ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

性について、男性と女性の違いについて。生物学的に考えてみる。①
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

性について、男性と女性の違いについて。生物学的に考えてみる。①

2017-10-11 23:35
    別に何かの本を読んでそう思ったとか、何かに影響されたとかではないのだが、
    ちょっと気づいたことがあるので、忘れないために書く。

    なぜ男性と女性があるのだろうか。
    昔クワガタを飼っているとき。そのクワガタの形質を引き継ぐのに有効なことは何か調べた経験がある。体が大きいとかアゴの形が良い、太い。とか。
    ある程度、栽培・・・幼虫の飼育で体型を太くしたり体を大きくすることは出来るのだが、「小さい個体からは、小さいものしか生まれない。」
    わかりやすく言うと両親が小さい、オオクワガタ風に言うとオスの牙・歯・アゴは主に3段階に分かれる。大歯型、中歯型。小歯型。にわかれる。アルキメデスオオヒラタクワガタのように長歯型・短歯型にわかれるような場合もあるが、オオクワガタの場合、個体の体のサイズ、幼虫の大きさで歯の形状が変化する。
    アルキメデスは大型の個体、重い個体でも、短歯型になるものもいれば、軽い個体でも長歯型になるものもいる。

    ある植物の場合、雄と雌があってメスは普段、花粉を付けない。しかし強いストレスを受けると雌株なのに雄花を付ける。その雄花で受粉した種子は、必ず雌株になる。

    要するにYXではなくXXになる。・・・というやつだ。女性だけいれば人類は存続できる説のモデルになっている話である。

    ではなぜ、多くの。現在、地球上で生き残っている生物は雌ではないのか。
    ある意味、そうならないためにオスは力を持って~とか他のメスより生存競争で勝つように~とか性差で語ろうとするかもしれないが。
    実は動物では、その性質上、メスがオスより強いという事は十分あり得る。
    例えばチョウチンアンコウ。雌がめちゃめちゃデカく、雄がとても小さい。
    寄生虫や、昆虫でもそんなやつがいる。
    ある種の高等な動物では、「ハイエナ」が挙げられる。ハイエナの雌のリーダーはオスより大きくそして強くなる。さらに偽陰嚢なんてものまで持ち合わせている・・・。

    しかしそうするとますます迷宮入りである。雄が存在する理由ってなんだ。
    人間はよく、ハーレムを作るために男性は強いんだ。とかの解釈に頼ろうとするが、実際は、ヒトの男女間であっても恐らく女性の因子の方が強く働く。
    女性の形質を引き継ぐ割合が多いのだ。
    これは先のオオクワガタの話に戻るのだが、オオクワガタのオスはどれだけ小さくても、メスとの交尾に問題が無い限りにおいて。子供の大きさにはあまり影響がない。
    反対にメスは大きければ大きいほど、子供も大きくなりやすい。

    これは植物にも言える事象で、花が咲いて花粉が付いて種子が出来た場合、雄花の花粉の情報より雌花の情報の方が種子に多く伝わる。
    ハオルチアやサボテンなどの多肉植物や観葉植物を育てている人ならわかると思うのだが、例えばサボテンの「綴化銀冠玉錦の種子(濃黄斑の)」というものがヤフーオークションで売っていたとする。
    それでもしも綴化銀冠玉錦雄花で、雌花が普通の銀冠玉であったら値段はガクッと下がるだろう。反対に綴化銀冠玉錦が雌花で、雄花が普通の銀冠玉であれば、そこそこの値段にはなる。
    まぁ一番高いのは綴化銀冠玉錦同士を掛け合わせたものだろうが。

    ほかに面白い話では、源平つつじの話なんかがある。なぜこうも同じ花同士で、一部分赤くなり、一部分白い花が咲くのか不思議に思った人が遺伝子を解読したそうだ、すると遺伝子には、遺伝子の情報(色彩を司る部分)を変化させる遺伝子が存在することが分かった。遺伝子自身が遺伝子の情報をわざと変異させるのだ。遺伝子の擾乱(じょうらん)と言ったかな・・・。

    詰まる所、人間にしろ他の生物にしろ同一の性質を持つ遺伝子同士だった場合、その生物に特効の病原体に害された場合、一気に絶滅してしまう。そのため男女に性差や変化をあえて持たせることによって種としての生き残りを賭けたと言っても過言ではなく、そうした方が種として生き残る確率が高くなる・・・ことを私たち自身が、生きていることによって説明している。

    ・・・まぁダーウィンの進化論に通づるものがあるね。

    さらにここで面白い例を挙げる。だったらみーんな男女差つけたり、なんなら男女ではない別の性を付けたりしたらどうだ。とかありそうだが、
    ・・・今回はそれには触れず。私がつながりがあると考えた金融、経済について話そうと思う。

    過去に「絶対に儲かる方法」を編み出し考えた人が居たが、それをみんながやったらどうなるだろうか。・・・それは必ず。全員が破綻・・・失敗する。
    それはマルチ商法に似ている。アルバニアや経済の恐慌で我々が知るように、どれだけ失敗しない完璧な理論を組み上げてもいつかは破綻をしてしまう。
    現在、実際に高性能のコンピューターの演算能力で以って株式を売買しているところがある。そういうところのように、スーパーコンピューター等で儲かる仕組みを考え、その演算能力で以って儲け続けられたとしよう。そしてそれをみんながやりだしたらどうなるだろうか。

    将来、今の先進国はただの廃墟になってしまっていて。サハラ砂漠しか、生き残る場所がない。なんてことにならないことを祈る。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。