リオオリンピックの後
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

リオオリンピックの後

2016-09-07 14:23
    こんにちはjimkazuです。

    今回は下調べ無しの記事ですので、言葉遊び、暇な人の空想だと、思ってください。

    今回のテーマは「リオオリンピックの後」という漠然としたテーマです。

    私、個人の感想では想像よりは「盛り上がったなー」という感じです。

    しかし、「それがどうしたの?」という感じです。

    リオオリンピックが終わった後、私達の身の回りに何か変化があったでしょうか?

    オリンピック開会前となんら変わりない生活を暮らしているのでは?

    少なくとも私はオリンピックによる変化はありませんでした。

    なんだかんだ言っても、所詮、お祭りです。 憂さ晴らしには良いかもしれませんが、憂さ晴らしで人生が変わったら、それまで何やってたのか・・・? になります。

    世の中、私もそうですが「お祭りが嫌い」な人もいます。

    お祭りのバカ騒ぎには、冷ややかに思います。 古今東西、お祭りはお金を強制的に動かす役目がありました。 現にお祭りってお金かかりますよね。 祭りを運営するにもお金がかかります。 遊ぶにもお金がかかります。 滞っていたお金を動かす・・・。 お金は社会の血液ですしね。 動けば気分を高揚させます。 しかし、動いたお金は、みんな集まる所が決まっています。 そういう所は喜ぶでしょう。

    我々の懐は寂しくなる一方です。

    身を粉にして働いて、一時楽しんで、懐に寂しい思いをさせて、また働く・・・。

    現代にこの考え方は合っていません。

    では、オリンピックを例えに出しましょう。

    4年間、働きに働いて、オリンピックの数週間で、4年の努力を水の泡にしてまで、楽しみたいですか? オリンピックに打ち込めますか? 失う物が大き過ぎます。

    最近、思う事は外出すると、やたらお金がかかる。 ダメージが大きい。

    ゲームは単品では高いが、時間に対するコストが低い、つまり懐に優しいのだ。

    一日外出すると、2~3千円は軽く飛んでいく。 一日って言っても8時間も遊べば充分だと思う。 一方、ゲームは8千円のゲームを80時間遊んで、一時間のコストは100円だ。 8時間だと800円・・・。 ゲームを遊ぶ若者が多いのも頷ける。

    貧困で苦しんでいる人達に、お祭りだから・・・。 オリンピックだから・・・。 「お金使いましょう!」って言ってどうなるんでしょう。

    東京オリンピック・・・どうなるんでしょうねぇ。


    今回の記事は未来の事を考えていません。 不確定要素が多い中、楽観的になれないのです。
    何故か? 消費至上主義からの脱却がないと、世の中は良くならないと思っているからです。
    消費至上主義が世の中をいびつにゆがませていると私は思っています。 楽しい事には必ずお金の影があります。 楽しい事にはお金のかからないのが理想の社会だと思うのですが、その事は皆様に問いて今回の記事を終わりにしたいと思います。

    お金のかかる社会・・・楽しいデスカ?


    初稿 平成28年9月7日
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。