ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【第六猟兵】クラト・ディールア【キャラ設定(仮)】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第六猟兵】クラト・ディールア【キャラ設定(仮)】

2018-10-28 04:24
    【はじめに】
    生放送があり、同時に事前登録が開始されたトミーウォーカー最新作『第六猟兵』が開始される前に、既に出来たキャラクターの設定を書いております。
    もし、『興味があるけどキャラクターを作るのが難しいそう』とか、『作るのは決まったけど、イラストが欲しいのにどうしたら良いの?』等、悩んでいる方は参考にしていただけたら幸いです。

    それでは、第一号は『クラト・ディールア』です。

    名前:クラト・ディールア
    種族:ドラゴニアン
    ジョブ:妖剣士×竜騎士
    目:金
    髪:黒
    設定:和名【蔵人】
    西洋と東洋の竜の間に生まれた。故に、迫害されていた時に出会ったとある人物は、彼の生い立ちも気にせずに手を差し伸べた。
    名は日向・櫂、クラトに剣術や体術を教えた師にあたる人物。
    師の名に恥じぬ妖剣士として、同じ境遇の者達に勇気を与えるために戦う決意をした。

    実はトミーウォーカーでは初めて作った男キャラです。
    トミーウォーカー3作目『エンドブレイカー』からの引き継ぎキャラクターとなります。
    最初は女性キャラクターばかり作っていたのですが、既婚者のキャラクターに子供が居る設定を作った為に『動かすなら男の子が良いなー。作った事がないし!』と安易な考えから性別は決定。
    兎に角、大変だったのは名前と容姿!
    両親は『髪が黒』で母親似という設定として目は同じ色にしましたが、手持ちのキャラクターに赤目が多いのとハ虫類的な目にしてみたかったので今は『金』にしております。
    実は彼、元ネタは『シャドウハーツⅡ』のキャラクター『犬神蔵人(いぬがみくらんど)』なのです。
    生放送でうえさまも言ってましたが、似すぎてはいけないので設定は世界観によって変えております。
    見た目も、実は迷ってた時期があってかなり見た目の変化が激しかったです。
    『まぁ、彼も成長しているから違ってもおかしくはないね!』と、『エンドブレイカー』初期は6歳であったクラトくんが12歳になったので新しいイラストと初期のイラストを見比べて思いを馳せる。

    初バストアップ

    (何か迷ってて、色んな要素を詰め込んでしまった)

    最後のバストアップ

    (唯一、フィンガーペーパーナイフを反映していただきました!)
    ============================================================

     この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『エンドブレイカー!』用のイラストとして、楼炎が作成を依頼したものです。  イラストの使用権は楼炎に、著作権は菘(1枚目の方)と透月ようこ(2枚目の方)に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
    ============================================================


    終わりであり、実はスタートでもありました。
    5作目『ケロベロスブレイド(TW5と以外略)』も始まり、そこでは『第六猟兵』と同じ種族ドラゴニアンとして作りました。
    ドラゴニアンの特徴が大変悩みました。
    先ず、竜派か?(リザードマンみたいなの) 人派か?(角とか羽やら尻尾が生えてるだけ)
    迷い無く、剣士系のジョブを選んで設定も決まっていたので『人派』となりました。
    ただ、角の形状やらが全然思い付きませんでした。
    最初のイラストは角がチョンと生えて、何となく翼を付けただけでした。

    (ん? まてよ? 刀剣士で刀を持ってるなら……和風の方が良くないか?)

    唐突に降りてくるネタの神様。
    そして、水着イラストを頼む時期になり以前バストアップをお願いした候補生さんに、半分お任せでリクをしました。

    ※水着イラスト:夏になるとリアルタイムで進むイベントがあり、その中の目玉イベントとして『水着コンテスト』があるのだ!
    コンテストに1~3位に入賞したら、特別なカードとアクリルスタンドがトミーウォーカーから送られます。
    ※候補生:発注しか出来ずに、通常のイラストよりお値段が安めに設定されている、実績が少ない絵師さんの修業期間的なの。

    納品されてきたのが、最高の出来!
    語弊力が無くて、正に出川みたいな言葉しか出てこない!



    気は狂って無いが、私はコンビニに走ってWMを買ってきて設定資料をお願いしていました。



    これは『ケルベロスブレイド』のイラストです。使用権は楼炎、著作権は透月ようこ、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。

    ※設定資料:名前通りに、全身のイラストの他に表情とか服の設定とかを描いて貰える商品。
    大変手間が掛かるので、お値段は一万以上はするけど大好きな絵師さんに描いて貰えるなら本望!な人や、リクエストする時等に資料として使える最高の商品!
    ステータスシートにも全身イラストが載る。

    これで、私の中のクラト・ディールアは完成しました。
    アトリエカードとかもありますが、自分の子供達(キャラクター)に『合う』『合わない』があるかと思います。
    見た目や服を版権からイメージして頂いたり、もしくはイラストレーター(絵師)にお任せするのも1つの『手』です。
    個人的に、最低限として
    『洋服の傾向』
    『イメージカラー(1~2色)』
    『イメージフラワー』
    『イメージモチーフ』
    『性格』
    あれば伝わります。

    クラトくんは
    洋服の傾向:和風
    イメージカラー:黒、金
    イメージフラワー:桜
    イメージモチーフ:黒竜

    性格:優しくて、芯のある青年
    と、発注やリクエストする時に必ず書いています。

    簡単作成というシステムもありますので、そこから手軽にキャラクターを作れるので自分なりの設定を広げるのも夢だと思います。

    話が反れましたが、第六猟兵でのクラトくんは肩身の狭い思いをし、師匠により強く成長した真っ直ぐな青年になります。

    (以下、簡単で下手くそなショートストーリー)

     甘い、金木犀の香りがする。
    (あぁ……いつの間にか、寝てた)
     先程まで太陽は真上にあったハズなのに、気が付けば少し西に傾いているのに気が付いた。
    「おい。まーた、休んでたのに昼寝しちまったな?」
     クラトの前に見慣れた顔の男が笑みを浮かべたまま、大きな手で頭をがしがしと撫でた。
    「師匠やめて、俺はこれでももう二十歳過ぎてるんだけど?」
     師匠の手を払い退けると、クラトは小さく首を傾げた。
    「いや、お前が小さい時から居るから……つい、な?」
    「クセなのは分かってるけど……」
     師匠がばつ悪そうな表情で言うと、クラトも強くは言い返せなかった。
     年齢的に兄弟か兄弟子という位に大きく離れてない。
     干支的に数えれば一回り程度。
     若くして戦場で戦う武士である師匠は、誰かの元に就くような器ではなく風の様にふらつく根なし草であった。
     東洋と西洋の竜の間に生まれたクラトは、何処に移り住んでも他のドラゴニアンとは違う部分があって、よく苛められていた。
     村や街から離れて住んでいた時に、世界を歩き回っていた師匠と出会った。
     羅刹である師匠は、少し変わったドラゴニアンを見て逆に『良いじゃねぇか! 西洋も東洋もあって、お前は良いとこ取りだ!』と、笑顔で言った。
     強くなれ、お前が強くなれば同じ境遇の仲間に勇気が与えられる! と、言われてからクラトは、師匠の弟子になると言って家を飛び出した。
    (元気……かな)
     それから弟子になってから結構な月日が経った。
     根なし草の割には、師匠には異国の嫁が居て、子供が出来ない理由があり孤児を引き取っていた。
     賑やかな声から離れた庭で、クラトは金の瞳に空を写し出す。
    「まぁ、クラトの母君と父上は頑張っておるのだろう。顔に書いてある」
     黒いドラゴンである母と、赤い竜である父は海の先にある異国へと行った事は手紙で知った。
     それは、同族を理解してもらう為の旅に。
    「……よし、師匠。手合わせお願いします!」
     木刀を手にするとクラトは立ち上がった。
    「そんじゃ、我弟子の成長っぷりを受けるとしますかねぇ!」
     用意が良いと言うか、最初からそのつもりだったのだろう。
     師匠は腰に携えていた木刀を引き抜き、クラトの鼻先に剣先を紙一重の所で止めた。

    終わり
    (ココまで)

    ココまで読んで頂きありがとうございました。

    次の設定を書くのは未定。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。