決戦機動増殖都市
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

決戦機動増殖都市

2018-07-21 06:31
  • 10
おっすおっす。

昨晩、MMD杯ZEROに参加予定の決戦機動増殖機獣の予告編を投稿しました。

ひじょ~に有難いことに、マイリス多い順で5:30現在一番上に表示されちゃってます。プレッシャー感じるんでしたよね?
(多分今から寝て目が覚めたら上から30番目くらいになってるんだろうなぁ)

で、話は変わります。

メカゴジラの大百科掲示板にて、「この人本編見てどんな気持ちだったんだろう」って尋ねられていたので、今更ながらGODZILLA-決戦機動増殖都市-に関して少しブロマガを用意してみました。



「用意してみました」って言ったはいいものの、どう言えばいいのかわからないぞ……

ここから先は個人の感想です。否定的な意見も多いですけど、あまり気にしないでね。

単刀直入に感想を言いますと、決戦機動増殖都市は「大好きな映画」であって「腹立たしい映画」だと思ってます。
というものの、もうみんな知ってるだろうからネタバレもクソもないと思うので言っちゃいますけど、「メカゴジラが登場する」という宣伝をしておいて、「メカゴジラが登場しない」映画です。コナンとかでもよくある「事前情報詐欺」ですね。
いや、実際にはメカゴジラは登場はしますけど、9割以上の視聴者が望んだ形ではなかったかと。
「勝手に登場するって勘違いしてただけ」っていう身も蓋もないコメントもたまに見かけますが、あの宣伝やポスターから見てまさかメカゴジラが「立ち上がりもしない」なんて思うわけがないです。完全にTDN詭弁です。
僕の仲のいいフォロワーさんの素晴らしい例えを引用しますと、
「最高の料理人が、最高のトッピング、最高のスープで作った麺のないラーメン」です。(ラーやん)
どんなに監督勢が有名で大御所であって、題材も声優もその他もろもろ優れていても、「美味しいラーメン始めました!」って宣伝したくせに、食いに行った人に「麺」を食わせない、そんな映画です。

ざっくり解説したところで、「じゃあやっぱり君もこの映画嫌いなの?」と言われたら、前述でも言いましたけど答えはNOです。普通に「好きな映画」の1つです。時間とお金があればまた映画館に足運んで見に行きたいなってくらいにはお話は好きです。最高のスープと最高の具を食いにね。(皮肉)
とはいうものの、華音氏はメカゴジラに対してそこまで固執していなかったっていうのが大きいですかね。今作も「3部作の中編」を見に行っただけで、「メカゴジラを見に行ったわけではなかった」わけですから。(あとなんか出ない的な情報は見る前から耳(目)に入れちゃってたから やっぱりな(レ)って気分でした)
じゃあお前はどこらへんが「腹立たしい映画」だったの?て言われたら、事前情報詐欺と、その他グッズ売り場、パンフレットの中身などのメディア展開部分ですかね。
映画館によっては、おそらく売り場にて普通にメカゴジラのフィギュア的なものが置いてあったと思います。(フィギュアじゃなくても例えばメダル的なやつとか)
そして、多くの人が映画を見終わったあとに見るであろう(先に買う後で買うはバラバラだろうけど)パンフレットの中身に書かれた、これでもかと言わんばかりのメカゴジラのコンセプトやこだわり部分のアピール。

誰がこれ見て「うおおおおー!」ってなるんだよ(ブチギレ)
って感じです。(なった人いたらすいません)
どんなツラでパンフレットに載せたんですかねあれ。
「メカゴジラシティの通路はメカゴジラの腕がモチーフなんですよ!」とか「感情を感じさせないようにゴジラ以上に無機質な表情になってます!」とか……「どうどう?気づいた?w気づいてくれた?w」って感じで書かれてますけど、いや知らんがなって。

正直僕は殆どの人が「かっけー!」とかじゃなくて「こんなに設定こってるのに掠りもさせないなんて」とか「これを映像化してくれよ…(´;ω;`)」って嘆く特撮ファンの方が多いと思います。(偏見ですけど)
実際僕は思いました。収束中性子砲とかハイパーランスとかブレードランチャーとか、テイルブローとか……

MMDで決戦機動増殖機獣を作るにあたって、ナノメタル産メカゴジラの設定を学んでおこうとパンフレットを読みまくってましたけど、イライラしてるからか、「どうせ映像化しねーんだから適当に「ぼくたちのかんがえたさいきょーのめかごじら」にしてやろーww」って気持ちで書いたんじゃないかって捉え方しかできないんです。(まぁここは僕の考えすぎですけど)
テイルブローなんて「上半身の捻り運動による尾部の加速、更に尾部のブレードの形状変化、ブーストによる追加加速、超高速往復運動により相手を衝撃派粉砕する」的なこと書いてるんですけど頭ちんぷんかんぷんなんですよね。 



まぁ  



再現予定ですけど。(半ギレ)




中には決戦機動増殖都市を純粋に好きで、メカゴジラシティという扱いも気にいってるファンの方ももちろん大勢居ます。僕自身も、「山のように巨大なゴジラ・アースに対抗できるのは都市のように巨大なメカゴジラしかない」という虚淵さんのコンセプトも、否定はしません。悪いアイデアではないと思いますし。

ストーリーも別に嫌いじゃないですしね。ハルオも好きです。
特に今作は結構いろんな方が褒めてますけど種族による命の価値観の違いや、キャラクター1人1人が立っていて会話シーンも飽きなかった点、最後のギドラ演出、ゴジラ・アースの初熱線シーンなど、見所さんが多いのも確か。
僕の作品もあくまで「メカゴジラシティ」の存在はなかったことにせず、メカゴジラシティでの作戦をプランBとして、2万年前の戦術が通用するか?のプランAを描こうとしています。

なので僕は映画そのものに怒っているわけではなく、それ以外のメディアの展開…ていうのかな?監督、脚本勢の浅はかさに嘆いてるって感じですかね。
こないだTwitterにてバンダイさんのメカゴジラフィギュア発売!っていう内容のツイートで、「劇中で見ることのできなかったあの部分も完全再現!」て宣伝されてましたけどリプで怒涛の「頭しか見えなかったじゃないか」て言われてて笑いました。
決戦機動増殖都市を褒めようと思えばいくらでも褒められます。ただしそこらへんの問題点とかで全ての良さが隠れて全力で批判されても文句言えないんですよ。好きな映画でありつつも、アンチ(に、なってしまった人たち)の意見も痛いほどわかります。

監督2名(瀬下さん、静野さん)と脚本(虚淵さん)で作られてて、そのうち瀬下さんと虚淵さんはゴジラ好きみたいですけど、ゴジラ好きならゴジラファンがこんなことされていい思いするわけがないことくらい察して欲しかったですね。(ここらへんは正直ゴジラを知らない静野さんがどーこー関係ないと思う)
有名人気怪獣が出ますよ!って言っておいて、「怪獣」として出さなかったのは最大級の失態だと思いますし、最初から事前情報詐欺なしでメカゴジラの残骸が成長しきった「ナノメタルシティ」という設定にしたり、僕が作ろうとしてる動画のように「実際にメカゴジラを少しでもいいから出す」ことさえしてくれたら、多くの人に愛されて、僕も5本指の1つに入るくらい好き!と誇れる映画だったんじゃないかなと思いますね。
あくまでメカゴジラにそこまで固執していなかったからこそそこそこポジティブな意見も出せますけど、僕が好きな怪獣で同じことされてたら僕もアンチになってた可能性も0じゃないのが怖いところ。(例えば「ヘドラが出ます!」(←お前はラドンとアンギラス葬ったやろ)って宣伝で自他共に認めるヘドリストヘドラーヘドニーしてるヘドラ教祖僕がハイテンションで映画見に行って、ゴジラと戦ったのがTDNスモッグ的な何かだったらふざけんなコラ俺が手本見せたるわボケ(結局手本は見せようとする)ってなってたかもしれませんね




もったいないなぁ、ただただもったいない。うまくいけば超高評価を得られたかもしれない映画が、このザマですから。


長々と感想を述べました。最初にも言ったように僕は普通に決戦機動増殖都市が好きです。面白い映画だと思ってます。(異論は認める)
メカゴジラのデザインも個人的に歴代で一番好きですね~全部好きです(NYN)
その割には否定的な発言が多く、不快になった方がいたら申し訳ないです。
ただここいらで正直な感想を述べて、僕の感想を知った上で僕の作品を見ていただけたら光栄かなとも思ってます。
「好きなのにキレ気味なの?どっちだよ(現場監督)」って思うかもしれませんが実際問題、僕も自分の気持ちに整理がついてないんですわ。MMDでメカゴジラとの戦いを描こうと思い当たったのも、その気持ちに整理をつけるためだったりします。ただそれ以上に「誰もが見に行って、誰もが見ることのできなかった戦い」を「補いたかった」ってのがあります、万人に受ける動画を作れるとは思ってませんけど、是非完成品を見て、少しでもメカゴジラ成分を補充したうえで、「メカゴジラは華音が動かしてくれたからま、我慢したるわ」って気分で再び決戦機動増殖都市を見てみてやってください。

決戦機動増殖都市はNetflixで配信してますよ!(露骨な宣伝)


メカゴジラが動かなかった悲しみは痛いほどわかりますけど、それで他の「良い部分」を拾おうとしないのは実に勿体無いのでね。それでも知るか!俺はあんな映画認めんぞ!って人は…まぁ強要はしませんぞ。ユウコちゃんのおっぱい見に行くだけでもいいからホラホラ見とけよ見とけよ







予告編ラストにも登場させたビルサルド文字です。
究極的に暇で暇で死にそうな人がいたら解読して遊んでみてくださいな。


広告
×
公開日の売店でキーホルダー見かけて「お、こんな感じのやつが戦うのか」と思ってのでアレな気持ちになったマン…
23ヶ月前
×
やってやろうじゃねえかコノヤロウ!!!!的な勢いを感じるから、是非ともその手で最高の麺を作っちゃってくれ。
23ヶ月前
×
>>1
見る前に入っても見たあとに入っても地獄のグッズコーナーでしたねぇ
23ヶ月前
×
>>2
麺は麺でも「ご麺なさい」にならないように気をつけなきゃな!
23ヶ月前
×
勉強忙しかったりして結局見に行けなかったけど、
そうかメカゴジラは置物都市だったのか…
うーんデザイン的に豪快に動いていればそれはかっこよさそうだったのになぁ
期待してますぞ、ゴジラ対ガメラやシンゴジ再現への期待を変換して上乗せして待つ!
23ヶ月前
×
華音さんのこのコメントが僕の気持ちとほぼ同じです。
メカゴジラが起動するとか書いてあったりメカゴジラのグッズ普通に販売したり、メカゴジラ開発提案書とか出したらどう見ても出ると言う考えに至ってしまいます。映画自体の話は(フツアとユウコのおっぱい)面白かったのにメカ怪獣としてのメカゴジラが出なかった。それだけが不満ですが最大の不満でした。僕がゴジラを好きになったのはメカゴジラが存在したからと言っても過言ではない位です。前から華音さんが作るMMDゴジラは本当に面白くて、 決戦機動増殖機獣を見た瞬間速攻でマイリストしました。華音さんが創るメカゴジラの活躍を待っております(例えそれが二万年後でも!) 長文失礼しました。
23ヶ月前
×
宣伝さえ、宣伝さえなんとかしときゃ普通にいい映画だったと思うんですよね。
(自分、予告のバルチャーが出て以来、
あんまりメカゴジラに過度な期待はしてませんでしたが)
それはそうと、華音氏のメカゴジラ、楽しみにしてます!!
23ヶ月前
×
メカゴジラシティという要塞都市の設定自体はあくまでサラダか味噌汁みたいなポジで収めるべきでしたよね。
何よりもメインディッシュにはやはり巨大戦闘ロボットとしてのメカゴジラで描くべきだったのに...
その点レディープレイヤー1でのメカゴジラの方が真面目にメカゴジラとしてのキャラを守ってくれてた
から、スピルバーグ監督には凄く感謝してる上に感動しちゃいました。あれが本当のメカゴジラだよ、うん。

物語自体も色々と破綻をきたしたのか人類側が勝手にお互いの価値観の違いのせいで分裂しちゃったわけだし。
『マジンガーZ INFINITY』でのDr.ヘルが語ってた通り、ハルオ達の場合はゴジラより自分達の最大の弱点である
多様性という物に対してもっと警戒して把握するように心掛けた方が良かったと思いますね。

それはそうと、華音さんがこれから作ろうとしてる決戦機動増殖機獣には凄く期待しています!
ゴジラVSガメラの話を作ってくれるだけでも有り難いのに、シンゴジのMMD動画を作り始めたりで
色々と多忙そうなだけに、体調管理には充分注意しながら華音さん自身の思いの結晶を完成させて下さい!
23ヶ月前
×
そういやテイルブローって、
アースさんのプラズマカッター的なのでは?
23ヶ月前
×
3話でまさかの再登場!とかなったら、失血死するまで手のひら返しするんですがね。あのラストじゃないでしょうね・・・。
23ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。