ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

それぞれの「大きな一歩」(2014 Jリーグヤマザキナビスコカップ VS 鹿島アントラーズ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

それぞれの「大きな一歩」(2014 Jリーグヤマザキナビスコカップ VS 鹿島アントラーズ)

2014-03-20 23:57
    規制緩和バンザイ!!

    ってなわけで、水曜日に行われたヤマザキナビスコカップ予選リーグ、
    鹿島アントラーズ戦は、
    メンバーをがらっと入れ替えたFC東京が見事に勝利しました!

    これまでのベストメンバー規定は、
    直近のリーグ戦5試合に出場した選手を6人以上
    だったのが、今年からJ1に限り
    A契約の選手を6人以上
    に緩和されました。

    そんなわけで東京の他にもメンバーを大きく入れ替えて
    臨んだところがちらほらとあります。
    鹿島のように「チームの熟成」のためにと
    メンバーをあまり入れ替えなかったところもあります。


    昨日に限っていえば、東京がメンバーを入れ替えたことが
    プラスに働きました。

    正直なところ、控え組は練習試合でもあまり結果が出ていなかったので、
    不安はあったんですけど、
    蓋を開けてみればまぁなんと快勝ですよ。

    そんな中で、大きな一歩を踏み出したのが…

    まずは河野広貴。
    ヴェルディから移籍してきて、怪我があったり、
    監督の戦術との相性が悪かったりで、
    ここまで出番は殆どなし。
    しかしこの日、ようやく存在感を発揮しました!
    FC東京の選手として初めてのお立ち台。
    初めてのシャー。
    もうすっかり、青赤に染まってくれたなぁと思います。

    それから、吉本一謙。
    FC東京の選手として公式戦のピッチに立ったのは、
    なんと5年8ヶ月ぶりだとか。
    ここまで、長かった…。
    怪我を繰り返しながらも、
    J2のクラブに期限付き移籍して、じっくりと力をつけた日々が、
    この日にようやく報われた…。
    そして、平松から受け継がれたエア乾杯もできてよかった!

    でも、なんといっても一番大きな一歩を踏み出せたのは、
    マッシモ・フィッカデンティ監督ではないでしょうか!
    マッシモ東京、公式戦初勝利!!
    メンバーを入れ替えて勝ったことで競争が激化されるし、
    チームにも勢いが出そうじゃありませんか!

    さぁ、この勢いをそのままに、次は、多摩川クラシコ!!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。