ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

定位置、なんとしても阻止!(2014 Jリーグ Division 1 第31節 VS 名古屋グランパス)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

定位置、なんとしても阻止!(2014 Jリーグ Division 1 第31節 VS 名古屋グランパス)

2014-11-03 20:57
    珍しくがっつり3連休休めたので、
    名古屋に行ってまいりました。

    一時は14戦連続負けなしで上位争いに顔を出しかけた東京、
    しかし、残留争い中、優勝争い中のチームに敗れ、
    一時期の勢いに陰りの見られる中迎えた名古屋戦。

    でも大丈夫だ!
    自分が名古屋に行くと、アウェーの名古屋戦は6勝1分け!
    しかも6連勝中!
    ここまで勝ってくれてる選手たちのおかげです。感謝です。


    試合は、前半押し気味の時間にオウンゴールで先制されるも、
    すぐさま宏介の絶妙クロスからエドゥーのゴールで同点!
    しかしセットプレーから闘莉王に決められ、ビハインドで前半終了。

    で、後半は…うーん、どうにもこうにも、閉塞感しかなくて、
    それでもなんとか壁を破れないかとゴール裏で声を出し続け。
    3回も「シュート打て」コールがあった試合って、
    このサポーター歴12年の中で初めてだったんじゃないかな…。


    そんな思いが届いたのが後半の31分。
    闘莉王からボールを奪った武藤が自ら切り込んで切り込んで…
    角度のないところから…決めたー!!

    いやあすごかった! それまで得点の気配があまり感じられない中、
    個人技でぶち破った同点弾。


    困ったときにチームを救う活躍を見せてくれる、それがエースなんですなぁ。


    どうにか引き分けに持ち込んで、
    名古屋遠征は9戦負けなしとなりましたが、
    正直、内容は厳しいものがありましたね…。
    残留はほぼ決定的、これといって目標のない名古屋に、
    気迫で劣っていたような…。


    順位は前節と変わらず、7位。
    勝ち続ければACLの可能性もうっすらとありますけど、
    このままじゃ今年も中位なんですよねぇ。

    監督変わって初年度。14戦連続負けなしだし、
    武藤や吉本がブレイクしたというプラスのファクターをもたらせてくれた
    マッシモ東京ですけど、
    やっぱり初年度から結果には強くこだわっていかないと、
    この先も変わらないと思うんですよね。

    なので、ここから3戦必勝! 定位置阻止!
    自分も選手の勇気を後押しして行きたいと思います!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。