テレビと若者に対する期待
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

テレビと若者に対する期待

2016-06-11 02:51
    こんばんはkazuです。

    今回は「テレビがつまらない」をテーマにくだをまこうと思います。 ここ数年、テレビを見ないでラジオを聞いていましたが、天涯孤独になり、テレビを見るようになりました。が、テレビがつまらない。 理由はわからないけど「つまらない」とにかくイラッとくる。 生理的に受け付けないって感じはこういう事をいうのだろうか? テレビのスイッチを入れて30秒もすればチャンネルを変えるか、スイッチを切ってる。 正直、自分でもテレビの何が嫌なのかがわからない。 消費を煽るグルメ番組やCMは嫌だ。 芸能人のゴシップも嫌だ。 人の不幸の話題も嫌だ。 嘘だらけのドラマも嫌だ。 音楽番組も興味ない。 アニメも何故か興味ない。 スポーツもハイレベル過ぎて嫌だ。 ベテランばかりが出演する番組が嫌だ。 何か嫌、嫌だらけになってしまったが、その位テレビにアレルギーを感じる。 そんな自分が楽しみにしている番組がある。 それはEテレのハートネットTVである。 この番組は障がい者の番組だが、自分にとっては身近な話題だからだ。 まあ、自分の好みは脇に置いて何故テレビが「つまらない」のかを考えたい。 まず、私の過去のブロマガに寄せられたコメントで若者向けの娯楽がないという旨のコメントがあった。 私はおじさんだが、若者向けの娯楽が少ないというのは感じている。 今、日本に溢れている娯楽の殆どは、1980~2000年代頃には登場していた娯楽だ。テレビ、映画、音楽はもっと古い。 最近と言われているTVゲーム等も生まれた時からあったという若者も多いと思う。 ハッキリいって最近生まれた娯楽というものが私にはわからない。 最近は何も新しいものが生まれていないのでは。 これは、もしかしたらテレビだけの問題じゃないかもしれない。 世の中が膠着化しているのではないか? 世の中が柔軟性がなくなっている? 世の中が成熟して老化が始まってはいないか? 漠然とした事しか掴めない。 時代が掴めないからテレビに求めても無意味なのだろう。 テレビもハッキリ伝えたい事がないのだ。 昨日チラッとベッキーの仕事復帰会見の最初だけ見た。 腹が立ってテレビを消した。 一人の人間にまるで地球を滅ぼした悪人かのように晒しあげるマスコミ。 人に対してよくそんな事出来るなと腹が立つ。 自分達がその立場だったらどう感じるだろう。 平気でいられる人はいないと思う。そんなもの喜んで見ている人なんて一部の人だと思うし、趣味悪いと感じる。 マスコミが取り上げなければとっくに鎮火している話しだ。 私が何を言いたいかハッキリさせると「マスコミは取り上げるネタが無い」「今の社会が目標がなく迷走している」という事だ。 そこで、ひとつ私の狭い考えだが、40歳以上の方々は役職から降りてもらいたいと個人的に思う。 そして、若い世代の人達に新しい国造りをしてほしいと思う。 乱暴な考えだが、若い人達に任せたほうが良いような気がする。 そして、良くも悪くも新しい刺激を自ら作っていってほしいと思うのは乱暴だろうか? 40歳以上の人達はどうするのか? それは若い人達が考えてほしい。 切り捨てるのとは違う。 新陳代謝を計りたいのだ。 こんなに老人が幅を利かせているのはおかしいのだ。 老人はそれに気づくべきだ。 ご隠居するべきだ。 無理すぎる提案を挙げたが、テレビに出演している人達や社会の高齢化を見ていると思うのだ。 テレビの出演者が10~20年前から変わらないのは明らかにおかしい。 そんな感じでテレビの違和感を感じる事を書いて来たのだが、もっと書きたい事はある。 しかし、そんな事して意味があるのか?とも疑問が湧く。 少しテレビの話題と社会の問題と混じってしまった。 もっと理路整然と文章を書けるようもっと努力しないと。


    今回、散々くだをまいたが、まだまだ、くだをまきたりない。 今回も纏まりのない文章で、こんな駄文読む人いないだろうなと、タカを括ってフフッと笑っているのである。 しかし、忸怩たる思いがある。 私は若い人達の世作りをしたかった。 だが、若者の方が私よりしっかりしている。 私はお荷物だなと寂しく思うし、半分隠居しなければいけないのは自分だと感じる。 期待してるよ若者達!

    (改訂版第2稿)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。