ロフォフォラ、Lophophora属の栽培方法について(翠冠玉、銀冠玉、烏羽玉、ペヨーテ)海外から情報等「2」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ロフォフォラ、Lophophora属の栽培方法について(翠冠玉、銀冠玉、烏羽玉、ペヨーテ)海外から情報等「2」

2017-07-18 10:03
    続き。

    Lophophora Williamsiiの種子栽培手順


    1 - シードトレイまたは小さなポットに堆肥ミックスを入れ、軽く混ぜる。(あなたの家と庭園で購入された苗のミックスはすべて行なわれますが、Ronaのプロミックスは最高です)

    2 - 沸騰水を使って堆肥を浸して寄生虫を殺します。一度浸したら、約1時間排水して冷やしてください。次に水をプールしないようにスプーンの後ろに苗のミックスを押してください...もしあなたがいくつかを押すことができない限り、まだそれ以上排水する必要があります。

    3 - 堆肥ミックスの上にシードを均等に振りかける。そして、スプーンの後部を使用して、シードを軽くミックスの上に落とし、レベルを下げる。

    4 - シードトレイカバーで覆うか、ポットをジップロックプラスチックバッグに入れます。

    5 - あなたの苗を焼くことができるので、ライトの下に置くか、または明るく照らされた窓ではなく、直射日光の下で置く。温度は日中は80(26°C)〜110(43°C)Fに達する必要があり、発芽の最適な結果を得るには夜間に80(26度)以下に落ちなければなりません。

    6 - ポットをジップロックバッグに入れた場合、水は何ヶ月も必要ないかもしれません。シードトレイが乾燥し始める場合は、スプレーして表面を湿らせます。

    7 - 種子は2〜14日以内に発芽すべきである。

    8 -苗木を約4〜6ヶ月のとき、トレイカバーを持ち上げたり、2〜3日間ジップロックの袋に穴を突くことにより、順化始めます。

    9 - 苗を約6ヶ月間間接的な日光に漬け、そしてゆっくりと彼らにもっと光を与えましょう。ライトレベルが正しい場合、苗は青緑色でなければなりません。表皮が赤く変色すると、光があまりにも多くなっていることを意味します。もしそうなら、適切な材料、おそらくチーズ布を使ってライトまたはシェードウインドウを上げる。

    10 - 急いであなたの苗を転がすことはありません。Lophophoraは他人の会社を楽しんでいるので、本当に部屋のために戦うまで待ってください。幅は1〜2センチの間、または半インチより大きくしたくない場合は、もしそうなら、適切な材料、おそらくチーズ布を使ってライトまたはシェードウインドウを上げる。

    苗は2〜10日で発芽するが、わずか24時間で発芽することができ、発芽することができる。最初は光沢のある黒い帽子をかぶった小さな緑色のボールのように見えますが、訓練を受けた目はすぐに子葉と最初の一連の葉に気付くでしょう。

    実愛好家のための余分な成長情報

    ライト -私はタイマーを使用して、私のライトを保ちます。精巧なものは必要ありません。ライトは1日に12〜16時間オンにする必要があります。(これが前記事で書いた植物栽培用ライトが必要な理由。)

    温度 - ほとんどの植物は変動する気温が好きで、Lophophoraも同様です。温度が高温になるか、あまりにも冷たい種子は発芽しません。Lophophoraは5〜55℃の温度を持つようです。発芽の目的のために、夜間の温度が低下する限り、30〜41℃の日中の温度は非常に良好に機能することがわかりました。夜間の気温は25度より低くなるはずです。昼と夜の間には、実際に種子が芽生える原因となるクロスオーバーがあります。このクロスオーバーが満たされない限り、ほとんどの種子は発芽しません。
    また、野生型Lophophoraでは、64.0〜394.0の広い範囲の乾燥を示す。

    成虫(成体だと思われる)のPeyote植物は、華氏45〜130度の範囲の温度に耐えることができます。土壌が乾燥していれば、30°Fの低温でも生き延びることができます。頻繁な散水と日よけ布は、120°Fを超える温度から保護します。Peyoteは凍結や凍結温度に非常に敏感で、霜。それは、温度が40度F以下に降下する場所に持ち込む必要があります。

    水 -生育期には、定期的に週に2回植物に水を吹きます。いくつかは、これは過剰だと思うかもしれませんが、私の植物は丈夫でとても健康です。私はまた、すべての水を与える非常に軽い肥料を追加します。
    (軽い肥料が実は聞いているのかも)
    あなたの給水頻度は、提供される光の強度とプラントレベルでの温度という2つの要因に依存します。これらの2つの要因はある程度蒸発を支配する。メジアンが2〜3日間乾燥するまで、植物は再び水を与えてはならない。植物が飲み物を必要とすると、少し絞ると少し柔らかくなります。植物が良い飲み物を食べた後の1日か2日は、彼らは素敵で手に取るのが難しいです。
    (素敵で手に取るのが難しい・・・?水で張っているサボテンはきれいに植え替えとか動かすのは難しい・・・という意味か?)

    感想
    まぁ通気性がよく、粒が大きい土。4㎜程度の粒チップ。を土壌に使用し、液肥で肥料分を少しづつ与えるのが良く育つコツ。湿度水分は、実は他のサボテンの実生と同じく多湿でも問題はない。むしろ通常より大きい粒の土を使用して通気性が良いために、ちょうど良い湿度にになっているのではないかと思う。




    アルカロイド濃度の増加

    サボテンの主な防御の1つは、多数の外部ストレスに応答して保護アルカロイドの産生を増加させることです。成長するサボテンの植物は、収穫前にアルカロイドの濃度を高めるのに役立ついくつかの方法で「ストレスを与える」ことができます。サボテンは遅い代謝を有するので、アルカロイドレベルに著しい影響を及ぼすためには、成長期全体のストレスがかかる可能性があることに留意すべきである。
    最も一般的で広くテストされているメソッドのいくつかを次に示します:
    シェード:植物の組織中のアルカロイドの割合を増加させるために収穫する前に数ヶ月間生存(またはトリコセレウス(サンペドロ)をカット)しておくことがいくつかの報告がありました。また、メキシコと南アメリカでは、販売される前にしばらくの間、覆われた大きな束にカットサボテンを残すことが一般的です。その練習には正当な理由があるかもしれません。
    余分な太陽と熱:太陽や熱が多すぎると生きているサボテンに最も重大なストレスがかかるでしょう。しかし、ストレスによるアルカロイドの増加は、植物の成長速度に大きく影響し、単にそれを殺すかもしれないことが認識されなければならない。サボテンは日焼けすることができ、致命的になることがあります。
    栄養素のレベルの変化:肥料の異なる式が成長率に影響し、したがってアルカロイドの混合率とパーセンテージに影響します。土壌中の窒素濃度が非常に高いと、サボテンから水を抜き出してストレスを促進するのに役立ちます。あまりにも多くの窒素が植物を燃やす(肥料焼けだのことだと思われる)ので注意してください。しかし、急速に成長しているサボテンもボリュームあたりアルカロイドが低いことを忘れないでください。
    水ストレス:意図した水の犠牲者を奪うことは、アルカロイド含量を増やそうとする最も広範(一般的な)な方法です。多くの人々は、少なくとも1つの生育シーズン前にサボテンを購入し、収穫の準備が整うまで水なしで座らせるようアドバイスします。意図した水の犠牲者を奪うことは、アルカロイドの含有量を増やそうとする最も広範な方法です。多くの人々は、少なくとも1つの生育シーズン前にサボテンを購入し、収穫の準備が整うまで水なしで座らせるようアドバイスします。意図した水の犠牲者を奪うことは、アルカロイドの含有量を増やそうとする最も広範な方法です。多くの人々は、少なくとも1つの生育シーズン前にサボテンを購入し、収穫の準備が整うまで水なしで座らせるようアドバイスします。

    幸せに成長している皆...

    感想
    ウィキぺディアでロフォフォラ、ペヨーテの記述をみると、栽培された品種は麻薬の成分が低く摂取しても意味が無い。とかあるいはそんな成分は全然ない。と記述されていることが少なくない。しかしこの記事で書いたようにストレスを与えることにより成分を増やすことは可能であるかもしれない。とするならば、インディアンが切断したペヨーテを「ボタン」のように乾燥させることはストレスを与えて成分を増やす目的であったのかも。

    それと自分の家では玉ねぎを育てているのだが、玉ねぎの玉を育てるためにリン酸肥料を追肥する。それで、それと同じことがサボテンにも言えるのではないかと調べたら案の定そういうことはすでに行われていて効果があるとのこと。自分は前の記事から苦土石灰にをPH改善の為に~と書いていたが、こういったロフォフォラ属などの塊根植物(塊根部が多い植物)の塊根や根張りを良くするために必要なようだ。与えた肥料は抜くことが出来ないので、苦土石灰などのリン酸肥料は少なめにすると良いらしい。・・・塊根部に麻薬成分を含んだり根に麻薬成分をもつ植物は少なくない(サボテンの岩牡丹等)ので、この栽培記録が参考になれるかもしれない。
    塊根植物といっても太い幹を持つものは、葉っぱの栄養により太るので、チッソが多く必要だと思う。根っこ、芋を太らせるタイプは前述のとおりリン酸が必要かと思います。

    粒の大きい土はゼオライトなどが良いと思います・・・。私にはすこし別な考え方にシフトするのも悪くないと思う。例えば半水耕栽培のような。土壌にバーミキュライト、パーライト。ゼオライトなどの栄養が少ないものを選択し、液肥で補っていくタイプはどうであろうか。


    実は次の記事も用意して(構想はある)いて。次回のはmagicactusさんの烏羽玉の種類と特徴について適当の翻訳しながら書いていきたいと思う。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。