[Minecraft Werewolf] β1.4リリースしました [探偵]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[Minecraft Werewolf] β1.4リリースしました [探偵]

2019-08-26 01:12

    概要

    先日、自作データパックのマイクラ人狼「Minecraft Werewolf」に関して、
    Minecraft Werewolfのβ1.3を出したって話した直後ですが、
    この度、β1.4をリリースしたので、ご報告します。

    β1.4は、新規機能であるキルログの追加と、それに伴う新特殊役職追加をメインとしたアップデートとなります。

    β1.4での主な変更事項

    1. 死亡記録(キルログ)の追加
    2. 新特殊役職「探偵」の追加

    詳細

    1. 死亡記録(キルログ)の追加

    以前から要望があり追加しました。
    めっちゃ苦労した話は下に書いてあります…。

    死亡記録の注意点
    • ゲーム終了後、ゲームログの一番最後に表示
    • 「残り時間(sec.): 殺害した人物 --> 殺害された人物」の形式で表示
    • 自殺/事故死の場合は、殺害した人物は殺害した人物と同じになる
    • ただしマイクラの仕様上、一旦攻撃されて10秒以内(?)に自殺/事故死すると、攻撃してきたプレイヤーが殺害した人物となる場合もある


    例です。

    2. 新特殊役職「探偵」の追加

    初の本データパック独自役職です!
    以前から要望があり、また今回の死亡記録実装に伴い追加しました。
    以前話した通り特殊役職は、参加人数が8人以上の時に追加される役職です。

    探偵の特徴
    • 預言/霊媒の表示 :
    • 死亡して60秒以内の人物を指名すると、殺害した人物を特定することができる。
    • 死亡して61秒以上、または生存している人物を指名すると、「行方不明」と返ってくる。
    • 指名した人物が、自殺/事故で死亡していた場合、指名した人物の名前が返ってくる。

    その他

    むしろ、こっちが本編です(前回に続き2回目)。
    実装上の工夫とか(ないけど)、苦労とか(しかないけど)
    自分の書きたいこと書きますー

    冗長なコードの削除

    いままで、預言や霊媒の結果を表示するコードが、多数ありました。

    なぜなら、今までのコードでは↓

    ゲームの参加者全員に、参加者それぞれの番号が与えられるのですが、
    預言や霊媒がプレイヤーを選択すると、
    プログラムは選択されたプレイヤーの番号から、
    その番号にあったコードを用いて、結果を表示してました。

    なので、参加者人数分(正確には14人分)のコードが存在したんです。

    今回からのコードでは↓

    選択された番号と同じ番号を持つプレイヤーを、
    結果に表示するようにしました。

    どういうことかって言うと、
    「一つのコードを参加人数分実行する」というコマンドの
    execute as @a run function mwj:XXXXXという形で書き、

    XXXXX.mcfunctionに、
    選択された番号と同じ番号を持つプレイヤーを結果に表示するコードを書きました。

    こうすることで、冗長なコードを減らすことができました。
    今後は、この方向性で14人以上の多人数でもできるようなデータパックを目指していきます。

    苦労

    キルログめっちゃつらかった…。

    今後の展望(野望)

    • 妖狐 → やるたびにめっちゃ実装希望が来る
    • 終了1分前にめっちゃ光る → いもり対策
    • みんなに使って欲しい → 野望
    • 英語版 → いつかな

    以上!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。