人力ボカロの技術共有、技術向上系企画についてのちょっとしたこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

人力ボカロの技術共有、技術向上系企画についてのちょっとしたこと

2016-06-10 10:06
    現在リアルが忙しく、私自身があまり人力ボカロの活動が出来ないので、『人力ボカロ合宿』のような企画を誰かやってくれたらいいなぁと、まだ見ぬ企画者様へ、他力本願に思いついたことを書いておきます。


    ★【人力ボカロ】とは何かについて把握をしておくこと
    人力ボカロの一般的な定義と企画のターゲット
     何を扱う企画なのか、一度きちんと企画者は把握しておきましょう。
     人力ボカロはやり方が色々あります。
     自分がやっている人力ボカロの方法が唯一ではないことを、企画者は頭の中に入れておいた方が視野が広く持てるかと思います。
     人力ボカロ全般を扱うのか、作成方法やジャンルなどである程度ターゲットを絞るのか。
     企画をスムーズに進めるためには、この辺は考えておいた方が良いかと思います。


    人力ボカロの持つ性質1
     時々、人力はグレーゾーンだとか、真っ黒だとかいう話題が出ます。
     その意味が分からない場合は、企画を立ち上げるのはちょっと危ないのではないかと思います。


    人力ボカロの持つ性質2
     人力ボカロのクオリティは人力師、人力マスターの技術、知識だけでなく、音声素材の質の影響を強く受けます。
     人力師本人の努力だけでは、どうにもならないことがあるのです。
     企画者はそのことを、必ず頭に入れておいて下さい。
     技術系の企画は、努力だけではどうにもならないことを、どうにかしたくて、企画に参加される方も多いのです。


    ★発表して頂いた技術・知識は、出来れば見える形で残して欲しい
     人力ボカロに新規に挑戦しようという方、もっと上手くなりたいと知識を求める方は、これから先もきっとたくさん出てきます。
     その方たちのために、web上に企画で得たものを残しておいて欲しいのです。
     人力ボカロ合宿では、Twitterでの企画だったので、『Togetter』を主に使わせていただきました。
     ぶっちゃけ、私が見たいんだ!!


    ★解説、説明は、画像や音声があった方が分かりやすい
     当たり前の話なんですけど、何かを説明する時に、文章のみより、画像、音声があった方がより分かりやすいです。技術の解説、説明の時は特に。


    ★企画者自身が楽しいことが一番大事
     人は誰かが楽しそうなことをやっているのを見ると、参加したくなるものです。
     企画者がまず楽しみましょう。そして、その楽しいという気持ちを、参加者の皆様に振りまきましょう。
     「企画に参加したら、色々勉強になって、楽しかった!」となれば、次の企画にもきっと参加して頂けます。
     最初は少人数な企画であっても、楽しく回を重ねれば、きっとお仲間が増えていくことでしょう。





    何か思いついたら、追記するかもしれません。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。