精神薬を断薬中・・・途中報告その2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

精神薬を断薬中・・・途中報告その2

2016-09-06 17:04
    こんばんはjimkazuです。

    今回も断薬の途中報告の記事です。

    前回の記事から3日経ったのですが、色々と変化がありました。
    サインバルタカプセルの離脱症状と思われるシャリビンは断薬10日あたりからは感じなくなりました。 しかし、新たな離脱症状が現れました。 考えがまとまらない状態と身体の動きのギクシャク感・・・これは、ペンゾジアゼピン系薬の離脱症状だと感じました。 考えのまとまらなさは、会話に現れました。 同じ言葉を何回も繰り返す状態、次の言葉が出てこない・・・話題を変えると言葉が出る。 言いたい事が表現できない辛さがありました。 ツイッチの方で、弱気なゲーム配信をしていましたが、言葉も感情的にも他のゲーム配信にはないリアルな精神薬の離脱症状中の私の状態が、放送として流れた訳です。 ツイッチを見られる方でjimkazuで探せば、タイムシフトが見られるはずです。(タイムシフトなので時間が経てば見られなくなります)そこには私がダメダメな人間である事の証明がされていると思います(マジレス)。 まあ、離脱症状に苦しみながらも、順調に睡眠薬は飲まなくなりました。

     ニコ生は深夜が面白いので夜の間は乗り切れます。 しかし、昼間は薬の血中濃度が安定せず、睡眠不足と重なって、苦しくて苦しくて、感覚が冴えているのか?眠いのか?自分の状態が理解できず、布団に臥せってると、5分くらいの睡眠→覚醒→睡眠→覚醒の繰り返し、時間の感覚も変で、長い間、眠っていたと思ったら15分しか過ぎていないとか、しょっちゅうで、なにもできなく廃人状態。 もう、ひたすら眠るしか抜け出す方法はない。 そして、ブロマガの記事を書いている。 どうも、波がある様で普通に暮らせる時間と廃人状態の時間帯が
    ある。 現在までの成果報告を下記に。

     ベンザリン錠5mg、1錠
     コントミン糖衣錠25mg、1錠
     ゾピクロン錠7.5mg、1錠

    途中報告その1で減らした分に加え、この3日でこの3錠が減った。 これで睡眠薬は完全に断薬できた。

    普通こんなに早いペースでの断薬だと、もっと、もっと苦しい状態に陥ったと思う、しかし、私はこの薬を十年近く飲んでいたので、身体に薬に対する耐性ができていたのかもしれない?

    断薬の次の計画は、日中の薬をどう減らすか?である。 24時間を減らした薬の量に身体を慣らして行かなければならない。 これからは、薬の量+時間管理の要素がポイントになる。

    その前に睡眠薬がない状態に身体をならす必要がある。 今はその期間中。


    今回の途中報告はここまでです。 次は恐らく日中の薬の減薬のお話になると思います。
    何回も書きますが、病院や医者から見放されたので、自己判断、自己責任で断薬しています。 成功しても、ハッピーになるか?は疑問ですが、実行あるのみです。 あまり気にはしていなかった部分に不安感が消えた事に意外さを感じています。 大量の薬を飲んでいた時よりも薬がない状態の方が精神的に楽なのです。 この事は意外すぎて訝しく思いますが、楽なのはうれしいです。 ただ、断薬は医師と相談して行ってください。 このブロマガの真似をして被害にあったとしても、私は責任を取れませんのでご理解ください。

    ※個人の感想です。


    初稿 平成28年9月6日
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。