大麻は麻薬なのか?危険なのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大麻は麻薬なのか?危険なのか?

2019-01-31 01:23
  • 42


 大麻に関するニコニコニュースの記事で「AAAjoken toys」というYoutuberが逮捕されました。「UUUM」という事務所に所属「していた」という事でシバターさんは、早速いじってましたね。
 でその逮捕の記事で自分は擁護していたわけですね。
抜き出すと。
「日本だと大麻ってアウトローなイメージだけど海外だとむしろメロウな感じなんだよね。メロウって言うのはゆったりとかまったりとか。動画もそんな感じだから悪い人ではないと思うよー。」
それに対しての反応は
「大麻かなんかやってますか?」

これはどちらかというと否定的な意味でのコメント・・・だと思います。
その後は

「大麻は外国だからOKだからなんだよ。ここは日本だよ。じゃあ外国の例を出してやろう。中国だと薬物は死刑ですよ。」

「中国は一定量の密輸が15年から死刑だけど、薬物中毒者(使用者)に対しては中毒にされた被害者って認識だから日本より甘い傾向があるみたいだよ。2週間の拘留かその場で出してもらえる事がほとんどって話」

ここで自分は、以前「アマゾン」で大麻の種の油だとか加工して食べるものを見ていた時に、発芽しないように処理されている大麻の種子が中国産で、沢山あることを知っていたので。

このコメントに違和感を感じました。なので少しネットで検索を掛けると。
その下で自分のコメントに書いていますが、
「中国の死刑の判決の罪状を見たら「覚せい剤」じゃん。しかも222キロ覚せい剤の末端価格が1g60000円だから。とんでもない量と額だ。しかも純度の高い北朝鮮産。で大麻なんだけど。黒龍江省が、約26800ha(2016年)で中国第1位の生産量。アマゾンで中国産の麻の実4kg売ってるわ。発芽しない奴。日本では厳しい法制で産業用であっても禁止。」
という風にコメントしました。

つまり中国で大麻は禁止されて居るどころか栽培が奨励されているし、他のニュースでは中国企業が大麻関連企業に投資をしたり、と日本人が考える世界の動向と、実際の世界の動向にミスマッチが起こっています。

他のコメントでは
個人的には大麻解禁容認派だけど「今は日本じゃ違法」なのに我慢ならなかった時点で論外。 なんなら解禁推進の敵だと思うけどねこういう輩は

>ぐっちぃ 自家栽培をなし崩しで認めさせようとする意図まで丸っとお見通しじゃワレェ

>ぐっちぃ で、世間や家族に迷惑かけてまで大麻でアヘアヘしてもいい理由になるの?


自家栽培を認めさせようとは思ってはいなかったので上のコメントはわかりませんが、一番下のコメントの「アヘアヘ」と書かれているところをみると、日本人の大麻の意識が非常に未熟なのではないかと考えています。

で自分は大麻について、以前はかなり否定的でした。なぜなら危険ドラックや覚せい剤で麻薬というものは恐ろしいものだ。と思っていたからです。

ですが、自分自身「片側視野欠損」という作用をもつ「片頭痛」に掛かり、これから将来どうすべきかと考えていた時に、このニコニコ動画で薬物関連の動画を見つけました(ALISON兄貴とか)。

ナショナルジオグラフィック製作の番組で転載なんですが、ようつべでも見ることが出来ます。覚せい剤、ヘロイン、コカイン、鎮痛剤、マジックマッシュルーム、MDMA、LSD、大麻、デザイナーズドラック(キケンドラッグ)。。。

それはもちろん危険である。という前置きを持って語られますが、ことに大麻と幻覚剤(LSD、マジックマッシュルーム。MDMA)は、なぜか他と比べて否定的ではありませんでした。
否定的ではない理由は、アメリカの映画で日本の番組ではないことと、その薬物の主な用途は医療目的であったためだと思われます。

それが一体「片頭痛」となんの関係があるのかというと、特に幻覚剤、マジックマッシュルームの動画で「群発頭痛」に対してマジックマッシュルームで治療するということがあり、しかもそれが効果てきめんということで度肝を抜かれました。
それでよく言われることなのですが、
「だったら有効成分だけ取り出して処方すればいいじゃん」
と、まーバカでも考えますよね。そうすればみんな助かるし、お金持ちになれると。ですが、こうした薬物はまるっきり規制されていて、単純所持でも違法とされる場合があります。
なぜ規制されているのかというと、マジックマッシュルームの場合、幻覚で半狂乱状態になったり、意識が不鮮明になり高い所から飛び降りる。といったようなことが起こる可能性があるので禁止になっています。

有益であるが危険でもあるのがマジックマッシュルームや幻覚剤の特徴です。

では大麻はどうなのかというと、情報は、ようつべとか海外のニュースによって手に入れたものが大半ですが、大麻を喫煙しまくって、疑心暗鬼になって被害妄想、統合失調症になったりしないし、攻撃的になったりしません。幻覚についてはわずかにあるようです。わずかにある、というのは音楽が良く聞こえるとか食べ物がおいしく感じる。視覚映像が鮮やかに見えるなどで、高所から飛び降りたりとか奇声をあげたりはしないようです。
むしろ医療面で、神経痛症やクローン病、エイズなどに有効な薬物ということで脚光を浴びています。シャーロットエンジェルというCBDが多く含まれる大麻で助かった(もしくは症状が緩和された)女の子の話が有名です。


大麻の流通について
「海外でもどんどん使用が拡大している」と間違いなく言えます。
よく言われることで、「海外で解禁されているというのは嘘だ」
ですが、これも実は間違っているとは言えない。
使用が拡大しているが、解禁されていない。矛盾しているように思えますが、要するに、例えば「アメリカ」を例に出すと連邦法は違法だが州法では合法。州法では一部(カリフォルニア州・コロラド州)では嗜好品大麻すら合法です。
そういえばカナダでも嗜好用大麻が合法になってますね。。。たしかウルグアイもだっけ?

いや、世界的に・・・海外で大麻解禁が広がってないか?

麻薬について一般的なイメージその薬物
日本で大麻の摂取についての症状でなぜ誤解が起きているのかというと、それは薬物の知識が非常に乏しいことがあげられます。
いわゆる人質もって立てこもる事件、刃物振り回す事件、統合失調症で疑心暗鬼になって暴れる。これらの症状は主に覚せい剤の使用が原因で、脳に極端な負担が掛かり、不可逆的な損傷を受けた場合になると言われています。

次に、口を半分開け。よだれを垂らす。無気力になり、上記にあった「アヘアヘ」に近い症状になるものは、ヘロインもしくはアヘンです。

で大麻の記事によくあるコメントでは、
「大麻を禁止しろ!暴力団の資金源になるんだぞ!」
これは完全な間違いで、これを発言している人自身が暴力団の構成員なのではないかと思われます。なぜなら、大麻を解禁することで、反社会的勢力の資金源がなくなるからです。
反社会的組織は、「違法」のものを売りさばくことで資金を稼ぎ、購入したものをゆすったりするわけです。つまり合法化されれば、売り上げたお金をそれを生産した一般人が受け取り、税金を国庫に納めることになります。
そしてもう一つの反社会的組織の考えとしては、違法生産された薬物、大麻の値段を公正な価格から下げて売る作戦があります。市場で1g6000円の大麻を1g3000円で売れば闇の方がうれます。これは「たばこ」でも言えますが、ひと箱1000円で自販機で売っているが、ヤクザが500円で売った場合、ヤクザのタバコを購入する人がいてもおかしくありません。
しかしこれらの作戦は総じて反社会的組織の減収につながります。

さらにもしも厳しく取り締まり、厳罰化や、禁止にした場合どうなるか。アタマの悪い人間は「よしこれで薬物使用者がいなくなるぞ」と考えがちですが実際は、アメリカの「禁酒法」と「薬物戦争」の結果を見れば明らかで、禁止されて入手が難しくなればなるほど、薬物の価値が上昇します。ちなみに日本で薬物を入手するのは海外と比して難しいです。街角で覚せい剤なんて買えません。なので非常に薬物の価値が高騰しています。

禁止:日本の大麻1g4000~6000円

連邦法で違法で州法で合法:アメリカの大麻1g1500円程度

嗜好用も合法:カナダの大麻1g450円程度


大麻についての質問の答えを書いていくと。

アヘアヘ、無気力になる。→ ならない。もしくは、眠くはなる。らしい。

攻撃的になる → 攻撃的にならない。ただし行動的にはなる。アクティブやクリエイティブ。

妄想・幻覚で思いもやらない行動をする。→ 幻覚はあるらしいが異常行動はしない。

反社会的組織のお金になる。→ 合法化すれば減益化・無益化が可能で税金を掛ければ国の税収になる。現状は、反社会組織の資金源になっている。

医療には使えない → 少なくとも日本以外の国では医療用は認めるとする国がある通り、使えない理由がない。

中国では死刑だぞ!→黒龍江省が、約26800ha(2016年)で中国第1位の生産量。ただし産業用大麻。

日本では違法 → 正解

よく他の人の意見で、誰か(AAAjoken氏,高樹沙耶氏)が逮捕されるとみられるコメント。
大麻が解禁されて欲しかったのに逮捕された人のせいで大麻解禁が遠のいた!

これをアメリカの禁酒法時代で当てはめるとどうでしょうか。
お酒が解禁されてほしかったのに逮捕された人のせいでお酒解禁が遠のいた!

これをどう受け取るかはアナタ次第です。

もしもあなたが大麻を禁止するとしたら、想像してみてください。あなた以外に人が居ない世界(もうひとつの日本)に住むとして、家を出るときに車に乗り、発進前にしっかりシートベルトをして、道路や高速道路で制限速度を守り、赤信号で止まり青信号で交差点を渡ってください。
一時停止で速度を0にして左右確認してから道路を進んでください。そして著作権や意匠権違反の可能性が全くない環境に居てください。あなたが見る画像や店でかかる音楽、それは完全に合法でしょうか。
裁判が、警察官が検察官が、必ずかつ完全に合法の行動をしているでしょうか?



この記事は大麻の使用を勧めるものではなく、あくまで、社会的な提言を目的としたものです。







広告
他32件のコメントを表示
×
あんたがいくら吠えようが違法なもんは違法なんよ
吸いたいなら頑張って国動かして合法にしてからな
20ヶ月前
×
ぶっちゃけ大麻使用の合理性はモルヒネのそれに比べて著しく劣るのでせめてモルヒネ並の有用性を見つけてからその上でモルヒネ並の管理を受け入れるつもりじゃないと絶対にありえない
要は大願かなって大麻自由化されたところで気軽にトリップパーティとかはまず無理ってことだ
20ヶ月前
×
こんな思想の奴が出てきてる時点で危険なんだよなぁ。そうなると規制緩和が止まらなくなると思うんですけど。
20ヶ月前
×
中毒性あるよね?レゲエには大麻吸いたいと歌う曲がわんさかあるようだし。
害が無い?じゃあ大麻やって車や電車飛行機などを操縦しても全く問題ないのか?
20ヶ月前
×
海外でも子供には売れない時点でお察し
20ヶ月前
×
結局大麻の良い所ってテンション上がって活発になる位ってことだろ?それ酒と同じ危険性があるんじゃないの?
なんか自分は公正です、みたいな書き方してるけど、大麻を解禁してコントロールできるの?そこ全然書いてないけど
これ吸いながら運転とか就労したらまずいんじゃないの?どうやって検査するの?検査キットとか新たに国で用意するの?
依存症はないの?タバコみたいに吸ってポイ捨ては増えない?副流煙は大丈夫?犯罪件数は増えない?
大麻がないと無気力になったりしない?薬物に対する意識や道徳的な問題は?覚せい剤に対する抵抗が減るのでは?
ざっと考えてもこれ位気になる点があるけど、タバコですら迷惑で邪魔な存在になりつつあるのに大麻なんているか~?
大麻自体が仮に人体に悪影響の少ない薬品だったとしても、制御できなきゃ危険な存在ではあると思うけどね
20ヶ月前
×
大麻って書くと軽く感じるけどマリファナって書くと重く感じる、感じない?
依存性がないって言うのもあれだよね喫煙者が「俺は何回も禁煙に成功したから」って言ってるようなものだよね
20ヶ月前
×
おはようざいまーす。
みんな忘れているけど、アルコールやたばこの方が遥かに危険。
砂糖やチョコレートだって、アメリカでソーダ税が導入されたように、危険。
糖尿病に動脈硬化、高血圧etc...

アメリカで大麻吸っている人間は不健康で就労が困難な人物だと思う?

「バラク・オバマ」も吸っているし、名だたるハリウッド俳優だって吸っている。
でもちゃんと仕事はしている。

依存性が低いから、一週間喫煙するわ。って簡単にできるし、ブラッド・ピットが若いとき喫煙していたけど、
子供が産まれたからもう吸ってないよ~^^ってできる。

タバコ吸っている人間は1週間の禁煙すら何度も出来ない。
もし出来ていれば「休日だけタバコを吸う。」という事が出来るよね?でも実際は出来ない。
大麻はそれが出来る。

仕事ができてるってことは「無気力にならない」し、「ゲートウェイドラッグ理論」が本物なら
オランダは覚せい剤にまみれてる。
次はデメリットなんだけどYOUTUBEで「BUD HEAD TV」では、
車の運転はやめた方が良いと言っている。たぶん注意力が散漫になるからだと思う。日本では代行あるし
これから自動運転車なんて増えるから、大丈夫なんじゃないかなって楽観視してる。
20ヶ月前
×
>>41
どう言おうがほとんどの人間はヤク中だと思ってるからな。笑
賛成派の必死さがキメたくてキメたくて仕方がないようにしか見えないしな。^ ^;
20ヶ月前
×
>>42
・・・たしかに必死かもしれませんね。
現代の医療で治癒が困難な病はあります。それに対して大麻、マリファナを使用するほかに道が無かったら・・・。

・シャーロットちゃんの場合 
ドラベ症候群(難治性てんかん)
2歳のころ連続的なてんかん発作により、ドラべ症候群(難治性てんかん)と診断される。
ひどい時には一晩中50回近くもの発作が襲った。
その後2年間、鍼治療・食事療法、さまざまな強い薬を試したが効果なかったばかりか、ある薬では死にかけてしまう。
1回飲んで呼吸が止まり、
2回目に飲んで心臓が止まってしまい、母が自ら心肺蘇生を行った。 
薬のビジネスを始めるところであった知人にマリファナから薬の抽出をしてもらい、ついに娘にマリファナを投与した。  
週に300回あった発作が、7日に1回。
9か月過ぎたころには0回か1回にまで減少。
99%が減少した。
2年間栄養管を使用していたが、今では自分で食べられる。
話もできる。歩くこともできる。 
シャーロットのための品種には名前がついた。
『シャーロットのおくりもの(Charlotte's Web)』
コロラドでは41人の子供がマリファナを使用しているが、その全員の発作が減少した。  
順番待ちの子供も多い。
CBD オイルから医療大麻を考えるからの抜粋

何というかこのままだと日本人は、大麻も覚せい剤もヘロイン同じ認識で。医療用にコソコソ大麻使用している人を、ヤク中やジャンキーと差別したままになってしまうと思います。
それとも日本人は病でふせって、働けなくて、薬漬けになっている人を可哀想だと可哀想だと思っているだけで満足なのでしょうか?
20ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。