「AutoHotKey」による作業効率化~その1~基本
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「AutoHotKey」による作業効率化~その1~基本

2014-02-08 20:00
  • 3
……本日皆様にお集まり頂いたのは他でもない。
「彼ら」の存在意義についてです。
再三の注意にもかかわらず、彼らはその素行を改めようとせず、
我々にとってはほぼ無益。また迷惑をかけ続けている者もいます。

無論、意味なくして生まれてきた者などおりません。
彼らは彼らで存在意義はあるのでしょう……。

しかし……だ。

このまま無意味に放置することは我々にとっても有害…
また、「彼ら」も有益な者として我々に貢献したいと望むはず。

そこで、本日ここに、対策を取りたいと考えております。


その問題児とは……
こいつらDA☆!!




仕事しろ!


一等地にいるんだから
もうちょっと頑張れ!



邪魔すんな!(切実)









茶番は以上。



AutoHotKey
というフリーツールをご存じですか?

結論を先に言うと
(1)右クリックでメニューを開く
(2)右クリックメニューから「メディアオブジェクトの追加」を選択
(3)メディアオブジェクトメニューから「図形」を選択してタイムラインに挿入

……という
連続した操作を[無変換]+[X]のような、
フリースタイルのショートカット
にする
ことができます。
繰り返し実行する操作を自由にショートカット化できるわけですね。


結構有名なツールらしいので、ご存じの方も多いかと。

まぁ、細かい使い方はコチラのページを参照するべし。
AutoHotKeyを流行らせるページ (いつの間にかサイト消滅)

AutoHotKey Wiki

動画制作上では、キーを順番に処理していく機能が非常に役に立つので
そちらの機能を紹介します。


(1)まずインストール。話はそれからだ。
ダウンロードはコチラから。
http://www.autohotkey.com/

特に難しい所はないと思われます。レジストリもいじらんし。
タスクトレイにこんな緑色の「H」のアイコンが動いていればOK。



インストールが終わると、
マイドキュメントに「Autohotkey.ahk」
というファイルができるはず。

コイツをテキストファイルで開いてください。

あるいはタスクトレイのアイコンを右クリックすると
「Edit This Script」というメニューがあるので
そちらを使ってもOK







こんな感じで英語がうじゃうじゃ並びますが、気にしてはいけません。
全部消しましょう。



(2)鉄則を覚えよう!
覚えろ!とゆーても、わからなくなったら参照すればOKです。
暗記する必要ゼロ!
鉄則は以下6つ。

①押すべきキーの後ろにコロン2つ

②修飾キーを覚えよう!

※修飾キー=[Shift][Alt][Ctrl][Windows]キーのこと。

③修飾キー以外の組み合わせは[ & ]マーク!
※[&]の両サイドには半角スペースです

④send,の後ろの文字以外のキーは{}で囲め!

⑤日本語専用キーはキーコードで指定

⑥最後のReturnを忘れずに!
※なくても良いことあるけどね……。


(3)やってみる
①[Alt]+[Delete]で「テキスト全消し」
「テキスト全消し」というのは[Ctrl]+[A]でテキスト全てが選択された状態で
「Delete」を押します。
これをAutoHotKeyでやってみるとどうなるか。
まず、AutoHotKey.ahkを編集の為にテキストで開いて、原則通りに記載します。

こうなる。






意味は以下の通り。


[Ctrl]+[a] を押した後に[Delete]を押す、という手打ちだと2つの動作が
一つのショートカットにまとまりました。

ファイルを上書き保存したら、このファイルをダブルクリックしてください。
右クリック「Run Script」でもOK





②[無変換]+[x]でGIMPの貼り付けレイヤー有効化
GIMPで選択範囲をコピー&ペーストすると、一時的に「フローティングレイヤー」という
領域に貼り付けられ、そのレイヤーを処理する必要があります。



決して意味のない機能ではないんですけどね。
貼り付けた後はほとんど「追加」だと思うのです。

これが地味に面倒だったりするので、ショートカットにしてしまいましょう。

コピーは[Ctrl]+[c]
ペーストは[Ctrl]+[v]
GIMPでの「新しいレイヤーの追加」は[Shift]+[Ctrl]+[n]とあります。

これをAutoHotKeyで実現してみましょう。
こうなります。



意味は以下の通り



これで
[無変換]+[X]を押すと
①[Ctrl]+[c]
②[Ctrl]+[v]
③[Shift]+[Ctrl]+[n]
と3つのキーを順番に押していく作業が一つのショートカットになりました。


とりあえず基本編は以上。
このツールを使って、冒頭に挙げた使えない子たちを有効に使っていこうと
しています。
とりあえず
「NumLock」を「=」にしちゃうのがExcel使いとしては地味に楽w。

要らん小ネタを挟んだ為に長くなりましたが、次回は実践編です。

併せてご利用くださいまし。


広告
×
ありがとよ。
これで、[ctrl]+[alt]+[1]という、片手では出来ないコマンド入力から解放されそうだ。
34ヶ月前
×
Num lockの話はほんと同感w
24ヶ月前
×
笑った
10ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。