ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【自作PC】PCを改造する話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【自作PC】PCを改造する話

2015-06-27 05:48
    PC自作派の人には当たり前の話なので、そういう人にとってはそう目新しいトピックではないですが。



     さて前回自分がPCを組んだのは、確かAMD*1からTrinity世代*2のAPU*3が出るかどうかというあたりで、当時最新のAPUだったA8-3870Kとはマザーボード*4のソケットの規格*5が変わるのでどうしようか悩みながら、結局必要に迫られて買った覚えがあるので、かれこれ3年ほど前になりますかね。

    ※ 与太話は自作する人にとっては面白くても、あまりPCの中を開けない人にとってはイミフだと思うので、興味無ければ適当に読み飛ばして下さい。


    *1 APUあるいはCPUというPCの心臓部ともいえる部品を作っているメーカー。主なメーカーには他にIntelがある。
    *2 APUあるいはCPUは、製造プロセス(主にトランジスタなどの内部の部品の配置や、その配置サイズ)の違いによって世代分けされて呼称され、それは後述するソケットや対応する他の部品、使える機能などに違いがある。
    *3 APUとはPCの心臓部の部品であるCPUの一種で、主にAMDが製造しているGPU(グラフィックプロセッサーユニット、ディスプレイに画像を出力するもの)が一体化したCPUを指す。
    *4 マザーボードとは、PCを構成する部品を取り付けるベースとなる基盤の部品のこと。
    *5 ソケットとはAPUあるいはCPUをマザーボードに取り付ける差込口のことで、*2にあるように、APUあるいはCPUの世代(製造プロセス)によって対応するものが変わることがある。通常は2世代くらいは同じソケットが使えることが多い。なおCPUなどは発売される前に大体のスペックがリークされている事が多い。

     自作派といっても、もう趣味でPCを作ることが目的になってて「新しいパーツが出ればとりあえず新規に一台組む」という人から、ベースとなるPCを組んだらその後は必要に応じてパーツを追加したり壊れた部品を更新したりするという人まで、いろんなタイプがあります。
     自分は後者で、今回はそうやって維持してきたPCを抜本的に更新する狙いで、古いPCから流用できるパーツは流用しながら一台組もうと思っています。

     既にあるPCに部品を追加して更新したり、パーツを流用して新しく組むということは、当然ながらお財布に優しいですし、また必要に応じたところをパワーアップできるというメリットがあります。PCの買い替えを検討されている方は、次に買うPCを自作または改造するのでなくても、それを改造するのを視野に入れた機種あるいは構成選びをするのをお勧めします。



     以前のPCを流用、あるいは改造して更新する場合、使える部品や買い換えて効果がある部品はおおまかに以下のようになります(最大を☆5つで5段階評価。評価基準は私の主観です)。
     なお、ここで言う「部品の買い替え・改造」とは既存のPCの一部の部品だけを交換すること、「流用」とはそのパーツ以外の多くを新調して新しくPCを組むこと、を指します。まぁ境目は曖昧ですけど。

    【CPU】
    流用頻度:☆
    買い替え効果:☆☆☆☆☆
     PCのメインとなる部品ですので、これを新しいPCに流用することはまずありません。
     言い換えれば自作において新しくPCを組むきっかけになるのは、CPUの買い替えである場合がほとんどです。
     CPUを流用するとしたら、PCケースにフルサイズのグラフィックボードが組み込めなくて、CPUとマザーボードを流用して新しいPCケースに組み込む場合でしょうか?まぁこの場合、これができる人にはここに書いてある事は釈迦に説法だとは思いますが。
     CPUの買い替えの際には、新しい世代(製造プロセス)のものに買い換える場合がほとんどであり、CPUをマザーボードに取り付けるソケットの規格も変わってしまうため、マザーボードも同時に買い替える必要があり、費用はかさみます。
     例外として、IntelのCeleronやPentiumなどから同世代の「Core i」シリーズに替えたり、「Core i」シリーズ内でもi3からi5、それらからi7など同世代の上位のシリーズに替える場合には、マザーボードの交換が不要なものもあり、その場合それなりの金額での対費用効果はあります。
     PCのメインとなる部品だけに、交換した場合の効果が一番実感できる部分です。
     とはいえ、最近のトレンドは処理能力より省電力であるので、「処理のもたつきがなくなる・動画や3Dモデルの動きがヌルヌルになる」という方向の効果があるかどうかはモノによりますが。ああ、燃えるようなAMDのCPUの進化が懐かしい(主に物理的に)。

    【マザーボード】
    流用頻度:☆
    買い替え効果:☆☆
     これもPCのメインとなる部品ですが、上記CPUの項で説明したように、CPUを買い換えるとほぼ自動的に買い替えとなるので、これを新しいPCに流用することはあまりありません。
     逆にいえば、CPUとともに長く使う部品であるので、できるだけ良いものを選びましょう。
     マザーボードだけを買い換えるというパターンは、マザーボードが壊れたとかいうのでない限り、あまりありません。マザーボードの機能を拡張したい場合には、拡張カードというパーツが別に売られていて、それを取り付ける場合が多いです。
     無理やりマザーボードだけを買い換える例を挙げるとすれば、グラフィックボードを取り付けるソケットの有無やチップセット(マザーボードの性能・機能を決める部品)を違うものに替える場合、あるいはNUCのような特殊なサイズのものから改造する場合でしょうか?ただし、対費用効果はとても低いと思います。

    【メモリ】
    流用頻度:☆
    買い替え効果:☆☆
     この場合の「メモリ」とは、携帯やスマフォ、SDカードやメモリースティックなどの記憶領域としてのメモリではなく、CPUが処理をする際に使う部品を指します。なので、ハードディスクやSSDなどではありません。
     一応、流用頻度は高いほうであり、また買い替えて取り替えたり、余ったメモリを他のPCに増設したりする事も多いです。ノートPCだと、デュアルチャネルで動作可能なCPUであれば1枚挿しのメモリを2枚にすることで性能の向上を見込めます。
     ですが、この記事を書いている現在から2年ほどは流用頻度も効果も下がるかもしれません。理由は、メモリの規格が現在のDDR3というものから、より高性能なDDR4というものに変わりつつあるからです。この2種類については互換性が無いため、最悪CPU・マザーボード・メモリをまとめて取り替えることになります。
     とはいえ、DDR4が主流になってもしばらくはDDR3も流通していますから、メモリの容量を大きなものに変えたい、増設したい、動作クロックの高いものに変えたい、という比較的簡単にできて効果も大きい改造は充分可能です。

    【グラフィクボード】
    流用頻度:☆
    買い替え効果:☆☆
     流用頻度、買い替え効果ともかなり高い部品です。
     最近のCPUは内蔵されたグラフィックチップがあるので、既にあるPCがそれで作動しており、その能力に不足を感じた時などに増設して、最も効果を感じられる部品でもあります。
     一応、よっぽど古いPCであればソケットが違って取り付けられなかったりもしますが、そういうPCはグラフィックボード云々より、もうすっぱり全部買い換えて下さい(爆)。
     PCショップなどでBTO(PCショップで見積もって作ってもらうPC)したりする場合に、一番予算が融通が利く部分でもあり、CPUのいいものを選んでグラフィックボードはとりあえず内蔵グラフィクチップorロースペックなもので我慢して後でいいグラフィックボードに換装するか、そこそこなCPUにしてグラフィックボードはこの後に買うor自作するPCでも流用する事を念頭にいいものを選ぶか、などを選択できます。
     ただし、CPUとマザーボードの関係のように、グラフィックボードはそれを収めるPCケースと関係し、グラフィックカードが入るPCケースに買い換える必要がある場合があります。
     グラフィックカードには、その幅によって標準サイズであるフルハイトと、省スペースPC用のロープロファイルという2種類があり、ロースペックなグラフィックボードを搭載しているPCであればハイスペックなグラフィックボードに買い換えた際にPCケースも買い換えなければならない場合があります。
     基本的にグラフィックボードが無いorロースペックなPCは、ロープロファイルのグラフィックボードしか挿せないPCケースである構成が多いので、将来的にハイスペックなグラフィックボードを取り付けたい場合には購入する時に注意が必要です。
     また、後の電源の項でも書きますが、グラフィックボードをハイスペックなものにする場合、電源の新調も必要な場合がありますので注意です。
     一応、またこれも記事を書いている時点でHBMというグラフィックボードの新しい技術が市場に下りてきてはいますが、値段がこなれて主流になるのは1年半ほど先だと思われるので、そこまで神経質になるほどでもないかな?発売されたAMDのグラフィックボードは世代的に既に古くなるのが確定しているし(AMDのものはHBM1.0で、この後nVidiaからHBM2.0のものが出る)、名前からは地雷臭しかしないし(マテ。

    【ストレージ】
    流用頻度:☆
    買い替え効果:☆☆
     ストレージとはハードディスクドライブ(HDD)やSSDなどのことで、流用頻度、買い替え効果ともあまり高くはありません(個人差あり)。
     これらは自分は消耗品と割り切っているので、PCを新調する際には流用せずに新しく購入してOSを新規インストールすることが多いです。また、以前のPCで使っていた場合には、当然いろいろとデータが保存されていて容量も少なくなってきているので、古いストレージは外付けとして利用する場合が多いです。
     とはいえ、急な故障でPCが使えなくなったがOSが入っているHDDなりSSDなりは生きている場合、新しいPCに古いストレージを載せ替えるだけでそのまま使えることが多いので、ストレージの寿命が気にならなかったり、「新しいPCにはOSをクリーンインストールしたい」というのが無いのであれば、選択肢としては普通にありだと思います。
     PCを改造する場合は、壊れたのでない限り、取り替えではなくて増設する場合が多いです。 なお一昔前のPCの場合、3TB以上の容量のHDDは扱えない場合がありますので、よく調べて買いましょう。

    【電源】
    流用頻度:☆
    買い替え効果:☆☆
     PCの各パーツに電力を供給するユニットです。
     流用頻度は個人的には高いですが、これも消耗品なので新調のタイミングで買い換える人もいるかもしれません。また、PCケースを新調した場合にはPCケースに付属している場合があるので、それに不満を感じなければ付属の電源をそのまま使うかもしれません。
     ですが、グラフィックボードのハイスペックなものを積む場合には、高出力の電源が必要になり、既存の電源やPCケース付属の電源では対応できない場合があります。
     また消耗品ですので、長年使ってくると夏場・冬場などに電力の供給が不安定になる場合があり、買い替えが必要になります。
     それ以外においては、買い換えたことで実感できることといえば、ファンレスやファンコントロールが付いたものに買い換えた時に静かになったとかくらいでしょうか?

    【PCケース】
    流用頻度:☆
    買い替え効果:☆☆
     PCの各パーツを納める箱です。
     流用もしますが、自作派の人は大抵古いPCは古いPCで「なんとなく」サブPCとして組み直してしまって結局流用しない場合が多い気がする…、自分だけ?
     買い換えるケースとしては(ケースだけに!)、PCケース自体の破損以外ではグラフィックボードの拡張スペースが無い、容量の大きな電源に買い換えた時に納めるスペースが無い、あとは自分の趣味、でしょうか?
     この前自分が組んだ時は、丁度USB3.0規格がスタンダードになりつつあった時で、買ったPCケースのフロントベイにUSB3.0端子が無くて3.5inchベイにポートをつけました。
     最近の省スペースなPCケースは、オープンベイ(外からアクセスできるDVDドライブなどを設置するところ)が無かったり少ないもの、グラフィックカードなど拡張カードのスロットが少ないものがあるので、購入する際には前面の端子なども含めてよく検討しましょう。
     まぁオープンベイについては外付け光学ドライブなどで代用する場合が多いみたいですけどね。

    【光学ドライブ】
    流用頻度:☆
    買い替え効果:☆
     CD、DVD、Blu-rayディスクなどを扱うユニットです。
     OSのインストールに必須ですから、1台に1つとまでは言わないにせよ、最低1つは必要です。以前は内蔵で付いているのが当たり前でしたが、ノートPCなどにも付いていなかったりもするので、内蔵より外付けのほうがいいかもしれません。逆に外付けが1つあれば流用、というか共用可能です。
     なおBlu-rayドライブ系は要求電力が高いものが多いらしく、USBから電源を供給するバスパワーで作動するものは、相性があるようなので注意です。「Blu-rayを4Kディスプレイで見たい!」とかいうのであれば、内蔵も選択肢に入るんじゃないかな?
     最近はスロットインタイプ(昔のノートPCに内蔵されてたようなもの)もあるので、古いノートPCからバラして組むのもありかも。GBASベゼルという共通規格もあるみたいだしね。電源・ケーブルはスリムSATAになるから変換ケーブルが必要です。
     買い替え効果は対応するどのメディアを必要とするかで変わってくるかな。最低DVD-ROMあれば事足りますしね。

    【ディスプレイ】
    流用頻度:☆
    買い替え効果:☆☆
     流用頻度は高いです。解像度やリフレッシュレートに不満が無ければ特に買い換える必要も無いかな。HDMI端子ついてれば最近のTVでも流用できますしね。選ぶ人がいれば、FPSゲーマーか、カラーマネジメントに厳しい人くらいか?
     あまり解像度の高いものを選ぶと、グラフィックボードもそれなりのものが必要となるので注意。
     古いPCをサブPCにするなら、ディスプレイ切り替え器とか購入しても便利かも。

    【入力デバイス】
    流用頻度:☆
    買い替え効果:☆☆
     マウスとかキーボードとか。流用するも良し、新規に購入するも良し。
     買い換える場合は、壊れているのでない限り、スペアとして置いておくのをお勧めします。
     マウスは戻る・進む・dpiカウント切り替えが付いてると色々捗ります。
     有線式が1セットあると安心。

    【その他】
    CPUクーラー・GPUクーラー・拡張カード・フロントベイアセンブリなどはお好みで(書くのが面倒ry)



     さて、今回自分が組むPCは…

    【CPU:新調
    Intel Core i7 4790K
    http://ark.intel.com/ja/products/80807/Intel-Core-i7-4790K-Processor-8M-Cache-up-to-4_40-GHz

     記事執筆時点でのIntel最新CPUはBroadwell-K世代なのですが、出たばかりなので価格的に手が出なかったのと、純粋にCPUの処理能力だけで比較した結果、こちらにしました。
     なお選択肢としてAMD…。

    【マザーボード:新調
    Asus Z97I-PLUS
    https://www.asus.com/jp/Motherboards/Z97IPLUS/

     Mini-ITXでコンパクトに、かつ無線LAN、Bluetooth、映像出力が3系統(D-subあり)で購入しました。Haswell-E対応のAsrockのMini-ITXがメモリスロット4スロならCPUごとそっちに替えてた…、かも。

    【メモリ:新調
    Team TED316G1600C11DC 8GBx2

     可もなく不可もなく。どうせ次に組む時には規格違いで流用できないと思うしね。

    【グラフィックボード:流用
    Palit GeForce GTX TITAN
    http://www.palit.biz/palit/vgapro.php?id=2094

     何か不満でも?(威圧
     Titan X行くくらいならPascal待つかな。というかAMD(ry。

    【ストレージ:新調
    OSインストール用にSSD:ADATA XPG SX900 128GB
    http://jp.adata.com/jp/ssd/feature/169

    データ保存用にHDD:HGST Travelstar 5K1000 1TB
    https://www.hgst.com/ja/hard-drives/mobile-drives/9.5mm-mobile-hard-drives/travelstar-5k1000

     今回のPCのコンセプトが出来るだけ省スペースになので、HDDも2.5inchを選択。まぁHDDは外付けでもいいので、絶対必要ではないですけどね。

    【電源:流用
    玄人志向 KRPW-G2-850W/90+
    http://www.kuroutoshikou.com/product/power/atx/krpw-g2-850w_90_/

     FANは結構五月蝿いです。

    【PCケース:(新調)

    CoolerMaster Elite 130 Cube
    http://apac.coolermaster.com/jp/case/mini-itx/elite130cube/

     本当は手元にあるケースで組むつもりだったけど、安かったので。

    【5inchベイ:(新調)

    フリーダム 5インチベイ用マルチマウンタ PMU-012
    http://www.freedom-pc.com/product/mounter.html

     1個しかない5inchベイを有効活用するため。

    Owltech OWL-CR6U2B/BOX
    http://www.owltech.co.jp/products/cr6u2b/

     カメラの画像吸い出し用に。

    【光学ドライブ:(新調)
    Panasonic UJ-272(バルク)
    ※ バルクとは外装などのない簡易包装で販売されるもので、元々OEMなどで組み込み用PCのパーツとして業者に卸しているもの

     ポータブルも持ってるんだけど、このPCをLANパーティっぽい感じでいろいろ持ち運ぶ予定なので、余分な荷物を増やしたくなくて組み込み。

    【ディスプレイ:流用
    MITSUBISHI Diamondcrysta RDT233WLM-D
    http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/display/product/standard/rdt233wlm/spec.html

    I.O.DATA LCD-A176GW
    http://www.iodata.jp/product/lcd/square/lcd-a176g/

     両方とも中古で購入。23インチ(16:9)が1万円、17インチ(4:3)が3,000円でした。他にもう2個ディスプレイ(4:3、17inch)あり。CRTもあるでよ(いらん)。

    【入力デバイス:(新調)+流用
    キーボード:Elecom 9nove Bluetoothミニキーボード TK-FBP043
    http://www2.elecom.co.jp/peripheral/full-keyboard/tk-fbp043/

     せっかくのBluetoothなので対応デバイスを。一応、タブレットと共通で使用。
     というかこの製品、早すぎた逸品とでも言おうか、マルチペアリングかつキーボード側からペアリング相手を切り替えられるという神仕様なのにディスコンである。後継機に同等の機能があるものがないのが惜しまれる。

    マウス:SANWA MA-ERG3

     エルゴノミックデザインで買ったのだけど、横着者の私は左右で持ち替えてマウスを使うことがあるので、ちょっと使いにくい…。

    他に単体のテンキーあり。

    ※ ( )は、特に必要ではないが新調したもの


     OSは、昔Kinectを買った時に抱き合わせで売っていた窓辺ななみEditionのWin7 Professionalが余ってるのでそれを使う予定。
     後ほどCPUなどの冷却具合をみて、FANなど追加するやも。
     本当に必要なものだけでお会計が8万円ほどでございました。構成的にメーカーBTOで組んだら25万ほど行くんじゃなかろうか。
     なお、流用元(部品取り用)のPCもサブPCとして組み直す予定。電源、グラボ、その他ともに余ってるので。自作してるとそういうもんです。



     よく持ち運びに便利だからとノートPCを買ってそれで3Dモデルを扱おうという人がいますが、自分の経験からするとその使い方ではノートが2年持ちませんでした。やっぱりね、3D扱うと発熱が凄くてPCの劣化が早いのよ。充電池も劣化するしね。
     ということで、もし今後PCを買う予定があって、3D系でゴリゴリやりたいと漠然と考えてるなら、安っすいノートPC(レポートとかブラウジング用ね)と、せめてミドルタワーといわれるPCケースサイズのデスクトップの2つを買うのをお勧めします。探せば合わせて10万くらいであると思う。Win8.1withBingのタブレットなら2万くらいであるから、それにデスクトップ共用のキーボードつけるという手もあるしね。
     結局、「3D用に」でちょっとお金出して買い換えるつもりなら、デスクトップ買い足すほうが幸せになれるのよ。要求を無理やりノートPCに詰め込んでも、中途半端なものしか買えません。25万ほど出せば別だけど、耐久性無いし、持ち運びに不便な重さのものがほとんどです。外で誰かと3Dモデル触るくらいなら、エフェクト掛けなければロースペックでも触れるしね。
     「デスクトップの本体は置く場所が~」という話もよく聞くけど、最近はキーボードとマウスは無線が普通だし、ディスプレイも無線アダプタがある。本体はどこか隅っこに追いやって(当然ながら廃熱は考えないとだけど)、キーボード・マウス・ディスプレイだけをこたつなりダイニングなりに置いておくのも可能だし、ノートPCだって3Dゴリゴリやってるとバッテリー2時間持たないから結局ACアダプタ繋ぐしね。
     なので、もし買うならCPUはIntel Core i5以上でミドルタワーをお勧めします。そうすりゃ改造に次ぐ改造であと5年は戦える!



     余裕があれば実際に組む様子とかもアップできるといいなぁ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。