【VOCALOID】最近の話題 Vol.10
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【VOCALOID】最近の話題 Vol.10

2013-07-27 08:00
    今回はボカロの話題をお送りします。

    ☆VOCALOIDのMacへの対応はじまる☆

    先日のヤマハ主催「VOCALOID新製品発表会」にてヤマハ製VOCALOIDのMacへの対応が
    発表され、その第一弾として"VY1V3NEO"が8月5日に発売されます。
    それに続いて"Mew"、"ZOLA"、"蒼姫ラピス"、"VY2"が
    「VOCALOID3 Library NEOシリーズ」として今年中にリリースされるみたいです。
    http://jp.yamaha.com/news_release/2013/13072401.html

    一方、インターネット社からも"Megpoid"、"がくっぽいど"、"Lily"、"CUL"のMacへの対応が
    発表されました。
    http://www.ssw.co.jp/press/archive/20130725/index.html

    MacユーザーからMac版ボカロを待ち望む声は昔からありましたが、これでやっと
    かなえられましたね。
    これからはWin/Macハイブリッド版での発売が通常となりそうです。

    で、私のMacに対する思い出は・・・ありませんw
    初代iMacを見て良さそうだな~と思ったくらいで、手を出すことはありませんでした。
    MS社のはMS-DOSの頃からずっと使ってますけど。

    ところで、気になるクリプトン社は・・・?

    ☆初音ミク V3☆

    動向が注目されていた"初音ミクV3"、"初音ミクV3English"ですが両方とも8月上旬に詳細が
    発表されます。
    "初音ミクV3"ですが、まず、ライブラリーが複数ということでAppendっぽくなるかも。
    もちろんV3化でさらなるナチュラルな発音に期待したいところ。
    そして、V2と決定的に違うのは、V3にはエディターだけでなく、音楽制作ソフトと200種類の
    楽器音源が収録されていることです。
    制作ソフトの性能がどれくらいかはわかりませんが、これで別途ソフトを購入しなくても
    この1本だけで本格的な作曲活動ができるとクリプトンはしています。
    販売方法も既存ユーザーへの優待販売やAppendユーザーへの特別アップデートプランも
    用意されるみたいなので、どちらも持っている私は出費が減りそうなのでありがたいです。

    一方、"初音ミクV3English"も日本語版とほぼ同仕様ですが、こちらは新規の音声DBなので
    販売は通常価格になりそうです。
    最初に公開されたデモは発音がまだまだな感じでしたが、今回公開されたデモ曲がこちら。

    うーん、正直微妙。
    いい部分もあるのですけど、明瞭さに欠けるというか・・・。
    ルカの方がいいようにも思います。
    まぁこれは作り方にもよるので、発売されてから公開される作品に期待しましょう。
    パッケージデザイン・イラストレーターが日本語版と英語版で異なるということで
    英語版イラストが北米仕様!?と思ったらイラストレーターは日本の方ということで
    ひと安心w
    でもカローラミクみたいなのだったらどうしようw

    ☆MEIKO V3☆

    根強いファンが多いMEIKOもKAITOに続いてV3化されます。
    これを待ち望んでいた方も多いことと思います。
    内容はミクV3とほぼ同仕様で各ソフトが同梱されています。
    リリースは今秋以降となってますが、今年中に出ることに期待。
    私もめーちゃん曲は好きなのでこれで良曲がもっと増えるといいですね。


    ちなみにクリプトンのキャラクターは全てMac化するとのこと。
    次に来るのはリン・レンV3だろうなぁ。
    ルカV3が来年中に出るといいんだけど(´・ω・`)

    http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/index.jsp

    参考:初音ミクみく

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。