ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ロスタイムメモリー(第93回天皇杯 準々決勝 VSベガルタ仙台)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ロスタイムメモリー(第93回天皇杯 準々決勝 VSベガルタ仙台)

2013-12-22 23:53
    こんなことがあるのも、サッカーならではといいますか…。
    いや、トーナメントならではといいますか…。

    2度もですよ! 2度も!
    アディショナルタイムに劇的ゴール!
    それが2度も!


    前半あっさり先制されて、そのあとは仙台がうまくブロック作って守って、
    東京のパスワークは仙台のプレスとカウンターのえじきの連続。
    塩田が当たっていなければ、前半だけで勝負がついていた可能性も。


    それにしても本当に、点が入る気がしませんでしたね…。


    でも、そんな流れを激変させる方法があるわけですよ。
    セットプレー!


    去年までの東京ならセットプレーは全くと言っていいほど
    期待のできないものでしたが…


    今はこの男がいます! 太田宏介!!
    後半のアディショナルタイム、起死回生の鮮やかなフリーキック!

    ここで終わりたくなかったから、
    決まった時は…ぶっこわれました、自分。


    そして延長後半…またもアディショナルタイム!
    今度は林容平、東京での初ゴールがなんと劇的決勝点!!

    はい、自分…軽く、イキかけました。


    人生に一度、あるかどうかの劇的な試合展開で、
    東京、見事ベスト4進出!
    さぁあと2つだ…。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。