ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

虚無に堕ちし魔神-フォール・ダウン・デモニック-
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

虚無に堕ちし魔神-フォール・ダウン・デモニック-

2013-07-18 17:16


    フフッ、我が記録書庫へようこそ。
    以前の記録で我はドゥガーを放つと言ったなあれは嘘だ...

    我には時間と贄が足りぬ...



    ごめんもう無理、自分が痛すぎで筆が進まん
    ということでまたもデッキレシピ晒し&解説

    いろいろ検証した結果をまとめていこうと思う。
    まずはデッキレシピから――――


    ≪ 7th-DAEMON 2013 ≫

    <グレード3> 8枚
    4 魔神侯爵 アモン “Я”
    4 魔界侯爵 アモン

    <グレード2> 11枚
    4 アモンの眷族 ヘルズ・ドロー
    4 アモンの眷族 ロン・ジンリン
    3 ストーリー・テラー

    <グレード1> 14枚
    4 アモンの眷族 ヘルズ・ディール
    2 アモンの眷族 フウ・ジンリン
    3 ドリーン・ザ・スラスター
    2 イエロー・ボルト
    3 アモンの眷族 ヴラド・スペキュラ

    <グレード0> 17枚 8 0 4 
    1 FV デビル・イン・シャドー
    4  悪夢の国のダークナイト
    4  アモンの眷族 クルーエル・ハンド
    4  ヒステリック・シャーリー
    4  アモンの眷族 ヘルズ・トリック

    とりあえず、これで落ち着きました。
    デッキ名は、ソロモン72柱の中でアモンが7番目というから思いついた。
    DEMON(デーモン)にしないのは文字数的な問題から
    英語の古語でDAEMON(ダイモーン)にすることで元ネタに合わせましたw
    ちなみに自分はまだⅡやってないです。(なぜVITA版を出さなかったし...DL版買えと?

    さて、構築の解説です。

    G3はクロスの成功率を上げるためにクロス元も4積みくらいしか言うことないですね。

    問題はG2以下です。まずG2から行きます。
    テンプレの場合、グウィンを採用するのが一般的なんだと思うけど
    長期的にアドを稼いでいくのを考えるとライブラ互換の方がいいという結論に至った。

    基本3点止めで戦っていくため、Rは相手のRを狙うことになる。
    そのときにアドを稼ぐ手段として自分はストーリーテラーを採用した。
    こいつはスラスターと列を作ったとき、ドローやディール、シャーリーのSC2で
    21kのラインに到達し、当たれば相手の前列を倒しかつ1ドローの2アドを稼げ
    当たらない場合、最低15k要求で手札を2枚削ることができる。
    アモンデッキの場合、CBが余るのでこいつに全部使っても問題ないという仕様。

    というか、いつはこのために作られたんじゃね?
    というくらいしっくりくるんだがw


    ちなみに他の候補の評価が以下の通り

    グウィンの仕事は相手の後列除去することなんで
    ハンド枚数的にも1枚差しか生まれないため微妙と判断。
    (これならカーフでも変わらないしね。)

    サイコ・グレイブも瞬間的に26kという出力を出せるのだが
    それの行先が詰の場合を除いた時、相手のRに向かうため、
    よほど重要なRが相手にいない限りパワー上げるのが無意味と判断。

    ナレッジでハンドのアモンを
    ソウルにツッコムという手段も考えたがVヒット時という仕様上
    3点止めというコンセプトと合わない上に
    ドリーンとの組み合わせで20kまでしか安定してラインが上がらないため却下。


    そして、G1の構築
    基本的に安定性を求めるか爆発性を求めるかで好き嫌いが出てくる部分です。
    安定性を求める場合はG1アモンを入れ6枚ソウル貯めるだけで終了する組み合わせ。
    爆発性を求める場合はスラスター採用でヘルズ姉妹やシャーリーでラインの押し上げを
    狙っていく組み合わせを考えていきます。

    前者の場合、G1アモンとの組み合わせを考えると
    ソウル補助も最低限で、アモンЯが+☆発動出来るだけ溜まればいいから
    最悪シャーリーだけでも問題なし、余った枠にカーフとか入れられます。
    あとアモンなので後攻1T目からディールを安定して使えるようにもなります。

    後者の場合、スラスターを安定利用するために
    さまざまな補助をいれなきゃならない代わりに
    アタッカーのラインを自由に変更可能という点があります。

    今回は、ヘルズ姉妹を運用したいというのと
    ストーリーテラーのライン押し上げがあるので後者の型で組みました。

    まず、スラスターの最低出力をあげるのと同時に
    アモンのクロス成功率、アモンの出力上昇、自ターン呪縛との相性から
    イエローボルトを採用。
    仕事場はV裏で序盤から出せるなら先攻2T目、後攻1T目から頑張ってもらいます。

    あとは、ソウルチャージ補助としてディール
    準アタッカーでフウリン
    特に意味のない名称完ガをツッコんで完成です。


    そして、必要なもののバランスをとった結果が上のデッキになる。
    正直、ディール3枚でスラスター4枚にした方が安定感が上がるかも知れないのだが
    ヘルズ3姉妹を減らすのはなぁ…と考えとりあえず保留中

    戦法はうまく3点止めしつつ、ストーリーテラーでアド差を広げていく感じ。
    他の3点止めするデッキと違ってライブラ互換が素直に馴染む点で
    うまく差別化出来てる気がする。


    とりあえず、こんな感じですかね。
    最近、友人たちがうちに遊びに来てくれないので
    動画撮れないから、ブロマガがただのデッキまとめとなってるなー
    まぁ仕方ないかー でわ さよならー



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。