあげても吸収されている様子がないのだ。
    日光の不足かなと栽培ライトなどを使用し強い光を当ててみると日焼けして赤みがかった色になってしまった。
    私はその時点であれやこれやと栽培方法を見るのだが、実生の、発芽の方法は載っている、しかし実生段階からどうやって大きくするのかは書いていない。つまりは高湿度で温度があれば発芽する。大きくなるにしたがって外の環境に合わせて行こう。と言った類のものだ、・・・詳しく温度や湿度を数字で教えてくれとまではいかないがアバウト過ぎないか・・・?
    まぁ日本ではメジャーな植物ではないフーディア。海外のサイトではどうだろうか?と見てみると、多くのサイトでは、検索上位のサイトではフーディアがある程度大きくなってから、さらにこうすれば大きくなるよ。といった類の情報だった。フーディアの大きさが10cm程度からの育て方だ、一応内容を書くと、強い光と風、高温、また、控えめな水、土壌は排水性が極めて高いものを使用するという事であるが、前述のとおり強い光で変色してしまう状態の場合、果たしてこの栽培は正しいのか・・・?

    そんなことを考えて1月、2月と時間が流れた、そして、私は新たに精巧丸というサボテンの実生に着手した、精巧丸の実生について情報が少なく。芽が出ないやら、成長途中で死亡の記事は多かった。そこでいつもの如く英語のサイトを見るとそこでも微妙な記事が目に付いた。
    前述したフーディアと同じ、育てている人が少ないが故に起きる現象なのだと思う。またオークションを見てみると、精巧丸については、輸入物が大半を占め、自分が実生し大量に栽培しているという人は少ないことがわかる。

    Youtube
    ユーチューブでフーディアの動画みると食品関連の動画が多い、「これを食べて痩せました!」というものだ、栽培に関する動画は3本程度あったかと思うそれを見てみると、どうやらイスラエルで大量に栽培されているらしい。他の動画ではフーディアの苗が栽培されている
    苗箱の遮光シート(黒い網状)をあげるシーンがあった。そこでは、ちょうど自分が育てたぐらいのフーディアが育っていた。しかしそのあとの栽培のシーンについては無かった。

    このときの自分は「なんだ芽出しか。そのあとの情報が載っていないじゃないか。」と思って、さほど気に留めなかったが、今考えると、違う視点からものが見えてくる。
    今、サボテンの実生をしているのだが、1cmくらいになったサボテンを外気にさらそうとしていた時だ、半日で土が乾燥し、太陽の光ですぐに色が変色した。やってしまったと思い、それをすぐにもう一度、ふたをした(穴あきタッパーをしようしている)。
    室内でも栽培ライトがあり、また、光量が強いものを使用してしまった。すると変色が治らず成長が停止した。

    ・・・ん?これはフーディアと似ていないか?そうしてやっと気づいたのだが、実生したてはどうやら強い光は厳禁であって、サボテンの場合では、発芽に光が必要なので栽培ライトを使用していたが、それも実は強過ぎである。ということがわかった。
    改めて原因がわかると、フーディアが成長しなかった理由がわかる。水を与えても光が強すぎれば成長を止める。光が無くても乾燥していれば成長が止まる。温度を上げれば乾燥が早まったりして湿度を保つことが出来ない。ただしこれは小苗の場合である。
    ・・・また、これはどこからが子供の苗でどこからが大人の苗、十分な大きさなのかの判断を私が見誤った為起きたことなのかもしれない。

    まぁ要するに、フーディアの場合、だいぶ株が大きくならないと外気にさらしてはいけない。
    フーディアは、少しの時間でサボテンよりも大きくなってしまう。本葉、フーディアの場合はトゲであるが、それが4~6本ではまだ子供のようだ。大きさは縦が3~4cmあって、日ごろからサボテンを育てている私にとっては、成長期に入ったと思ってしまったことが失敗の原因であるように思う。

    けっこう長い時間遮光して、高い湿度を維持して、十分に株が大きくなってから外気にさらすことが栽培成功の秘訣だろうと思う。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。